金 名称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/09 04:06 UTC 版)

名称

元素記号Auは、ラテン語で金を意味する aurum に由来する[6]大和言葉で「こがね/くがね黄金: 黄色い金属)」とも呼ばれる。

日本語では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(すなわちお金)である。金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「黄金時代」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。「金属」や「金物」(かなもの)といった単語に金の字が含まれるように、古くから金属全体を代表する物質として見られた。

性質

原子番号は79であり、貴金属としては最も大きい[注釈 1]。 金は単体では金色と呼ばれる光沢のあるオレンジがかった黄色の金属であるが、非常に細かい粒子状(金コロイド)にするとルビー色に見える場合があり、時には色になる。これらの色は金のプラズモン周波数によるもので、主に黄色と赤色を反射して、青色を吸収する。このため、薄い金箔を光にかざすと、反射と吸収の谷間にあたる緑色に見える。化合率が低めだが、合金が多く、頻繁に色が変わってしまう。

展延性

展性・延性に優れ、最も薄く延ばすことができる金属である。1グラムあれば数平方メートルまで広げることができ、長さでは約3000メートルまで延ばすことができる。平面状に延ばしたものを「金箔」(きんぱく)、金箔を和紙に貼って細く切るなど糸状に装飾しやすくしたものを「金糸」(きんし)と呼ぶ。華美な衣装を作るために、金糸は綿など一般的な繊維素材と併用される。逆に大きな展延性が精密加工時や加工後の製品では、耐久性が悪いという弱点にもなる。かつてよく行われていた金メダル噛むという行為は、歯型が付くほどの展延性を持つ金であることを確かめる行為だったことに由来する(現代の金メダルは純金ではないので歯型は付かない)。

合金

金は柔らかく、宝飾品などの工業製品とするには加工がしにくいため、合金にする。合金にすれば硬度を上げることができ、イエローゴールドやピンクゴールドなどといった、変化に富んだ色調を生み出すことができる。

ちなみに、合金を作る際に混ぜる金属は、割り金と呼ばれ、例えばを混ぜると赤っぽくなるほか、は緑、アルミニウムは紫になる。他にも、ガリウムインジウムは青、パラジウムニッケルは白、ビスマスが混ざった物では黒味を帯びた色調になるなど、色の変化に富む。

自然に存在する金には通常、10%程度の銀が含まれており、銀の含有率が20%を超える物はエレクトラム、青金または琥珀金と呼ばれる。さらに銀の量を増やしていくと、色は次第に銀白色になり、比重はそれにつれて下がる。

なお、金合金における金の含有率を品位といい、千分率もしくはカラット(K)で表される。

熱伝導、電気伝導、反応性

金は熱伝導電気伝導ともに優れた性質を持ち、空気では浸食されない。熱、湿気酸素、その他ほとんどの化学的腐食(通常のアルカリ)に対して非常に強い。そのため、貨幣の材料や装飾品として古くから用いられてきた。

一方、金はある特殊な条件下で化合物を生成する。

ハロゲン
塩素を発生する王水ヨウ素を含むヨードチンキは金を溶かすことができる。
錬金術記号で金を表す記号

金は、美しい光沢を含めて有用な性質を多く持つ。また精錬の必要がない単体の金そのままで自然界に存在しているため、精錬が必要ななどよりも早く人類が利用していた金属とされる。しかし産出は非常に限られていたため、有史以前から貴重な金属、貴金属として知られていた。また、そのままでは金として利用できない金鉱石であっても、アマルガム法や灰吹法などの冶金法によって取り出すことができた[7]

長い年月を経ても変化しない金の性質は神秘性を産み、不老不死との関連としても研究された。占星術においては、中心に点が描かれた円の記号は太陽を表すと同時に金も表し、これは古代エジプトヒエログリフにも見られる。このように、金は歴史とともに利用価値の高さゆえの豊かさと富の象徴であり、金そのものや鉱山(金鉱や金山)の所有、採掘の権利などを巡る争奪・紛争が、個人間から国家間の規模に至るまでしばしば引き起こされた。

紀元前

金は紀元前3000年代に使われ始めた。最古の金属貨幣は紀元前7 - 6世紀(紀元前670年ごろ)にリディアアリュアッテス2世王により造られたエレクトロン貨で、天然の金銀合金に動物や人物を打刻している。金は中国で時代に已に装飾品として使われ、春秋戦国時代には貨幣や象嵌材料として使用された。

古代エジプトヒエログリフでは、紀元前2600年ごろから金についての記述が見られる。ミタンニの王トゥシュラッタが、通常は粒として請求をしている。エジプトとヌビアは、史上でも有数の金産出地域である。『旧約聖書』でも、金について多く触れられている。黒海の南西部は、金の産出地として名高い。金を利用した物としては、ミダスの時代にまで遡ると言われている[誰によって?]。この金は、前述のリディアでの世界で初めての貨幣成立(エレクトロン貨)に大きく影響をおよぼしたと言われている。

日本

日本での古代の金製品は福岡県志賀島にて発見された漢委奴国王印などがある。古墳時代には奈良県東大寺山古墳出土の「中平」銘鉄剣や埼玉県稲荷山古墳出土の「辛亥」銘鉄剣など、鉄地に線を彫って金線を埋め込んだ金象嵌があった。

奈良時代までの日本は金を産出せず、供給は朝鮮半島新羅高句麗からの輸入に頼っていたことから、東大寺盧舎那仏像の建立に合わせ、鍍金のために全国で探索が行われていた。天平21年(749年)に涌谷で金が採掘され陸奥国守の百済王敬福が鍍金料として金900両(約13kg)を献上すると[8]聖武天皇は神仏の奇跡であるとして天平から天平感宝へ改元した。これ以降は状況が一変し、8世紀後半からは逆に渤海、新羅などへ輸出され、遣唐使の滞在費用として砂金が持ち込まれることで、後の「黄金の国」のイメージの原型が形作られた。

平安時代後期には金の産地となっていた奥州を掌握した奥州藤原氏によって、産金による経済力を背景に、平泉が平安京に次ぐ日本第二の都市にまで発展した。砂金は平安京北宋沿海州などとの貿易に使用された。奥州産の金をふんだんに使用した中尊寺金色堂は、マルコ・ポーロが『東方見聞録』で 紹介した黄金の国ジパングのモデルになったともされる。

豊臣政権江戸幕府は金山への支配を強め、金を含有した大判小判を発行した。

(関連:金相場会所御定相場

1937年(昭和12年)日中戦争が始まると戦時経済体制の強化が進められる中で、国民の金献納運動が行われた。さらに同年12月には九金(金の品位1000分中376)以上の大部分の金製品は原則製造禁止に、さらに翌1938年(昭和13年)8月20日からは対象を品位を問わず全ての金製品に拡大。金製品を製造する場合には大蔵大臣の許可が要することとされた[9]

世界

コロンブスのアメリカ州到達以来、探検家や征服者(コンキスタドール)によって行われたアメリカ原住民(インカ帝国など)からの金の強奪は膨大な量に上った。特に中央アメリカ南米大陸ペルーコロンビアを原産とする物が多い。それらは金と銅の合金で作られており、スペイン人たちはTumbagaと呼んでいた。金への欲望を募らせたヨーロッパ人は、金鉱あるいは採掘済みの金があると信じたエル・ドラード(黄金郷)を探し求めて南米奥地に分け入ったが、現在に至るまで該当する土地は見つかっていない。

大航海時代以降には、日本近くにあると信じられた金銀島も探索の対象となった。

1848年アメリカ合衆国では、ゴールドラッシュと呼ばれる、金採掘を目的としたカリフォルニア州への大規模移民が起きた。同様の現象は、現在までにアメリカ国外を含めてしばしば発生している。

1899年から1901年まで南アフリカで起きたボーア戦争は、イギリスボーアの鉱山労働者の権利や金の所有権に関する争いである。

資産価値と金本位制

金本位制に基づくスカンジナビア通貨同盟圏で使用された金硬貨。左側のコインはスウェーデン、右側のコインはデンマークのもの。

歴史上の評価を総括するならば、金は最も価値のある金属と考えられてきた。また純粋、価値、特権階級の象徴としてもとらえられてきた。これは、金が他の金属と比較して年代を経ても基本的な性質を損なわず、価値を保存する性質に優れていたことが大きな理由である。したがって、その後発展した多くの通貨制度においても、金は最も上位に位置する基準とされてきた(金本位制)。

ほとんどの国が管理通貨制度に移行した現代でも、多くの中央銀行や政府が、財務的な信用力を確保するため資産の一部を地金として保有している[10]

また金の先物取引などは、個人からヘッジファンドなどのトレーダーに至るまで投資の一手段とされている。さらに資産の一部を金地金や金貨、金装飾品で保有する個人もいる[11]

2004年11月、ロンドン金価格に連動するETF(上場投資信託)が誕生し、一般投資家が金地金の現物を購入・保管する手間やコストなく投資可能となったことで需要が増大した。

金は「安全資産」と看做されており、世界経済や国際情勢への不安感が増したり、金利が低下して、金利を生まない金を保有するデメリットが薄れたりすると金価格は上昇する傾向がある。金の国際相場最高値は、2011年に1トロイオンス1900ドルを超え、2020年に新型コロナウイルス感染症の影響で2000ドルを突破。日本国内では新型コロナウイルス感染症の影響で2020年4月13日、1グラム6513円と従来の最高値(消費税導入前の1980年1月に付けた6495円)を超えた[12]

金の採掘は比較的容易であり、1910年からこれまでに、究極可採埋蔵量のうち75%ほどの金が産出されてきたと考えられている。地質学的に、地球上にある採掘可能な金の埋蔵量は、一辺が20 mの立方体に収まる程度と考えられている。

金と錬金術・科学

こうして金が財力として価値が見いだされると、新たに金を採掘するよりも容易に金が得られる技術の開発が試みられた。金そのものの性質を調べることに加え、それまでの冶金術を元に、身近な金属や物質から金を作り出す研究が盛んに行われ、これは錬金術として確立した。占星術からの引用で太陽を表す記号で金も表し、金を生み出すことができるとされた物質には賢者の石の名を与えた。錬金術師達により賢者の石を作ることに多くの努力がなされ、その試みの全ては失敗に終わったが、得られた多くの成果はその後の化学物理学の基礎となった。

現代では原子核物理学宇宙物理学の発展により、鉄(原子番号26)より重い元素核種は、中性子捕獲ベータ崩壊によって作られることがわかっている。この過程を解明するための再現実験で、金よりも原子番号が一つ大きい水銀(原子番号80)の安定核種に中性子線を照射すると放射性同位体が生成され、これがベータ崩壊することで金の同位体が得られる。ただし、これらは安定核種ではない(放射能を持つ)上に、実用に耐えうる十分な量の金を求めるのなら長い年月と膨大なエネルギーが必要であり、得られる金の時価と比べると現実的でない。


注釈

  1. ^ 同じ第11族元素であるレントゲニウムは、単体金属としては未確認であり、有用的に用いられた例はなく現在は貴金属には含めない。
  2. ^ 1999年5月のアメリカ合衆国上院銀行委員会で、当時のFRB議長であったグリーンスパンは「金(ゴールド)の、売却はいたしません。ゴールドは究極の通貨だからです」と述べている。
  3. ^ 魏志高柔伝』『捜神記』『馬嵬行』などに用例が見られる。

出典

  1. ^ 中性子星合体は金、プラチナ、レアアース等の生成工場|国立天文台(NAOJ)”. 国立天文台(NAOJ). 2022年5月17日閲覧。
  2. ^ 松村武宏. “金はどこで作られるのか? 中性子星の役割は過大評価されていた可能性”. sorae 宇宙へのポータルサイト. 2022年5月17日閲覧。
  3. ^ 日本, Sputnik (20171127T0602+0900). “金の起源の秘密が明かされる” (jp). Sputnik 日本. 2022年5月17日閲覧。
  4. ^ 地球の金は隕石群が運んだ?”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年5月17日閲覧。
  5. ^ Currency codes - ISO 4217”. 国際標準化機構. 2015年10月25日閲覧。
  6. ^ 桜井弘『元素111の新知識』講談社ブルーバックス、1998年、322頁。ISBN 4-06-257192-7 
  7. ^ 甲斐黄金村 灰吹法の歴史
  8. ^ 涌谷町/みちのくの金の話”. www.town.wakuya.miyagi.jp. 2022年9月18日閲覧。
  9. ^ 九金以下も大蔵大臣の許可が必要に『東京朝日新聞』(昭和13年8月19日夕刊)『昭和ニュース辞典第6巻 昭和12年-昭和13年』p125 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  10. ^ 「世界の中銀、金保有を加速 通貨の信用力維持へ」日本経済新聞』ニュースサイト(2017年10月5日)2018年4月7日閲覧。
  11. ^ 「中国で金製品が空前の売れ行き、市場価格高騰で」フランス通信社(2008年4月4日)2018年4月7日閲覧。
  12. ^ 【多面鏡】コロナ危機写す国内金最高値 米ゼロ金利も相場「支え」『日本経済新聞』朝刊2020年4月14日(マーケット商品面)2020年5月15日閲覧。
  13. ^ 中性子星合体は金、白金、希土類等の生成工場 |publisher=国立天文台|date=2014-07-01
  14. ^ 赤塚, 正志. “金めっきに潜む 問題点”. 赤塚正志によるプリント基板のやさしい教科書 プリント基板の基礎入門 カテゴリー: 目からウロコの 鉛フリーのお話. 2024年4月26日閲覧。
  15. ^ 電磁シールドを有する航空機のコックピット窓、航空機 WO 2011132349 A1
  16. ^ T. Ishida, M. Haruta, Angew. Chem. Int. Ed. 2007, 46, 7154.
  17. ^ a b c d e ゴールド・デマンド・トレンド 2012年第2四半期 World Gold Council
  18. ^ 「純金の輝き 塗るだけで/フェクト、特殊塗料開発/美術品などの修復向け」日経産業新聞』2018年6月19日(環境・エネルギー・素材面)2018年6月20日閲覧
  19. ^ 伊藤銀月 編『科学新潮』 「紫色金の話」
  20. ^ a b ジュエリー及び貴金属製品の素材等の表示規定(pdf)
  21. ^ 仏壇公正競争規約
  22. ^ 蛍光X線分析法等を用いた金製品の判別について - 関税中央分析所報 第 54 号(pdf)
  23. ^ 平成19年の犯罪情勢 - 警察庁(pdf)
  24. ^ Bisht, R. S. (1982). “Excavations at Banawali: 1974-77”. In Possehl, Gregory L.. Harappan Civilization: A Contemporary Perspective. New Delhi: Oxford and IBH Publishing Co.. pp. 113–124 
  25. ^ a b c 日本放送協会. “温泉から「金」取り出す特殊な方法を開発 研究チーム | NHK”. NHKニュース. 2022年12月11日閲覧。
  26. ^ 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構 (World Metal Statistics) PDF
  27. ^ ワールドゴールドカウンシル発表
  28. ^ 二宮書店『地理統計要覧 2012年版』
  29. ^ Garimpo Lexico - acessado em 3 de outubro de 2015
  30. ^ The elite soldiers protecting the Amazon rainforest(BBC)
  31. ^ 日本放送協会. “ゴールドラッシュおきるか 深海に眠る金鉱脈|NHK”. NHK NEWS WEB. 2022年12月11日閲覧。
  32. ^ "Long Term persistence of cyanide species in mine waste environments", B. Yarar, Colorado School of Mines, Tailings and Mine Waste '02, Swets & Zeitlinger ISBN 90-5809-353-0, pp. 197 (Google Books)
  33. ^ Filipino Gold Miner’s Borax Revolution (Memento vom 13. 10月 2016 im Internet Archive), Website des Blacksmith Institute, März/April 2012.
  34. ^ 貴金属の回収方法” (英語). 2022年1月21日閲覧。
  35. ^ 常翔学園GFMS GOLD SURVEY 2015 - 田中貴金属工業株式会社
  36. ^ 朝倉慶 『恐慌第2幕 – 世界は悪性インフレの地獄に堕ちる』ゴマブックス 2009年
  37. ^ (物質・材料研究機構「わが国の都市鉱山は世界有数の資源国に匹敵」)
  38. ^ a b c 『最新図解 元素のすべてがわかる本』、218頁。
  39. ^ アレルギー性皮膚疾患の検査薬 (PDF) 医薬品医療機器情報提供ホームページ
  40. ^ a b 原田登由, 曽和順子, 鶴田京子, 赤松浩彦, 松永佳世子「歯科金属が原因と考えられた扁平苔癬」『皮膚の科学』第2巻第5号、日本皮膚科学会大阪地方会・日本皮膚科学会京滋地方会、2003年、443-447頁、CRID 1390001205190718976doi:10.11340/skinresearch.2.5_443ISSN 1347-1813 
  41. ^ 毒物・劇物リスト - 物質構造科学研究所公式サイト内のページ
  42. ^ Gold biomineralization by a metallophore from a gold-associated microbe Nature Chemical Biology
  43. ^ ブリタニカ国際大百科事典』小項目事典「金中毒」



金曜日

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/26 02:07 UTC 版)

金曜日(きんようび)または金曜(きんよう)は、木曜日土曜日の間にあるの1日。


  1. ^ S・ベアリング=グールド 著、今泉忠義 訳『民俗学の話』角川書店角川文庫〉、1955年、65頁。 
  2. ^ マルコによる福音書』15:42.
  3. ^ 「Fish day」『世界大百科事典』内のFish dayの言及【魚】よりコトバンク、2020年3月26日閲覧。
  4. ^ キリストの磔刑#十字架刑」参照。
  5. ^ 玉村豊男は『食卓は学校である』(集英社新書 2010年)pp.184-187「カーニバルの意味」で「いまでも特定の共同体に属する人びとに昼食を提供するような施設では、金曜日のメニューには肉料理がありません」といい、「一般の家庭ではもう気にかける人もほとんどいなくなったようですが、ひと昔前までは、金曜日だけはステック・フリットの代わりにたとえばブランダードという、干ダラの身をほぐしてミルクでぐずぐず煮込んだ魚料理などを家で食べる人がかなりいたようです」という。
  6. ^ 大斎」参照。
  7. ^ 62:9 おお、信じた者よ、[アダーン] がジュムア [金曜日] の日に祈りを求められたら、アッラーを念じて商売をやめなさい。あなただけが知っていれば、それはあなたにとってより良いです。
  8. ^ アルバム・シングル発売日、世界で金曜日に統一 トムソン・ロイター 2015年7月10日配信、8月10日閲覧
  9. ^ 東日本旅客鉄道(JR東日本)の資料によると金曜日には57.6%の生活者が店舗利用をしており、同じ平日でも月曜日より多くの人が消費行動を行っている結果が出ている。出典:駅を中心とする移動と消費に関する調査研究 (PDF)
  10. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』各当該路線のページを参照
  11. ^ 「金曜ダイヤ」とは? 「ゆいレール」が新設、背景に沖縄特有の事情が”. 乗りものニュース (2017年7月28日). 2017年12月2日閲覧。
  12. ^ 渋滞が起きやすい時間帯を避ける! − 首都高ドライバーズサイト
  13. ^ 大阪府域における曜日別・月別交通渋滞発生状況 (PDF) - 大阪府
  14. ^ 熊本市中心部の交通渋滞実態調査 (PDF) - 地方経済総合研究所
  15. ^ 写メ・ハナキン…、「おじさん言葉」受け流し術”. 東洋経済オンライン. 2019年9月16日閲覧。


「金曜日」の続きの解説一覧




金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「金」に関係したコラム

  • CFDの金取引とは

    取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。の現物取引は、ロンドン市場で1日に2回取引が行われ、価格が決定されます。これをフィキシングプライスといいます。一方、の先物市場は、ニューヨー...

  • FXのXAUやXAGとは

    FX(外国為替証拠取引)のXAUは、の通貨コードのことです。XAUは、貴属証拠取引で用いられているコードです。XAUは、国内外の一部のFX業者で取引が可能です。また、XAGは、銀の通貨コードの...

  • CFDの取引で配当金を受け取るには

    CFDの取引で配当を受け取るには、株式取引で買い建てをした場合です。もちろん、保有銘柄が株主配当を行っている場合に限ります。配当は、権利確定日の取引終了日に買い建玉を保有していることが条件になりま...

  • 株365の相場と金相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠取引、DAX証拠取引、FTSE100証拠取引、FTSE中国25証拠取引の4銘柄と相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとにな...

  • 株365に上場している銘柄のチャートを表示するには

    株365に上場している銘柄は、日経225証拠取引、DAX証拠取引、FTSE100証拠取引、FTSE中国25証拠取引の4つの銘柄です。ここでは、これらの銘柄のチャートをExcelを使って表示する...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金 (改訂履歴)、金曜日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS