パルミチン酸レチノール パルミチン酸レチノールの概要

パルミチン酸レチノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 10:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
パルミチン酸レチノール
識別情報
CAS登録番号 79-81-2 チェック
PubChem 5280531
ChemSpider 10618934 チェック
UNII 1D1K0N0VVC チェック
ChEMBL CHEMBL1675 ×
特性
化学式 C36H60O2
モル質量 524.86 g/mol
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
0
0
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

生体で利用される形態のビタミンAで、ビタミンA強化食品として追加されたり、化粧品や日焼け止めに配合されている。

生体

ヒトの皮膚ではレチノール(ビタミンA)は、主にこのパルミチン酸レチノールの形で蓄えられている[1]。このことは日焼け止めに使われたパルミチン酸レチノールも同じ特徴を持つということになる[1]紫外線A波とB波は、人間の皮膚のビタミンAを減少させるが、パルミチン酸レチノールよりレチノールの方が光学的に不安定で破壊されやすい[2]

皮膚に塗ったパルミチン酸レチノールは皮膚から吸収されてレチノールに変換され、最終的にレチノイン酸となる[2]

利用

パルミチン酸レチノールは、ビタミンAの健康食品における酢酸レチノールの合成代替物で、油状または乾燥物が利用可能である。ビタミンA欠乏症のために経口および注射の製品が利用できる。Ursapharmはドライアイ用の点眼薬。

ビタミンA強化食品として朝食用シリアルや牛乳に使用されている[1]。ビタミンAの前形態であるため推奨栄養所要量 (RDA) を超えてはいけない。過剰摂取は生理的な有害反応(ビタミンA過剰症英語版)を引き起こす。[3]ビタミン過剰症#ビタミンA過剰症

パルミチン酸レチノールは、外用のスキンケア製品の成分としても用いられる[4]。パルミチン酸レチノールの日焼け止めはSPF20程度の効果がある[5]。1981年に102の化粧品製品に配合され、1992年に355、2004年に700以上[2]


  1. ^ a b c d e Burnett ME, Wang SQ (2011年4月). “Current sunscreen controversies: a critical review”. Photodermatol Photoimmunol Photomed (2): 58–67. doi:10.1111/j.1600-0781.2011.00557.x. PMID 21392107. https://doi.org/10.1111/j.1600-0781.2011.00557.x. 
  2. ^ a b c Fu PP, Cheng SH, Coop L, et al. (2003年11月). “Photoreaction, phototoxicity, and photocarcinogenicity of retinoids”. J Environ Sci Health C Environ Carcinog Ecotoxicol Re (2): 165–97. doi:10.1081/GNC-120026235. PMID 15845224. 
  3. ^ ビタミンA - (オレゴン州大学・ライナス・ポーリング研究所)
  4. ^ Babamiri K, Nassab R (2010年1月). “Cosmeceuticals: the evidence behind the retinoids”. Aesthet Surg J (1): 74–7. doi:10.1177/1090820X09360704. PMID 20442078. https://doi.org/10.1177/1090820X09360704. 
  5. ^ Antille C, Tran C, Sorg O, Carraux P, Didierjean L, Saurat JH (2003年11月). “Vitamin A exerts a photoprotective action in skin by absorbing ultraviolet B radiation”. J. Invest. Dermatol. (5): 1163–7. doi:10.1046/j.1523-1747.2003.12519.x. PMID 14708621. https://doi.org/10.1046/j.1523-1747.2003.12519.x. 
  6. ^ a b Johnson W (2017年). “Retinol and Retinyl Palmitate”. Int. J. Toxicol. (5_suppl2): 53S–58S. doi:10.1177/1091581817716657. PMID 29025343. https://doi.org/10.1177/1091581817716657. 
  7. ^ Possible link between ingredient in sunscreen and skin cancer: Schumer”. New York Daily News (2010年6月14日). 2018年12月30日閲覧。
  8. ^ a b Wang, SQ; Dusza, SW; Lim, HW (2010年). “Safety of retinyl palmitate in sunscreens: a critical analysis.”. Journal of the American Academy of Dermatology 63 (5): 903–6. doi:10.1016/j.jaad.2010.07.015. PMID 20692724. 
  9. ^ Vitamin A Data Hits a Nerve in the Sunscreen Industry”. Southeast Green. 2018年12月30日閲覧。
  10. ^ 米国国家毒性プログラム. (2012). NTP technical report on the photocarcinogenesis study of retinoic acid and retinyl palmitate [CAS Nos. 302-79-4 (All-trans-retinoic acid) and 79-81-2 (All-trans-retinyl palmitate)] in SKH-1 mice (Simulated solar light and topical application study). Available at http://ntp.niehs.nih.gov/ntp/htdocs/LT_rpts/TR568_508.pdf. Accessed September 19, 2013.
  11. ^ (pdf) Safe vitamin A dosage during pregnancy and lactation, 世界保健機関, (1998), http://whqlibdoc.who.int/hq/1998/WHO_NUT_98.4_eng.pdf .


「パルミチン酸レチノール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パルミチン酸レチノール」の関連用語

パルミチン酸レチノールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パルミチン酸レチノールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパルミチン酸レチノール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS