ロバート・エトカルフェとは?

Weblio 辞書 > 人名 > コンピュータ偉人伝 > ロバート・エトカルフェの意味・解説 

ロバート・エトカルフェ

別名:ロバート・メトカルフェ
【英】Robert M. Metcalfe

ロバート・エトカルフェとは、米国コンピューター技術者である。1946年ニューヨーク州ブルックリン生まれイーサネット開発者として、また米国3Com社の設立者として知られている。

1964年、ロバート・エトカルフェはマサチューセッツ工科大学MIT)に入学した。専攻電気工学1969年同校卒業した後、ハーバード大学大学院進学した。ちなみに、この時期MITMACプロジェクト参加し、後のインターネットの礎となるARPAnetパケット交換研究参加している。

1970年ハーバード大学から応用数学修士号取得1973年にはコンピュータ科学において博士号取得している。その間1972年ハーバード博士課程在学中)から、エトカルフェはXerox社のパロ・アルト研究所(RARK)へ勤務している。同社では、後のパソコン原型となる「ALTO」の研究開発が進められており、エトカルフェはそのネットワーク分野担当していた。1973年同僚ボッグス共同LAN上のパケット交換仕組み創案し、イーサーネット原形作成した。1976年に、二人は「イーサーネット:ローカル・コンピュータ・ネットワークにおける分散型パケット交換」題した論文によってイーサーネット発表した。

ロバート・エトカルフェ
※画像はご本人の許可を得て掲載しております

1979年Xerox社にApple社スティーブ・ジョブズ見学訪れ間もなく、エトカルフェはXerox社を去った。そしてカリフォルニア州サンタ・クララ3Com社を設立した。同社XeroxDECIntelの3社を提携させて商用イーサーネット普及に努め、またたく間に成長した。

エトカルフェは1990年3Com経営者の座を退き、しばらく英国オックスフォード大学客員教授務めた後、米国ジャーナリストとしての活動をはじめた。1993年からは、コラム寄稿していた雑誌社親会社であるIDGInternational Data Group)社の副社長就任している。

なお、1980年にはエトカルフェにグレース・マレー・ホッパー賞が授与されている。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロバート・エトカルフェ」の関連用語

ロバート・エトカルフェのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サーゲイ・ブリン

ビャーネ・ストロヴストルップ

デニス・リッチー

アラン・ケイ

ジョン・プレスパー・エッカート

マービン・ミンスキー

リチャード・ストールマン

ケント・ベック





ロバート・エトカルフェのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリロバート・エトカルフェの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS