ロバート・テイラーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 作曲家 > 近現代音楽の作曲家 > ロバート・テイラーの意味・解説 

ロバート・テイラー

別名:ボブ・テイラー
【英】Robert Taylor, Bob Taylor

ロバート・テイラーとは、米Xeroxパロアルト研究所PARC)の創設者ひとりである。1932年テキサス生まれ

ロバート・テイラーは、1961年から米国航空宇宙局NASA)に勤務し、その後アメリカ国防総省高等研究計画局情報処理技術局(IPTO)へ移り情報処理技術研究者発掘支援するディレクターとして活動した。1966年には、J・C・R・リックライダー発案によるネットワーク構想から、世界初パケット通信網であるARPAnet開発を手がけている。

1969年、ロバート・テイラーは国防総省を去り、翌1970年Xerox社に招かれてパロアルト研究所創設に加わった。その主な役割は人を集結させることだった。ロバート・テイラーは、それまで職歴通じて米国内の情報工学に関する研究活動と優秀な研究者大半面識があった。そうしてテイラー全米トップクラス研究者ばかりを非常に大人数研究所集めることに成功し、また研究者にとって最上の環境を提供して彼らの研究活動促進した。

ロバート・テイラー
※画像提供 / Leslie Schroeder

パロアルト研究所には、アラン・ケイロバート・エトカルフェをはじめ、チャールズ・シモニージョン・ワーノックなど、その後コンピュータの歴史大きな功績を残した人物大勢名を連ねていた。アラン・ケイ提唱したダイナブック構想のために開発されたプログラミング言語Smalltalk」は、純粋なオブジェクト指向備え最初期言語であり、その後オブジェクト指向プログラミング言語にとっての原点一つとなっている。ダイナブック構想暫定的な姿として実現されたコンピュータAlto」は、そのグラフィカルユーザーインターフェースGUI)によってスティーブ・ジョブズ驚愕させ、後のMacintoshさらにはWindows決定的影響を及ぼしている。また、ロバート・エトカルフェ開発した通信技術Ethernet」は現在、世界中構内通信網LANにおいてコンピュータ同士接続している。

ロバート・テイラーは、パロアルト研究所離れた後、DECDigital Equipment Corporation)のシステムリサーチセンターの設立などにも携わった。1999年には、情報技術進展対すリーダーシップ称えられ、アメリカ国家技術賞授与されている。


Robert Taylor

以下の映画Robert Taylor関連しています。
アットエンタテインメント
 
 
 
 
 
 
 


ロバート・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/19 05:50 UTC 版)

ロバート・テイラー (Robert Taylor) は、人名。この名前の著名人は以下の通り:




「ロバート・テイラー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロバート・テイラー」の関連用語

ロバート・テイラーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ジョン・アタナソフ

アラン・チューリング

ラリー・ペイジ

エヅガー・ウィーブ・ダイクストラ

デニス・リッチー

フォン・ノイマン

ロバート・エトカルフェ

ミッチェル・ケイパー





ロバート・テイラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリロバート・テイラーの記事を利用しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロバート・テイラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS