音戸の瀬戸 ギャラリー

音戸の瀬戸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/28 03:43 UTC 版)

ギャラリー

脚注

[ヘルプ]
注釈
出典

関連項目


  1. ^ 約4.5mの櫓がたわむ。
  2. ^ のち1179年(治承3年)頼盛は厳島神社に寄進している[35]
  3. ^ 小早川氏の本姓は桓武平氏良文流土肥氏庶流。
  4. ^ 地元では「日本三大舟唄」と言われている[19]。大阪『淀川三十石舟唄』山形『最上川舟唄』と共に三大舟唄であるとする説もある。
  1. ^ a b c d e f g h 住田正一『浮宝随想』海文堂、1937年、162-166頁。2017年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 嶋田和治「音戸瀬戸における衝突事故と海難防止活動 (PDF) 」 『海と安全 第430号』、日本海難防止協会、1994年11月、2017年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c 狭水道の海難 海難分析集 (PDF)”. 海難審判庁. 2017年1月11日閲覧。
  4. ^ a b c d 開発保全航路”. 国土交通省中国地方整備局. 2017年1月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 第103回 音戸ノ瀬戸と警固屋”. ジャパンナレッジ. 2017年1月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e 山地哲也「PDPC法による海難分析 : 音戸瀬戸を対象として (PDF) 」 『オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学 第41号』、日本オペレーションズ・リサーチ学会、1996年11月1日、 646-651頁、2017年1月11日閲覧。
  7. ^ 裏山惣一「悪条件多き狭水道に船舶が輻輳する伊良湖水道 (PDF) 」 『海と安全 2005年冬号』、日本財団、2005年、2017年1月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 中邨末吉「音戸瀬戸開削の謎 傳説の中の清盛」『月刊くれえばん 2011年8月号』、KMS、2011年。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 下向井龍彦 外5名「音戸瀬戸平清盛開削伝説に関する学際的研究とその地域教材化 (PDF) 」 『平成17年度地域活性化研究』、呉地域オープンカレッジ、2005年、2017年1月11日閲覧。
  10. ^ 「海の道」の近世 (PDF)”. 広島県立文書館. 2017年1月11日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j 下向井龍彦「地名が歴史を顕わす」『月刊くれえばん 2011年8月号』、KMS、2011年、2017年1月11日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g 呉新興日報社『大呉市民史. 明治篇』、1943年、644-646頁。2017年1月11日閲覧。
  13. ^ a b 瀬戸内海の潮流と潮汐について(潮流編)”. 日本財団図書館. 2017年1月11日閲覧。
  14. ^ 「音戸ノ瀬戸」の潮流について”. 海上保安庁. 2017年1月11日閲覧。
  15. ^ a b 音戸大橋(おんどおおはし)”. 広島県. 2017年1月11日閲覧。
  16. ^ 海上衝突予防法 周知状況の調査結果 (PDF) 」 『海と安全 昭和54年2月号』、日本財団、1979年、2017年1月17日閲覧。
  17. ^ a b 音戸瀬戸の航法”. 海上保安庁呉海上保安部. 2017年1月11日閲覧。
  18. ^ a b c 音戸の渡し”. ひろしま観光ナビ. 2017年4月4日閲覧。
  19. ^ a b c d e f 300年渡船 存続へ針路”. 朝日新聞 (2016年1月5日). 2017年1月11日閲覧。
  20. ^ 三宅本店 > プロローグ”. 地酒蔵元回. 2017年1月18日閲覧。
  21. ^ a b 音戸の舟唄(おんどのふなうた)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  22. ^ a b 音戸大橋 (PDF)”. 広島県パンフレット. 2017年1月11日閲覧。
  23. ^ 第二音戸大橋(だいにおんどおおはし)”. 広島県. 2017年1月11日閲覧。
  24. ^ 日本一短い航路、住民が支援 経営難の音戸渡船”. 中国新聞 (2010年2月1日). 2017年1月11日閲覧。
  25. ^ 平清盛ゆかりの地・呉市音戸町の蔵元・榎酒造から『特別純米酒 清盛』登場!”. 日本名門酒会. 2017年1月11日閲覧。
  26. ^ 瀬戸内海の歴史””. 瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会. 2017年1月11日閲覧。
  27. ^ a b <倉橋島>造船 隆盛の歴史残す”. 読売新聞 (2015年9月20日). 2017年1月11日閲覧。
  28. ^ a b 木戸俊久「呉歴史検定 問題と解説」『月刊くれえばん 2012年10月号』、KMS、2011年。
  29. ^ a b c d 福智義一『日本沿岸遊覧案内』厚生堂、1918年、34-38頁。2017年1月11日閲覧。
  30. ^ 伝清盛塚”. 広島県教育委員会. 2017年1月11日閲覧。
  31. ^ a b 音戸の清盛松(おんどのきよもりまつ)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  32. ^ a b c d e f g 日招き伝説に恋慕説? “音戸の瀬戸”開削の謎 ~呉市警固屋・高烏台~”. リビングひろしま. 2017年1月11日閲覧。
  33. ^ 亀山神社の歴史”. 亀山神社. 2017年1月11日閲覧。
  34. ^ 中学生パワーを吸収しました!”. RCCラジオ 見てみてラジオカー. 2017年1月11日閲覧。
  35. ^ 沢井常四郎『芸備の荘園』三原図書館、1941年、51頁。2017年1月11日閲覧。
  36. ^ 小野地健「「日招き伝承」考 (PDF) 」 『人文研究 (神奈川大学人文学会)158巻 >』、神奈川大学、2005年、2017年1月11日閲覧。
  37. ^ 平清盛と神戸 経ヶ島(きょうがしま)”. 神戸市. 2017年1月11日閲覧。
  38. ^ a b 濱田敏彦「海・島が織りなす瀬戸内海の歴史 ~芸備地方を中心に~」『教育学術新聞 第2299号』、日本私立大学協会、2008年、2017年1月11日閲覧。
  39. ^ a b 下向井龍彦「第三章 中世の呉」『呉市制100周年記念版 呉の歴史』、呉市史編纂委員会、2011年。
  40. ^ a b c d e f g h i 下向井龍彦『音戸町誌 第3節 中世の音戸』音戸町誌編纂検討委員会、2005年。
  41. ^ 宮地嘉六『或る職工の手記』聚英閣、1920年、95-98頁。2017年1月11日閲覧。
  42. ^ a b 西亀正夫「呉市の前面、その経済形態の特相 (PDF) 」 『地球 第18号』、(京都大学)、1932年、2017年1月11日閲覧。
  43. ^ a b 高烏砲台跡”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  44. ^ 高烏砲台案内板 (説明板). 音戸の瀬戸公園: 呉市. 
  45. ^ 呉沖海空戦”. 呉戦災を記録する会. 2017年1月11日閲覧。
  46. ^ 音戸の舟唄保存会(おんどのふなうたほぞんかい)”. ポーラ伝統文化振興財団. 2017年1月11日閲覧。
  47. ^ 歌詞は著作権消滅、歌曲のみJASRACが全信託。著作権に関するデータはJASRACの作品データベース検索サービスにて確認。
  48. ^ a b c d 音戸清盛祭 ”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  49. ^ a b c d 音戸清盛祭(おんどきよもりまつり)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  50. ^ a b ふるさと歴史散歩 平清盛ゆかりの地”. リビングひろしま. 2017年1月11日閲覧。
  51. ^ 児童ら満を持し、音戸清盛祭”. 47NEWS. 2017年1月11日閲覧。
  52. ^ 音戸清盛太鼓(おんどきよもりだいこ)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  53. ^ a b 君よ 今昔之感 如何(きみよ こんじゃくのかん いかん )”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  54. ^ a b c d e 青銅(せいどう)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  55. ^ 葛原繁歌碑”. ひろしま観光ナビ. 2017年1月11日閲覧。
  56. ^ 島(しま)”. ひろしま文化大百科. 2017年1月11日閲覧。
  57. ^ おんど観光文化会館 うずしお”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  58. ^ 警固屋旧跡 遺跡探訪マップ1 (PDF)”. 音戸うずしお温泉. 2017年1月11日閲覧。
  59. ^ a b 音戸の瀬戸公園”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  60. ^ 高烏砲台跡”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  61. ^ 旧高烏砲台火薬庫(入船山記念館)”. 呉市. 2017年1月11日閲覧。
  62. ^ a b c 第2音戸大橋に眺望歩道橋”. 中国新聞 (2012年12月24日). 2017年1月11日閲覧。
  63. ^ “音戸の瀬戸の灯籠よみがえる”. 中国新聞. (2009年1月9日) 


「音戸の瀬戸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「音戸の瀬戸」の関連用語

1
36% |||||

2
18% |||||


4
16% |||||


6
12% |||||


8
12% |||||


10
12% |||||

音戸の瀬戸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音戸の瀬戸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音戸の瀬戸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS