.ps .psの概要

.ps

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 05:34 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
.ps
施行 2000年
TLDの種類 国別コードトップレベルドメイン
現在の状態 利用可
管理団体 Palestinian National Internet Naming Authority(PNINA)
後援組織 Palestinian Information Technology Association of Companies(PITA)
利用地域 パレスチナに関係する団体・個人
使用状況 パレスチナである程度使われている。
登録の制限 制限なし。第三レベルドメインの登録は、どの第二レベルドメイン内にあるかによって制限がある。
階層構造 登録は第二レベルに直接か、第二レベルドメインの下の第三レベルに行われる。
関連文書 IANA reports: Delegation (2000), Redelegation (2004); ICANN MoU
紛争解決方針 DRS Policy
ウェブサイト nic.ps
テンプレートを表示

Palestinian National Internet Naming Authority(PNINA)によって管理され[2]、認定されたレジストラによって登録が行われる。

パレスチナ国の国際化国別コードトップレベルドメイン(IDN ccTLD)は.فلسطينであり、Punycodeでは.xn--ygbi2ammxと表される[2]

2013年2月6日、パレスチナ国のISO 3166-1コードは、ccTLDに合わせてPSに変更された。

第二レベルドメイン

登録は第二レベルドメインだけでなく、第三レベルドメインでも行うことができる[3]

  • .ps: 誰でも登録できる(パレスチナに関係しなくても良い)[4]
  • com.ps, net.ps, org.ps: 無制限[3]
  • edu.ps: 教育機関
  • gov.ps: パレスチナ自治政府(PNA)と政府の機関
  • sch.ps: 義務教育機関、幼稚園

ドメインハック

WebサービスのMeetupmeetu.psメリーランド大学が大学のスポーツチーム"Terps"に因んでter.ps[5]を取得するなど、ドメインハックにも使用されている。


  1. ^ Delegation Record for .PS
  2. ^ a b IANA — Report on the Delegation ofفلسطين. ("Falasteen") representing the Occupied Palestinian Territory in Arabic”. 2021年7月10日閲覧。
  3. ^ a b PNINA Registration Policies and Procedures for Registering Domains under the .ps ccTLD”. The Palestinian National Internet Naming Authority. 2020年4月21日閲覧。
  4. ^ How to register a .PS domain?”. The Palestinian National Internet Naming Authority. 2020年4月21日閲覧。 “Anyone, Palestinians and non-Palestinians, from businesses to organizations to individuals, can register a .ps domain name”
  5. ^ http://ter.ps/new.php


「.ps」の続きの解説一覧

PS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 15:13 UTC 版)

PSPsps(ピー・エス)




「PS」の続きの解説一覧

PlayStation Plus

(.ps から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 15:52 UTC 版)

PlayStation Plus(プレイステーション プラス、略称 PS Plus)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が全世界で提供している有料会員サービス。


  1. ^ ビジネス経緯”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2021年10月21日閲覧。
  2. ^ PS Plus 2018年3月更新情報の一部を先行紹介。およびサービス内容の一部変更に関するお知らせ
  3. ^ Vote to Play プレイステーション オフィシャルサイト”. ソニー・コンピュータエンタテインメント. 2015年10月31日閲覧。
  4. ^ “次のフリープレイタイトルはユーザーの投票で決まる。PS Plusの新機能「Vote to Play」が発表”. 4Gamer.net. (2015年8月12日). http://www.4gamer.net/games/129/G012999/20150812046/ 2015年10月31日閲覧。 
  5. ^ PS5向け「PS Plus コレクション」のゲームは、入手後はPS4でも使用可能!【特集】(Game*Spark、2020年11月14日)
  6. ^ 八橋亜機 (2013年6月12日). “【E3 2013】SCE Worldwideプレジデント 吉田修平氏インタビュー その2”. GAME Watch. 2013年6月12日閲覧。
  7. ^ 西田宗千佳 (2013年6月14日). “【西田宗千佳のRandomTracking】「PS4世代でかわること」とゲーム市場の関係 SCE WWスタジオプレジデント 吉田修平氏インタビュー”. AV Watch. 2013年6月15日閲覧。
  8. ^ Sinan Kubba (2013年6月18日). “PlayStation Plus subscription isn't required for auto-updates on PS4” (英語). joystiq. 2013年6月19日閲覧。
  9. ^ PlayStation®Vitaシステムソフトウェア バージョン2.00 アップデート”. ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012年11月20日). 2012年11月21日閲覧。
  10. ^ “PlayStation®Plus 本日2012年11月21日(水)より、“フリープレイ”の大幅リニューアル開始。待望のPlayStation®Vitaにも対応中 ~“プレイステーション®ネットワーク チケット” プレゼントキャンペーン、PlayStation®Plus 7日間(無料)お試しキャンペーン、PlayStation®Plus 15日間無料チケット同梱キャンペーンを同時開催!~” (PDF) (プレスリリース), SCEJ, (2012年11月21日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/121121.pdf 
  11. ^ “「プレイステーション 4」(PS4™)と「プレイステーション ネットワーク」の組み合わせで実現する豊かなユーザー体験。~PS4™の発売にあわせ、「プレイステーション プラス」を更に拡充。ソーシャルとの親和性を高め、コンテンツ配信サービスも提供~” (プレスリリース), SCE, (2013年6月11日), http://www.scei.co.jp/corporate/release/130611b.html 
  12. ^ “PlayStation®Plus 2013年6月19日(水)より、“フリープレイ”がますます大充実!ゲームアーカイブス123タイトルを追加 ~夏のプラス祭り!~ 15日間無料お試しキャンペーン、PSNSM チケット” プレゼントキャンペーン、「どこでもいっしょ」特製カスタムテーマ&壁紙プレゼントを同時開催!” (プレスリリース), SCEJA, (2013年6月11日), http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20130611_psplus.html 
  13. ^ “PlayStation®Plusのサービスにおける一部変更に関するお知らせ” (プレスリリース), SIE, (2018年3月1日), http://www.jp.playstation.com/important-notice/2018/20180301/ 


「PlayStation Plus」の続きの解説一覧

(.ps から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 10:19 UTC 版)

(びょう、: second, : seconde 、記号 s)は、国際単位系 (SI) における時間単位である。他のとは関係せず完全に独立して与えられる7つのSI基本単位の一つである[1][2]。秒の単位記号は、「s」であり、「sec」などとしてはならない(秒#表記)。


  1. ^ 国際単位系における正式の言語はフランス語である。ここでの定義は英語及びこれを日本語に翻訳したものである。正式な本文の確認が必要な場合又は文章の解釈に疑義がある場合はフラン ス語版を使う必要がある。
  2. ^ The International System of Units, 9th edition 2019 Note on the text, " This brochure provides the text in English, but when an authoritative reference is required or when there is doubt about the interpretation of the text the French should be used.", p.124
  3. ^ 「地球の自転が遅くなっている」といった表現がこの説明において文献でもしばしば見られる。しかし、地球と月との相互作用によって、月が「潮汐加速」され地球の自転が「潮汐減速」されている、という現象は事実ではあるが相当に長期的な現象で、短期的と言えるこれまでの人類による観測において見られる変動はそれよりもずっと大きく、潮汐減速はその主な要因ではない。たとえばNICTによる解説(国際原子時・協定世界時とうるう秒)から以下に引用するが、「地球の自転が遅くなっているため」といったようには説明していない。 ■協定世界時(UTC )とうるう秒調整、「地球の自転速度は、潮汐摩擦などの影響によって変化するため、世界時(UT)と協定世界時(UTC)との間には差が生じます。そこで、協定世界時 (UTC) に1秒を挿入・削除して世界時UT1との差が0.9秒以上にならないように調整しています。」

出典

  1. ^ a b BIPM 2006a.
  2. ^ 沖俊任. “計測工学 ‐第1回(測定と単位系)‐pp. 1–2‐平成20年4月10日 (PDF)” (日本語). 宇部工業高等専門学校. 2010年11月13日閲覧。
  3. ^ : length of day
  4. ^ Jones, Tony (2000年). Splitting the second: the story of atomic time. Institute of Physics Pub. ISBN 0750306408. http://books.google.be/books?id=krZBQbnHTY0C 
  5. ^ a b 和田 (2002)、第2章 長さ、時間、質量の単位の歴史、pp. 34–35、3.時間の単位:地球から原子へ
  6. ^  国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 p.99、産業技術総合研究所、計量標準総合センター
  7. ^ a b 平成4年政令第367号 1992, 第2条、別表第1の時間 秒の項.
  8. ^ a b BIPM 2006b, p. 23, §2.1.1.3.
  9. ^ BIPM 2006b, p. 1, 英文テキストの使用における注意.
  10. ^ 計量単位規則(平成四年通商産業省令第八十号)別表第二(第2条関係)時間、「秒」の欄”. 2019年12月23日閲覧。
  11. ^ 国際単位系(SI)は世界共通のルールです(PDF) 2ページの右下の「誤りやすい単位記号の例」として「50 sec (正しくは→50 s)」と例示されている。
  12. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 p.116、産業技術総合研究所、計量標準総合センター、「単位の記号や名称の省略語を使ってはならない。例えば、sec は使わず、s または秒のいずれかとする。(中略)SI 単位および単位全般について、本文書で前述した正式な記号を使わなければならない。これによって、量の値に関する曖昧さや誤解が回避される。」
  13. ^ a b c d e f 西條 (2009)、3講.秒 pp. 24–26、4.「秒」の起源と制定‐天文時から原子時へ‐
  14. ^ 維基文庫孫子算經
  15. ^ a b 西條 (2009)、3講.秒 pp. 23–24、3.時間測定の始まり
  16. ^ Toomer, G. J. (1998年). Ptolemey's Almagest. Princeton、ニュージャージー州プリンストン: プリンストン大学出版局. pp. 6–7, 23, 211–216 
  17. ^ O Neugebauer (1949年). “The astronomy of Maimonides and its sources”. ヘブライ・ユニオン・カレッジ・アニューアル 22: 321–360. 
  18. ^ O Neugebauer (1975年). A history of ancient mathematical astronomy. シュプリンガー・フェアラーク. ISBN 038706995X 
  19. ^ アブー・ライハーン・アル・ビールーニー (1879年). The chronology of ancient nations: an English version of the Arabic text of the Athâr-ul-Bâkiya of Albîrûnî, or "Vestiges of the Past". Sachau C Edward. pp. 147-149. http://books.google.com/?id=pFIEAAAAIAAJ&pg=PA148#v=onepage&q= 
  20. ^ ロジャー・ベーコン (2000年) [1928年]. The Opus Majus of Roger Bacon. BR Belle. ペンシルベニア大学出版局. table facing page 231. ISBN 9781855068568 
  21. ^ : Fremersdorf collection
  22. ^ Landes (1983), pp. 417–418.
  23. ^ Willsberger, Johann (1975年). “full page color photo: 4th caption page, 3rd photo thereafter (neither pages nor photos are numbered)”. Clocks & watches. New York: Dial Press 
  24. ^ Taqi al-Din
  25. ^ The astronomical clock of Taqi al-Din: Virtual reconstruction.
  26. ^ Landes (1983), p105
  27. ^ Landes (1983), p104
  28. ^ J Chappell (2002). “The Long Case Clock: The Science and Engineering that Goes Into a Grandfather Clock”. Illumin 1 (0): 2. http://illumin.usc.edu/article.php?articleID=64&page=1. 
  29. ^ 計量法(公布時)(昭和26年法律第207号)』、1951年6月7日、第3条第3号。NDLJP:2963871衆議院-制定法律 
  30. ^ 国立科学博物館 (2006年12月20日). “はかる道具 リーフラー天文時計 詳細 (html)” (日本語). 国立科学博物館 電子資料館. 国立科学博物館. 2013年12月31日閲覧。
  31. ^ 中桐正夫「昭和26年の東京天文台見学の栞 (PDF) 」 『アーカイブ室新聞』第123号、国立天文台、東京都三鷹市、2009年1月28日、 3頁、2013年12月29日閲覧。
  32. ^ a b c 1秒の定義” (日本語). 独立行政法人情報通信研究機構. 2010年11月13日閲覧。
  33. ^ 宇宙・天文まめ知識 地球の自転速度は一定か?” (日本語). 財団法人科学技術振興機構. 2010年11月13日閲覧。
  34. ^ a b c d K.KODAMA. “単位、秒” (日本語). 神戸大学理学部数学科. 2010年11月13日閲覧。
  35. ^ [1] Excess of the LOD 過去の約1年間のLODの揺れ
  36. ^ 日置幸介. “スマトラ沖地震と地球” (日本語). 北海道大学理学研究科・地球惑星科学専攻・宇宙測地学研究室. 2010年11月13日閲覧。
  37. ^ 計量法の一部を改正する法律(昭和33年法律第61号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1958年4月15日). 2013年12月29日閲覧。第3条第3号
  38. ^ 飯島重孝「保時と報時 (PDF) 」 『天文月報』第48巻第05号、日本天文学会、東京都三鷹市、1955年5月、 67-70頁、 ISSN 0374-2466NAID 40018111534NCID AN001545552014年1月24日閲覧。
  39. ^ a b Leap Seconds”. Time Service Department, アメリカ海軍天文台. 2006年12月31日閲覧。
  40. ^ BIPM 2006b, pp. 23, 50, 60, §2.1.1.3、付録1.
  41. ^ 木口勝義. “基礎物理学 2007年度 (PDF)” (日本語). 近畿大学理工学総合研究所. 2010年11月13日閲覧。
  42. ^ タイムスタンプ局に対するUTCトレーサビリティ保証のTA技術要件に関する検討 中間報告 (PDF)” (日本語). TA認定基準の国際整合化に向けた検討WG 財団法人日本データ通信境界. 2010年11月13日閲覧。
  43. ^ a b F.G.マジョール『量子の鼓動:原子時計の原理と応用』盛永篤郎訳、シュプリンガー・ジャパン、2006年、207頁。ISBN 9784431712060
  44. ^ W Markowitz, RG Hall, L Essen, JVL Parry (1958). “Frequency of cesium in terms of ephemeris time”. Physical Review Letters 1: 105–107. doi:10.1103/PhysRevLett.1.105. http://www.leapsecond.com/history/1958-PhysRev-v1-n3-Markowitz-Hall-Essen-Parry.pdf. 
  45. ^ a b Tony Jones (2002年12月16日). “How does one arrive at the exact number of cycles of radiation a cesium-133 atom makes in order to define one second? (The Story of Atomic Time)” (英語). Scientific American. 2010年11月13日閲覧。
  46. ^ a b Gérard P. Michon. “Final Answers Measurements & Units” (英語). numericana.com. 2010年11月13日閲覧。
  47. ^ 宮地政司秒の定義に関する諮問委員会」『計測』第8巻第4号、計測自動制御学会、東京都、1958年、 189-190頁、 doi:10.11499/sicejl1951.8.189ISSN 1883-8154
  48. ^ 宮地政司「日本測地学会20周年紀念特別講演 時と測地―測地衛星と月レーザ観測のすすめ―」『測地学会誌』第20巻1-2、日本測地学会、東京都、1974年、 102頁、 doi:10.11366/sokuchi1954.20.100ISSN 2185-517XJOI:JST.Journalarchive/sokuchi1954/20.100
  49. ^ BIPMb 2006, pp. 50, 63–64, 付録1.
  50. ^ 1秒の定義 NICT 情報通信研究機構
  51. ^ 計量法の一部を改正する法律(昭和47年法律第27号) (html)” (日本語). 衆議院-制定法律. 衆議院 (1972年5月9日). 2013年12月29日閲覧。第3条第3号
  52. ^ 平成4年法律第51号 1992, 第3条.
  53. ^ 時間” (日本語). 独立行政法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター. 2010年11月13日閲覧。
  54. ^ 平成4年法律第51号 1992, 第134条.
  55. ^ 森川容雄「日本の時間・周波数標準制度の変遷 (時間・周波数標準特集) -- (時間・周波数標準の基礎) (PDF) 」 『通信総合研究所季報』Vol.49Nos.1/2 2003年3・6月号、通信総合研究所、東京都小金井市、2003年3月、 30-31頁、 ISSN 0914-9279NAID 40006212876NCID AN100983042013年12月29日閲覧。
  56. ^ 情報通信研究機構 (2005年). “標準時・周波数標準のQ&A 周波数と時刻に関するQ&A - Q 時間の国家標準 (html)” (日本語). 標準時・周波数標準のQ&A. 情報通信研究機構. 2014年1月5日閲覧。
  57. ^ 光格子時計の研究開発状況と応用に関する調査研究 小林拓実、『産総研計量標準報告』 Vol.9, No.4、表1 p.474、2018年6月(この表では、8種類のみを掲載している)
  58. ^ 安田正美、”単位は進化する 究極の精度をめざして”、p.144、「「新たな秒の定義の候補に挙がっている時計は世界で9種類あり、」、DOJIN選書078、株式会社化学同人、2018年8月20日第1版第1刷、ISBN 978-4-7598-1678-5
  59. ^ イッテルビウム光格子時計が新しい秒の定義の候補に -秒の高精度化に貢献する次世代原子時計-、産総研、2012年11月01日
  60. ^ 光格子時計の研究開発状況と応用に関する調査研究 小林拓実、産総研計量標準報告 Vol.9, No.4、p.477、2018年6月
  61. ^ 安田正美、”単位は進化する 究極の精度をめざして”、p.143、「2026年頃に再定義があると見込まれています。」、DOJIN選書078、株式会社化学同人、2018年8月20日第1版第1刷、ISBN 978-4-7598-1678-5
  62. ^ 長期間運転可能なイッテルビウム光格子時計の開発 -新しい「秒」の定義の有力候補の一つとして、国際的な標準時の精度向上に期待-、産総研、2018年09月21日
  63. ^ a b c 臼田孝, 藤井賢一, 保坂一元、単位諮問委員会(CCU)報告」 『計測と制御』 2016年 55巻 12号 p.1103-1108, doi:10.11499/sicejl.55.1103
  64. ^ The revision of the SI—the result of three decades of progress in metrology Michael Stock,et al、"8. The second"、 p.10、Metrologia 56 (2019) 022001 (14pp)、Published 22 February 2019
  65. ^ a b c 細川瑞彦「秒の定義のこれまでとこれから‐単位の定義変遷から見えるもの‐」『大学の物理教育』第14巻第3号、日本物理学会構、2008年、 125-129頁、 doi:10.11316/peu.14.3_1252019年5月28日閲覧。
  66. ^ a b c 久我隆弘. “細かい話で恐縮ですが (PDF)” (日本語). 東京大学大学院総合文化研究科. pp. 4-5. 2010年11月13日閲覧。
  67. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 p.112、産業技術総合研究所、計量標準総合センター
  68. ^ 国際単位系(SI)第9版(2019)日本語版 産業技術総合研究所、計量標準総合センター、p.114、表8、2020年4月
  69. ^ Table 5. Non-SI units that are recognised for use in astronomny.(国際天文学連合)
  70. ^ Shortest time interval measured(英国放送協会、ニュース)
  71. ^ a b c 研究業務内容・標準時 国際原子時・協定世界時とうるう秒” (日本語). 独立行政法人情報通信研究機構 日本標準時プロジェクト. 2010年11月13日閲覧。
  72. ^ 藤本眞克時刻の基準と比較」『応用物理』第61巻第6号、応用物理学会東京都、1992年6月10日、 593頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.61.592ISSN 2188-2290NAID 10006628860NCID AN000266792014年3月29日閲覧。
  73. ^ 虎尾正久「秒の定義の問題 (I)」『日本時計学会誌』第44号、日本時計学会、東京都、1967年12月10日、 40-45頁、 doi:10.20805/tokeieafj.44.0_40ISSN 0029-0416NCID AN001957232014年2月11日閲覧。
  74. ^ a b c 佐分利義和 1983, p. 62, §5.
  75. ^ BIPM 2006b, p. 68, 付録1.
  76. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  77. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。






.psと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.ps」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4で10分足や2時間足などを表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、次の時間足の表示ができます。ティック1分足5分足15分足30分足1時間足4時間足日足週足MT4では、10分足や1...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.ps」の関連用語

.psのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.psのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ps (改訂履歴)、PS (改訂履歴)、PlayStation Plus (改訂履歴)、秒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS