大導寺信輔の半生とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 大導寺信輔の半生の意味・解説 

大導寺信輔の半生

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 5
出版社筑摩書房
刊行年月1987.2
シリーズ名ちくま文庫

収載図書昭和文学全集 1
出版社小学館
刊行年月1987.5

収載図書日本短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3

収載図書大導寺信輔の半生・手巾湖南の扇十二
出版社岩波書店
刊行年月1990.10
シリーズ名岩波文庫

収載図書短編愉楽 1 近代小説のなかの都市
出版社有精堂出版
刊行年月1990.12

収載図書芥川龍之介全集12巻 大導寺信輔の半生 海のほとり
出版社岩波書店
刊行年月1996.10

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大導寺信輔の半生
出版社岩波書店
刊行年月2001.9
シリーズ名岩波文芸書初版本復刻シリーズ

収載図書或阿呆の一生
出版社岩波書店
刊行年月2001.12
シリーズ名岩波文芸書初版本復刻シリーズ

収載図書中央公論文芸欄大正
出版社中央公論新社
刊行年月2006.10
シリーズ名中公文庫

収載図書芥川龍之介全集12巻 大導寺信輔の半生・海のほとり
出版社岩波書店
刊行年月2007.12

収載図書河童 戯作三昧
出版社角川書店
刊行年月2008.7
シリーズ名角川文庫


大導寺信輔の半生

読み方:ダイドウジシンスケノハンセイ(daidoujishinsukenohansei)

作者 芥川竜之介

初出 大正14年

ジャンル 小説


大導寺信輔の半生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/06 13:30 UTC 版)

大導寺信輔の半生』(だいどうじしんすけのはんせい)は、芥川龍之介短編小説1925年大正14年)1月に『中央公論』にて発表されたが、未完となった。芥川の晩年の作品で、年齢を重ねたことによって作品に厚みを与えたと菊池寛に評価された。






「大導寺信輔の半生」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大導寺信輔の半生に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大導寺信輔の半生」の関連用語

大導寺信輔の半生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

成形体

プロサウロロフス・ブラックフィテンシス

ゴールデン・イングリース

ヒュンダイ クーペ

八戸港・蕪島のウミネコ

森永貞一郎

タイコ

フラッシャー





大導寺信輔の半生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大導寺信輔の半生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS