キャロライン・ケネディとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > キャロライン・ケネディの意味・解説 

キャロライン・ケネディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/25 08:57 UTC 版)

キャロライン・ブーヴィエ・ケネディ: Caroline Bouvier Kennedy1957年11月27日 - )は、アメリカ合衆国弁護士駐日アメリカ合衆国大使(第29代)。第35代大統領ジョン・F・ケネディの長女。左利き




  1. ^ 『少女フレンド』に「キャロリン日記」というのが連載されていた。
  2. ^ Caroline Kennedy Seeking Hillary Clinton's Senate Seat - Associated Content”. 2012年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。
  3. ^ Caroline Kennedy says she's best for the job - CNN.com
  4. ^ “故ケネディ氏の娘が次期駐日大使の有力候補に 米で報道”. 産経新聞. (2013年2月28日). オリジナル2013年4月27日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/71yKk 2013年2月28日閲覧。 
  5. ^ “ケネディ駐日大使 来月着任へ”. 日本放送協会. (2013年10月17日). オリジナル2013年10月17日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/WQW6L 2013年10月17日閲覧。 
  6. ^ “ケネディ大使が信任状奉呈式 天皇に米大統領親書”. 共同通信社. (2013年11月19日). http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111901001916.html 2013年11月19日閲覧。 
  7. ^ ケネディ大使、活動開始 皇居・宮殿で信任状奉呈式 : 京都新聞
  8. ^ ケネディ大使が突然「浅田真央は真の王者」 「何を今更!」「真意は何だ?」とネット騒然 J-Cast News 2014/3/ 8
  9. ^ プレスリリース | 米国大使館 東京・日本、2013年12月26日。
  10. ^ キャロライン・ケネディ駐日米国大使のツイート (424405149730107393)
  11. ^ “「米国政府はイルカ漁反対」 ケネディ大使がツイート”. 朝日新聞. (2014年1月19日). http://www.asahi.com/articles/ASG1M66QTG1MUHBI013.html 2014年1月20日閲覧。 
  12. ^ “太地町のイルカ追い込み漁に非難の声、ケネディ大使も懸念表明”. CNN. (2014年1月19日). http://www.cnn.co.jp/world/35042729.html 2014年1月20日閲覧。 
  13. ^ Anti-whalers harpoon RFK Jr to cause in US Supreme Courtp
  14. ^ “駐日米国大使、NHKのインタビュー拒否…経営委員の妄言が理由”. 中央日報. (2014年2月15日). http://japanese.joins.com/article/831/181831.html 2014年2月16日閲覧。 
  15. ^ 米大使館がNHK取材に難色 百田尚樹氏の発言理由にサンスポ.com 2014年2月14日
  16. ^ 「ケネディ大使、ヤジ受けた塩村都議に激励の手紙」読売新聞、2014年7月2日
  17. ^ 社説:駐日米大使指名 スイート・キャロライン


「キャロライン・ケネディ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

キャロライン・ケネディに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャロライン・ケネディ」の関連用語

キャロライン・ケネディのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




キャロライン・ケネディのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャロライン・ケネディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS