キャサリン・G・コールマンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > キャサリン・G・コールマンの意味・解説 

キャサリン・G・(キャディ)コールマン

分類:宇宙飛行士


名前:キャサリン・G・(キャディ)コールマン(Catherine G. "Cady" Coleman)
性別:女
国名:アメリカ
生年月日:1960年12月14日(サウスカロライナ州チャールストン)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-73/コロンビア号)(STS-93/コロンビア号)

コールマンはヴゼジニア州のフェアファックスにあるW.T.ウッドソン高校卒業したあとマサチューセッツ工科大学化学学びました。1991年には同大学の博士号取っています。1983年アメリカ空軍少尉任命された彼女はライトパターソン空軍基地勤務して化学研究続けました。NASA宇宙飛行士に選ばれたのは1992年です。ジョンソン宇宙センターに移って訓練をはじめ、1995年打ち上げSTS73初飛行おこないました。

1.同じロケット衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-73(コロンビア号1995年10月20日打ち上げ)では、ケネス・D・ボワソックスケント・V・ロミンガーキャサリン・C・ソーントンマイケル・E・ロペス・アレグリオ、フレッド・W・レスリー、アルバート・サコーと同乗しました。
STS-93(コロンビア号1999年7月22日打ち上げ)では、アイリーン・M・コリンズジェフリー・S・アスビー、スティーブン・A・ホーリー、ミッチェル・トグニニーと同乗しました。

2.宇宙どのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-73(コロンビア号)は貨物室に積んだ微小重力実験室USML−2使い地球から通信されてくる化学者たちの指示助言したがいながら、科学技術進歩国際宇宙ステーション建設のためのさまざまな実験おこないました。コールマンはミッションンスペシャリスト(MS:搭乗運用技術者)として参加しました。
STS-93(コロンビア号)は貨物室に積んだ科学実験用の設備Chandra/IUS-27を使い、「宇宙にいるときの筋肉組織減少」や「アマチュア無線機実験」や「微小重力環境下での植物の成長研究」や「微弱電力技術システム」など、さまざまな科学実験おこないました。コールマンMSとして参加しました。

3.どれくらい時間宇宙飛んでいるの?
STS-73(コロンビア号1995年10月20日打ち上げ)では15日21時間53分、STS93(コロンビア号1999年7月22日打ち上げ)では4日22時間50分、宇宙滞在しました。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャサリン・G・コールマン」の関連用語

キャサリン・G・コールマンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スイングバイ航法の例

ペドロ・デュケ

アンドロメダ銀河

アメリカ航空宇宙局

はじめの3分間

エドワード・ヒギンス・ホワイト

デルタII

人工衛星の代表的な軌道





キャサリン・G・コールマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS