楽器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 楽器 > 楽器 > 楽器の意味・解説 

楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 23:00 UTC 版)

楽器(がっき、: musical instrumentあるいは単に: instrument[1][注 1])とは一般的には「音楽素材としてのを発するための道具の総称[2]」「音楽に使用される音を出す器具[3]」とされる。


  1. ^ 英語で「instrument」だけでも楽器を指しうるので、たとえば歌詞カードでも「All Other Instruments(その他全ての楽器)」「All Instruments(全ての楽器)」「Other Instruments(その他の楽器)」といった表記がされることになる。
  2. ^ 「楽器は一般的には「音楽のための道具であり、そのために音を出すもの」である。ただし楽器は必ずしも音楽のためだけに使われるものではない。合図を発するため、あるいは猛獣を避けるために音を鳴らすのも楽器である。したがって楽器とは『を発するための道具』とするのが妥当である。」[要出典]
  3. ^ ちなみに、日本の古代を研究する考古学領域では、近畿地方を中心とする遺跡から出土する銅鐸について、「祭祀に用いられるのような楽器であった」とする説が有力である。
  4. ^ 例えば(ピアノ式の手鍵盤をもつ)「鍵盤楽器」の指遣いはどの楽器でも同じであるため、ピアノの奏者は、HS分類では異なる種類に分類されるオルガンや鍵盤ハーモニカ、電子キーボードなども問題なく弾ける。「金管楽器」であれば、呼吸器が弱い人は不利だと想像できる。
  5. ^ ただし、電気を用いる楽器ではこれを可能にする例も存在する。
  1. ^ Oxford Dictionary "instrument 3."
  2. ^ a b 下中直也(編) 『音楽大事典』 全6巻、平凡社、1981年
  3. ^ 『音楽中辞典』 音楽之友社、1979年
  4. ^ 守重(2015),p.19-20
  5. ^ クルト・ザックス(著) 柿木悟郎(訳) 『楽器の歴史(上)』 全音楽譜出版社、1965年、ISBN 4-11-800011-3
  6. ^ 守重(2015),p.21


「楽器」の続きの解説一覧




楽器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楽器」の関連用語

楽器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



楽器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの楽器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS