後古典期とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 考古学 > 古典期 > 後古典期の意味・解説 

後古典期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/22 16:53 UTC 版)

後古典期(こうこてんき;Post Classic period(Stage,era)) は、メソアメリカの考古学の時代区分。 マヤ文明で日付けの刻まれた最後の石碑であるトニナーの記念碑101号に刻まれた長期暦の10.4.0.0.0.(紀元909年)を開始の基準として900年に置く。この時期までに古典期マヤの中部地域の都市はほとんど放棄されていた。後古典期の終わりは、諸説ある。主なものとしては、アステカ帝国滅亡(1521年)までと考える場合、マヤでは、ペドロ・デ・アルバラードによってグアテマラ高地のキチェー王国が滅ぼされ、スペインのグアテマラ征服が完了したのが1524年なので、この年におく場合である。しかし、一方では、フランシスコ・デ・モンテーホのユカタン征服事業も同時進行で行われていたので、モンテホのユカタン征服が一応完了しメリダが建設された1542年におく場合もしばしば終了の年代に挙げられる。インカ征服が1532年であったことに合わせて、おおむね1520~1530年代においている。




「後古典期」の続きの解説一覧





後古典期と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「後古典期」の関連用語

後古典期のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マタボウ

コリドラス・レオパルドゥス

すぐばかさ歯車

81式自走架柱橋

グリル

W62SH

7本ベルトループ

ボルボS60





後古典期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後古典期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS