かけてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(思量) > かけての意味・解説 

かけ て 【掛けて】

( 副 )
心にかけて。本気で。 「 -聞けば心ちこそまどへ/宇津藤原
否定仮定表現伴って)決して。少しでも。かけても。 「 -知ラヌカオ/ヘボン 三版

かけ て

連語
動詞掛ける」の連用形「かけ」に接続助詞「て」の付いたもの
(「…から…にかけて」「…から…へかけて」の形で)(時間や場所の範囲が)…にわたっての意を表す。 「秋から冬に-,たくさんの渡り鳥やってくる」 「都会からその周辺農村地帯へ-調査を進めていった
(「…にかけては」の形で)…に関しては,…については,などの意を表す。 「語学に-は彼の右に出る者はいない」 「こと囲碁に-は,彼は天賦の才能持っている


懸けて、闕けて、賭けて、駆けて、掛けて、欠けて、駈けて

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

かけてに関係した商品

「かけて」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「かけて」の関連用語

かけてのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




かけてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2014 Weblio RSS