世界 国際機関・組織

世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 03:01 UTC 版)

国際機関・組織

現在活動中の主な国際機関・国際組織・非政府組織

NGO(非政府組織)

その他

  • 1960〜1980年代の日本で、世界的な名声を得た日本人に対し、「世界の○○」という呼び名がよく用いられた。「世界の王」(王貞治)、「世界の馬場」(ジャイアント馬場)、「世界のミフネ」(三船敏郎)、「世界のナベサダ」(渡辺貞夫)など。これを元ネタにしたのが世界のナベアツである。

  1. ^ a b c d e f g h i j k 広辞苑第5版
  2. ^ a b c d e 広辞林 第五版
  3. ^ a b c d e f g h 岩波 哲学思想事典、1988年 pp.933-934【世界】
  4. ^ マテオ・リッチの『坤輿万国全図』がもとになっていることが多い。岡山市妙覚寺所蔵の『世界図屏風』は岡山県指定の有形文化財となっている。
  5. ^ 堺屋『東大講義録』(2003)、同『堺屋太一が説くチンギス・ハンの世界』(2006)ほか


「世界」の続きの解説一覧





世界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「世界」に関係したコラム

  • CFDのCO2排出権取引とは

    CO2排出権取引とは、欧州エネルギー取引所やBlue Nextなどで取引されているEUA(EU Allowance)先物に連動する銘柄の取引のことです。CFDのCO2排出権の価格は、「気候変動に関する...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • FXの為替レートを変動させるロンドンフィキシングとは

    ロンドンフィキシング(London Fixing)とは、マーケットメイカーがイギリスのロコ・ロンドン金市場で金の値決めをすることです。ロコ・ロンドン金市場は、世界各国のマーケットメイカーの集まる最大級...

  • FXの取引時間はいつからいつまでか

    そもそもFX(外国為替証拠金取引)には、証券取引所や先物取引所のように取引所がなく、インターバンクという仮想(バーチャル)の取引所を通じて取引が行われています。取引を行う市場をインターバンク市場と呼び...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「世界」の関連用語

世界のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



世界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS