ラリー・エリソンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > アメリカ合衆国の実業家 > ラリー・エリソンの意味・解説 

ラリー・エリソン

【英】Lawrence Joseph Ellison

ラリー・エリソンとは、米国プログラマー企業経営者である。1944年ニューヨーク市マンハッタンイーストサイド生まれた。世界第2位売り上げを誇るソフトハウスOracle社の共同設立者として知られている。また、Microsoft社の経営者ビル・ゲイツの「天敵」としても有名である。

ラリー・エリソンは1962年イリノイ大学シャンペーン・アーバナ校に入学したが、2年中退した。その後シカゴ大学に入ったが、ほどなくして中退した。同大学でコンピュータプログラミングを習ったことをきっかけに、カリフォルニアに出てプログラマー仕事をするようになったその後いくつかの企業転々としながらプログラミング仕事続けた。

ラリー・エリソン
※画像提供 / Oracle

1977年、ラリー・エリソンは、ボブ・マイナーやエド・オーツを誘って「ソフトウェア開発研究所」(Software Development Laboratories)設立した。エド・オーツ提案した、IBM研究所コッド博士提唱したデータベース理論実現目指し開発を進め、データベースソフト開発した。同社は後にリレーショナル・ソフトウエア社と改称し、1983年Oracle社と改称した。


参照リンク
Oracle

ラリー・エリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/06 08:47 UTC 版)

ローレンス・ジョセフ・エリソンLawrence Joseph Ellison1944年8月17日 - )は、データベースソフトをはじめとする大手ビジネスソフトウェア企業オラクル・コーポレーション共同設立者作家教育者であり、元CEO会長CTOである。4度の離婚歴を含む私生活や、幾多の訴訟や買収ビル・ゲイツとの関係など、様々な話題に事欠かない。また、自宅を和風建築にするほどの親日家としても知られている[3][4][5][6]。近年では、中堅中小規模向けSaaS型ビジネスアプリケーション企業のNetSuite社設立メンバーの一人としても知られる。2014年現在の総資産は500億ドルで、世界で5番目の富豪である[2]フィランソロピー活動でも有名である。


  1. ^ a b Oracle's Ellison to be paid salary of $1 in fiscal 2010
  2. ^ a b c d Larry Ellison topic page Forbes.com. 2014年9月15日閲覧.
  3. ^ オラクルの円柱 シリコンバレー見聞録(土屋直)
  4. ^ 日本を晴れ舞台に選んだOracle NC 後藤弘茂のWeekly海外ニュース
  5. ^ ちえの和WEBページ:コンピュータ偉人伝ラリー・エリソン
  6. ^ Sun社のCEO、辞職の俳句:ギークとhaikuの深い関係2010年3月22日閲覧
  7. ^ Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Report: エリソンCEOが語ったスティーブ・ジョブズとの思い出 國谷武史 - 2012年04月05日 ITmedia
  8. ^ スティーブ・ジョブズのようになりたいって? 多分無理だろう。永遠の大親友ラリー・エリソンが語る 2012年5月31日 by Alexia Tsotsis
  9. ^ Jobs, Ellison, others join; Microsoft to buy $150 million in non-voting stock - CNN
  10. ^ Larry Ellison Resigns as Apple Director - Apple
  11. ^ “ハワイで島購入の米オラクルCEO、今度は航空会社を買収”. ロイター. (2013年2月27日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE91R01N20130228?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews 2013年2月27日閲覧。 
  12. ^ Definitive Proxy Statement
  13. ^ 2008 CEO Compensation for Lawrence J. Ellison, Equilar
  14. ^ Here We Go Again: Oracle’s Ellison Gets More Options
  15. ^ 1
  16. ^ Gates loses title as world's richest man CNET News.com
  17. ^ IMDB bio
  18. ^ Larry Ellison's most important merger”. San Francisco Chronicle (2004年1月14日). 2009年10月29日閲覧。
  19. ^ SFGate.com:Ellison Sues Over Airport Rule On Noise at Night / He wants right to land his jet anytime, 2000-01-07, accessed 2010-03-11.
  20. ^ SFGate.com:Judge clears Ellison for landing at night / Curfew left intact at San Jose airport, 2001-06-16, accessed 2010-03-11.
  21. ^ a b c The incredible real estate portfolio of Oracle billionaire Larry EllisonBusiness Insider, April 26, 2015
  22. ^ Ron's $70 Million Sale
  23. ^ Soho House’s Malibu Outpost Opens, But Not All of Its Club Members Are InvitedThe Hollywood Reporter, May 27, 2016
  24. ^ Lagos, Maria (2012年6月27日). “Larry Ellison Buys Lanai”. Maui Time. http://www.mauitime.com/Articles-News-i-2012-06-28-76830.113117-Larry-Ellison-Buys-Lanai-While-Kihei-Residents-Say-No-To-Outlet-Malls.html 
  25. ^ Taylor, Chris (2012年6月20日). “Larry Ellison Buys Sixth Largest Hawaiian Island”. Mashable. 2012年10月5日閲覧。
  26. ^ 「ラナイ島を持続可能性のモデルに」、米オラクルCEOが夢語る | 世界のこぼれ話 | Reuters 2012年 10月 5日 12:33 JST
  27. ^ In Re Oracle Corp. Derivative Litigation (824 A.2d 917 (2003))
  28. ^ 株主・経営者の利害対立局面における非業務執行役員(監査役など)の役割 大杉謙一(中央大学法科大学院教授)
  29. ^ The Oracle of National ID Cards”. Wired Magazine. 2010年7月17日閲覧。
  30. ^ Oracleのエリソン氏、NetSUiteのIPO収益を慈善事業へ ITmedia
  31. ^ $200 million gift launches Lawrence J. Ellison Institute for Transformative Medicine of USC”. USC. 2016年5月15日閲覧。


「ラリー・エリソン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ラリー・エリソンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラリー・エリソン」の関連用語

ラリー・エリソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビントン・サーフ

ビャーネ・ストロヴストルップ

ウィリアム・ヒューレット

まつもとゆきひろ

チャールズ・バベッジ

ダニエル・ブルックリン

グラハム・ベル

アラン・ケイ





ラリー・エリソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリラリー・エリソンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラリー・エリソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS