ダイカスト法とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 機械加工技術用語 > ダイカスト法の意味・解説 

ダイカスト法・真空ダイカスト法・無孔性ダイカスト法

鋳造法のうち、金属の鋳型金型ダイ)に溶融した金属(湯)を高圧注入して鋳物をつくる方法をいう。
  ダイカストでは、金型を用いるため寸法精度の高い精密鋳肌きれいな鋳物作成できる。また金属組織緻密な機械的性質良い鋳物が製作できる。
  ダイカストマシンによる鋳込み圧力は、ピストン用いておよそ40100気圧達する。鋳型金属であり放熱効果が高いことと、金型内を液冷することも可能であり、このため溶湯の凝固速度速い。さらに、高い圧力によって鋳型忠実な形状が得られるほか湯の射出速度高速にできるため生産性が高く、大量生産適する。
  ダイカスト用の金型は、このような繰り返し鋳込みに耐えねばならないので耐熱鋼が用いられ、鋳込み合金としては、融点のあまり高くない亜鉛合金アルミニウム合金などがおもに使用される。
  欠点として金型製作に費用がかかること、金型大きさ限度があること、鋳込み温度の高い金属( 高融点金属 )での鋳造が困難であることなどがあげられる。
  また、湯を高速射出圧入を行うため、空気巻き込んで鋳物内部微少空洞発生しやすい最近では、それを防ぐために、大気中で行われる一般的なダイカスト法以外に、真空雰囲気中で鋳込み行い空気酸化膜の巻き込みを防ぐ真空ダイカスト法や、酸素雰囲気中で鋳込み行い、溶湯の急速凝固による微少孔の発生を防ぐ、無孔性ダイカスト法開発されている。


ダイカスト法

適している分野・使用事例

カメラボディビデオ機構部品自動車エンジン部品など大量生産でかつ寸法精度要求される部品

用語解説

機械的性質
引張強さ降伏点伸び絞り硬さ衝撃値、疲れ強さクリープ強さなど、機械的変形及び破壊に関係する諸性質
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダイカスト法に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイカスト法」の関連用語

ダイカスト法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

押出成形

レーザ加工

オフセット印刷

内面研削

エンボス

物理蒸着

スポット溶接

ダイカスト法





ダイカスト法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA

©2017 Weblio RSS