ウバタマムシとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 害虫の種類 > ウバタマムシの意味・解説 

ウバタマムシ


ウバタマムシ

主な種類
クロタマムシ Buprestis haemorrhoidalis
ウバタマムシ Chalcophora japonica
形態
 クロタマムシ体長11~22mm、黒色光沢があり、上翅の筋は銅色を帯びる。
 ウバタマムシは体長24~40mm、金銅色~赤銅色光沢があり、上翅には深い溝が複数ある。
分布
 クロタマムシアジアからヨーロッパ分布し、日本では全国分布する。
 ウバタマムシは東アジアから東南アジア分布し、日本では本州以南分布する。
被害
 木造建築物を加害する害虫で、マツ材の家具などから、穴を開けて出てくる。部屋などに大きな穴複数明けられると、外観損ねる
生態
 幼虫マツ類モミ類の材を食するため、マツ材を用いたから突然成虫が出てくることがある。またログハウス外壁から出現することがある。これらは野外丸太産卵されたものが建材の中で何年もかけて生育し、羽化したものである。建築5年目室内から突然クロタマムシ10匹以上も出現し、直径1cmの穴を多数明けられることもある。これらは、一時的発生で、屋内繁殖繰り返しことはできない
特記事項
 被害場所の穴にはピンノズルを付けて薬剤注入する。

ウバタマムシ

和名:ウバタマムシ
学名Chalcophora japonica japonica Gory
    コウチュウ目タマムシ科
分布本州四国九州対馬種子島屋久島朝鮮半島中国北部
 
写真(上):ウバタマムシの成虫
説明
成虫体長24-40mm。金銅色。生時には全体黄色っぽい粉で薄く覆われる。成虫マツ類損木によく集まり幼虫マツ内のカミキリ幼虫などを捕食する。
ウバタマムシの成虫


姥玉虫

読み方:ウバタマムシ(ubatamamushi)

センチぐらいの甲虫目タマムシ科昆虫で、美し

季節

分類 動物





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウバタマムシ」の関連用語

ウバタマムシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スギ・ヒノキ暗色枝枯病

ガガンボ

ニレチュウレンジ

有翅チャタテムシ

タテスジハマキ

カツブシチャタテ

ナラ類コニエラ葉枯病

シモングモ





ウバタマムシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2017 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS