ロバート・ノイスとは?

ロバート・ノイス

【英】Robert Noyce

ロバート・ノイスとは、米国半導体技術者である。1927年12月12日アイオワ州バーリントン生まれ半導体集積回路IC)の発明者一人として、また同じくIntel共同創業者として知られている。1990年6月3日没。

マサチューセッツ工科大学卒業したノイスは、トランジスタ発明者として知られるウィリアム・ショックレー博士直接誘いを受けて、1956年からショックレー研究所勤めた。しかし間もなくショックレーとの方針違い顕著になると、ゴードン・ムーアと共に研究所を去り、1957年新たにFairchild Semiconductor社を創立した。

Fairchild社でノイス半導体メモリ研究開発普及に努めたが、ほどなくして出資親会社意見衝突するようになったノイスムーアと共にFairchildを去り、新しくIntel創設した。

ロバート・ノイス
※画像提供 / Intel Corporation

Intelノイス引き続き半導体メモリ中心に集積回路研究開発続けた。やがてトランジスタ表面酸化シリコン皮膜で覆うプレーナー法を開発し、特許取得した。マイクロプロセッサ研究開発も進められ、1970年にはIntel世界初DRAM販売するなど、世界一半導体企業名声揺るぎないものにしていった

ノイス1970年まで社長会長に就き、「シリコンバレーの主」と称された。彼自身の手による半導体技術関連特許も、16数える。


ロバート・ノイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 08:18 UTC 版)

ロバート・ノートン・ノイス英語: Robert Norton Noyce, 1927年12月12日 - 1990年6月3日)は、フェアチャイルドセミコンダクター(1957年創業)とインテル(1968年)の共同創業者の1人であり、the Mayor of Silicon Valley(シリコンバレーの主)とあだ名された人物。ジャック・キルビーと並んで集積回路発明したことでも知られている[1]。順序としてはキルビーの発明が6カ月ほど早かった。両者とも同時に発明したということで互いに納得していた。[要出典]その後の世代の起業家(例えばアップルを起業したスティーブ・ジョブズなど)にとっては、師であり目標だった[2][3]




  1. ^ Lécuyer, Christophe. Making Silicon Valley: Innovation and the Growth of High Tech, 1930-1970 Published by MIT Press, 2006.ISBN 0262122812, p. 129
  2. ^ Berlin 2005, p. 252
  3. ^ Vader, Darren (2009年). “Biography: Steve Jobs”. The Apple Museum. 2010年5月7日閲覧。
  4. ^ Jones 1908, p. 54
  5. ^ Jones 1908, p. 86
  6. ^ Jones 1908, p. 142
  7. ^ Burt, Daniel S. The chronology of American literature: America's literary achievements from the colonial era to modern times Houghton Mifflin Harcourt, 2004. ISBN 0618168214, p.71
  8. ^ Berlin 2005, p. 14
  9. ^ Gaylord, Mrs. Mary M. Welles. Life and Labors of Rev. Reuben Gaylord Omaha: Rees Printing Company, 1889., p. 130
  10. ^ a b Berlin 2005, p. 10
  11. ^ a b Berlin 2005, p. 11
  12. ^ Jones 1908, p. 625
  13. ^ Jones 1908, p. 626
  14. ^ a b Wolfe, Tom (1983年12月). “The Tinkerings of Robert Noyce”. Esquire Magazine. 2010年5月7日閲覧。
  15. ^ Berlin 2005, p. 12
  16. ^ Berlin 2005, p. 7
  17. ^ Berlin 2005, p. 22
  18. ^ a b Berlin 2005, p. 24
  19. ^ Berlin 2005, p. 106
  20. ^ a b Berlin 2005, p. 1
  21. ^ Shurkin 2007, p. 170
  22. ^ a b Shurkin 2007, p. 181
  23. ^ Shurkin 2007, p. 184
  24. ^ Tedlow, Richard S. Giants of enterprise: seven business innovators and the empires they built Publisher Harper Collins, 2003 ISBN 0066620368, p. 405
  25. ^ Garten, Jeffrey E. (2005年4月11日). “Andy Grove Made The Elephant Dance”. Business Week. 2010年5月7日閲覧。
  26. ^ グローヴはノイスを「ナイスガイ」だが無能だと考えていた。グローヴはノイスが本質的に競争を嫌っていたと見ている。このスタイルの違いから、ノイスとグローヴの間には若干の不和があったとも言われている。
  27. ^ “Elizabeth B. Noyce, 65, Benefactor of Maine With Vast Settlement From Her Divorce”. The New York Times. (1996年9月20日). http://www.nytimes.com/1996/09/20/us/elizabeth-b-noyce-65-benefactor-of-maine-with-vast-settlement-from-her-divorce.html 2010年4月10日閲覧。 
  28. ^ Hays, Constance L. (1990年6月4日). “An Inventor of the Microchip, Robert N. Noyce, Dies at 62”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1990/06/04/obituaries/an-inventor-of-the-microchip-robert-n-noyce-dies-at-62.html?sec=&spon=&pagewanted=all 2010年4月10日閲覧。 
  29. ^ Noyce Foundation


「ロバート・ノイス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロバート・ノイス」の関連用語

ロバート・ノイスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デビッド・パッカード

エミール・レオン・ポスト

ゴードン・ムーア

デビッド・ファイロ

ジミー・ウェールズ

リーナス・トーバルズ

ビャーネ・ストロヴストルップ

ブライアン・カーニハン





ロバート・ノイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリロバート・ノイスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロバート・ノイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS