はぜ実取り棒とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > はぜ実取り棒の意味・解説 

はぜ実取り棒 (はぜみとりぼう)

はぜ実取り棒 はぜ実収用器具である。ろうの原料のはぜは、大木で、多く急傾斜地や畑の畦畔等で栽培されているため、はぜ実の収穫は木に登って行われた。はぜの木のは、非常に折れやすく、木に登って収穫するにも先の方は危険なため、この収穫用大かぎや小かぎで引寄せて実を採取する。かぎの材料は、椿など弾力性のある木を使い先端部に金属製のかぎをつけたもの1982や、木の又のある木1985利用した。長さは2m前後のものが多く明治時代より現在まで、はぜ産地使用されている。柄長は170cmである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

はぜ実取り棒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木摺臼

畜力用中耕除草機

製粉機

足踏脱穀機

牛車

とうし

蚕種催青箱

代ならし器





はぜ実取り棒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS