ふじそうごうかりょくえんしゅうとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > ふじそうごうかりょくえんしゅうの意味・解説 

【富士総合火力演習】(ふじそうごうかりょくえんしゅう)

毎年夏~初秋にかけて、静岡県御殿場市陸上自衛隊東富士演習場行われる日本最大規模軍事演習
略称で「総火演(そうかえん)」とも呼ばれる

戦車火砲実弾演習弾も含む)射撃ヘリコプターからの空挺降下など、実戦した大規模内容である(一般公開される日にはそれが観客眼前行われる)ため、一連の演習締めくくる一般公開日(8月下旬9月上旬実施)」の入場券毎年、非常に高い競争率となる。
また、実戦部隊では北海道所在部隊にしか配備されていない90式戦車89式装甲戦闘車など、陸自一線級装備多く参加することから、在日米軍関係者日本国内の外国公館駐在している外国軍の駐在武官などといった軍事専門家招待される。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ふじそうごうかりょくえんしゅう」の関連用語

ふじそうごうかりょくえんしゅうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

空挺降下

フォーポイントロール

コブラ

多連装ロケットシステム

V-22

F6F

エリアルール

M500





ふじそうごうかりょくえんしゅうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。

©2017 Weblio RSS