吉崎栄泰とは?

吉崎栄泰

読み方よしざき はるやす

吉崎栄泰とは、世界的に有名なファイル圧縮プログラムアーカイバ)「LHA」の作者である。1955年北海道旭川市生まれ本業医師で、北海道内科医師として働いている。札幌医科大学内科学専攻した。大学時代その頃たばかりインテルチップを手に入れるなど、コンピュータには相当早くから興味を持っていた。

パソコン通信時代になると吉崎氏もはまりこんだ。1988年当時高校先生をしていた奥村晴彦氏(現在、松坂大学教授三重大学教授)が、LZSS方式をさらに算術符号化するLZARIという圧縮アルゴリズムPC-VAN上に発表したことに始まる。吉崎氏はこの奥村氏の圧縮方式見て算術符号化部分ハフマン符号化置き換えることでもっと効率的アルゴリズムになるのではと考えた。その考えをもとにLZHUF方式考案し、実際にその方式にもとづいたアーカイバLHarcを作った。

1988年末になってLHarcニフティアスキーネットリリースした。 LHarc大反響をよんだが、その後改良続けられた。吉崎氏と奥村氏とは連絡取り合い奥村氏が米国圧縮に関する論文を手に入れて吉崎氏に渡し、それを参考にして吉崎氏が開発するという協力もあり、LHarcアルゴリズム改良が進められた。

DOS版だった吉崎氏のLHarcLHAとなり、その後多くボランティア協力得てUnixMacWindowsなどほとんどのプラットフォーム移植された。またマニュアル英訳されて、海外ユーザーにも広く認知されるようになったWindows世界ではZIP形式LZH形式LHAファイル形式)が事実上の標準となった。特にLHAフリーソフトとしてソースコード公開されていた点は、他の圧縮ソフトとは違って歓迎された。1991年吉崎氏は米国PCマガジン編集長賞を受賞続いて1992年ロータスミッチェル・ケイパー迎え行われ第一フリーソフトウエア大賞では、吉崎氏は大賞受賞した。

なお、LHAMacintosh版としては石崎一明作のMacLHAがある。


吉崎栄泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 16:17 UTC 版)

吉崎 栄泰(よしざき はるやす、1955年2月23日 - )は、日本医師プログラマ内科の医師を務める傍ら、1990年代から2000年代まで日本で幅広く利用されたアーカイバの一種であるLHA(LZH)を開発した。




「吉崎栄泰」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「吉崎栄泰」の関連用語

吉崎栄泰のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スコット・マクニーリ

リーナス・トーバルズ

ブライアン・カーニハン

エヅガー・ウィーブ・ダイクストラ

アラン・ケイ

デビッド・ファイロ

グラハム・ベル

デニス・リッチー





吉崎栄泰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ吉崎栄泰の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの吉崎栄泰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS