キャサリン・D・サリバンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 工学者 > アメリカ合衆国の宇宙飛行士 > キャサリン・D・サリバンの意味・解説 

キャサリン・D・サリバン

分類:宇宙飛行士


名前:キャサリン・D・サリバン( Kathryn D. Sullivan )
分類:宇宙飛行士
性別:女
国名:アメリカ
生年月日:1951年10月3日(ニュージャージー州パターソン)
所属宇宙機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-41-G/チャレンジャー号)(STS-31/ディスカバリー号)(STS-45/アトランティス号)

サリバンは、アメリカ女性初の宇宙遊泳を行った宇宙飛行士です。初搭乗1984年10月5日スペースシャトルチャレンジャー号(STS41-G)」。サリバンは、宇宙飛行感想を「Eチケット(ディズニーランドフリーパス)30分の価値はあるわよ」と楽しそう話しました。宇宙遊泳は、米東部時間10月11日午前1142分(日本時間12日午前0時42分)からおこなわれ貨物室の最後部までの15mをゆっくり遊泳し、燃料の切れた衛星補給をおこなっています。
サリバンは、1973年カリフォルニア大学サンタクルズ校で地球科学学び1978年にはダルホージー大学地質学博士号取得した才媛です。現在まで、スペースシャトルで3回の宇宙飛行おこない、非常に多く業績を残しています。

1.同じロケット衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
チャレンジャー号(STS-41G)では、ロバート・L・クリッペンジョン・A・マクブライドデビッド・C・リートマ、サリー・K・ライドマーク・ガルネ、ポール・スカリーパワーと同乗そのほかに多く宇宙飛行士同乗しています。


2.宇宙どのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
サリバンはすでに3回の宇宙飛行をおこなっており、米東部時間10月11日午前1142分(日本時間12日午前0時42分)から、アメリカ女性初の宇宙遊泳をおこなったほか、地球軌道上からレーガン大統領との会見などもおこなっています。初搭乗の「チャレンジャー号(STS41-G)」は、1984年10月5日発射された6回目のスペースシャトルです。乗員それまで最大の7人で、宇宙空間での居住性研究おこなわれたほか、地球放射熱の観測衛星射出されたりレーダー精度研究のため、日本大潟村稲作状況などが探査されました。日本初実験機器も搭載され、水滴硬球をぶつける実験おこなわれました。

3.どれくらい時間宇宙飛んでいるの?
チャレンジャー号(STS-41G)では197時間23分、 アトランティス号(STS-45)では121時間36分、ディスカバリー号(STS-31)では214時間9分宇宙滞在しています。


キャサリン・D・サリバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/03 19:46 UTC 版)

キャサリン・D・サリバン(Kathryn Dwyer Sullivan、1951年10月3日-)は、ニュージャージー州パターソン出身の地質学者でアメリカ航空宇宙局宇宙飛行士。3度のスペースシャトルのミッションでクルーを務め、アメリカ人女性として初めて宇宙遊泳を行った。




「キャサリン・D・サリバン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「キャサリン・D・サリバン」の関連用語

キャサリン・D・サリバンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-49

テンペル第一彗星

ディスカバリー・ミッション

宇宙航空研究開発機構

STS-40

エンデバー号

ジョン・H・グレン

ディープインパクト





キャサリン・D・サリバンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャサリン・D・サリバン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS