スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホ 歴史

スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 05:22 UTC 版)

歴史

アングルシー侯爵の円柱英語版ワーテルローの戦いでの初代アングルシー侯爵ヘンリー・パジェットの英雄的行為をたたえて作られた。トーマス・ハリソン英語版設計。高さは27メートルで、アングルシー島とメナイ海峡を見渡すことができる。

村のある地域では、新石器時代(紀元前4千年 - 紀元前2千年)以降に人間が活動、居住してきた。初期の大半は自給自足農業英語版漁業が最も一般的な生業だった。アングルシー島は当時メナイ海峡を船で渡るしか到達する手段がなかった。大部分が破壊され、崩壊した支石墓がこの時代から見出される(現在の教会の北側のティ・マウル Ty Mawrに位置する)。初期のイギリス陸地測量部英語版の地図はこの場所に石塚を示している[10]。断片的な土手と溝が残る丘上集落の推定跡がクライグ・ア・ジナス(Craig y Ddinas)と呼ばれる露頭上に記録されている[11]

この地域は短期間ガイウス・スエトニウス・パウリヌスに率いられたローマ人によって侵略、占領された。その後、ブーディカに対して戦力を集中させるために一時的に放棄され、ローマン・ブリテンの終焉までローマ人による支配が続いた。

ローマ軍の撤退により、この地域は初期中世グゥイネッズ王国英語版の支配下に置かれた。ここには、おそらく7世紀以来、小さなキリスト教の宗教的な場所、おそらく修道院の独居房(en:Monastic cell)があったと考えられる[12]中世後期の調査によると、当時知られていたプゥスグゥインギス(Pwllgwyngyll)町区の住人は、封建制度の下でバンゴ司教英語版から合計9ボベート英語版の土地を所有していたことが示されている[13]。教会は、おそらくノルマン人の影響を受けて、中世の間に築かれ、聖母マリアに捧げられた。後に取り壊され、ヴィクトリア朝時代の教会に取って代わられたこの建物は、大聖堂の特徴である半円形のアプスを持つという珍しいものであった[14]。宗教的活動にもかかわらず、田舎であったため、この小教区の1563年の人口はわずか80人程度にとどまっていた。

この土地の大半はアクスブリッジ伯爵領ドイツ語版に吸収され、後にアングルシー侯爵領英語版となり、囲い込みの対象とされた。例えば、1844年には、スランヴァイルプスの土地の92%はたった3人によって所有されていた。小教区の人口は1801年に385人に達した。

1826年、トーマス・テルフォードによってメナイ吊橋が建設されたことで、アングルシー島はウェールズの本土側とつながった。1850年には、ブリタニア橋ノース・ウェールズ・コースト鉄道線路の建設によりロンドンともつながった。鉄道はイギリス全土とホリーヘッドのフェリー埠頭をつないだ。ペントレ・イハヴ(Pentre Uchaf、"上村")と呼ばれていた古い村には、鉄道駅周辺の新たな発展が加わった。駅周辺はペントレ・イサヴ(Pentre Isaf、"下村")と呼ばれるようになった。

婦人会(en:Women's Institutes)の初会合は1915年にサンヴァイルプゥスで開催され、(カナダで始まった)この運動はブリテン島全土に広がっていった[15]


  1. ^ Llanfairpwllgwyngyll” (2019年10月26日). 2020年8月10日閲覧。 “Population Estimate 2018-06-30”
  2. ^ Llanfairpwllgwyngyll Community Council Members”. Llanfairpwll.org. 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ Llanfair Pwllgwyngyll”. Ordnance Survey. 2018年9月19日閲覧。
  4. ^ a b 日本カムリ学会提案のカタカナ表記に準拠。カムリ語地名のカタカナ表記”. カムリ語地名のカタカナ表記. 2020年9月16日閲覧。
  5. ^ a b c 左古将規 (2017年1月6日). “[第9回]スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホ駅(通称・スランヴァイルプール駅)”. 朝日新聞GLOBE. 2017年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月14日閲覧。
  6. ^ Llanfairpwllgwyngyll in Isle of Anglesey (Wales / Cymru)”. CityPopulation.de. 2019年4月10日閲覧。
  7. ^ Community population and percentage of Welsh speakers”. Neighbourhood Statistics. 2015年5月18日閲覧。
  8. ^ Hoeller, Sophie-Claire (2015年9月12日). “Here's the story behind the 58-letter town name in Wales that everyone is talking about”. Business Insider. 2016年9月18日閲覧。
  9. ^ a b Hume, Rev. A. (1849). “Philosophy of Geographical Names”. Proceedings of the Literary and Philosophical Society of Liverpool (6): 44. https://archive.org/details/proceedingsoflit00lite/page/n57/mode/2up 2020年2月25日閲覧。. 
  10. ^ An Inventory of the Ancient Monuments in Anglesey, Volume 2. Aberystwyth: Royal Commission on the Ancient and Historical Monuments of Wales. (1960). p. 73. https://books.google.co.uk/books?id=d0nwILR1UQEC&lpg=PP1&pg=PA73#v=onepage&q&f=false 
  11. ^ An Inventory of the Ancient Monuments in Anglesey, Volume 2. Aberystwyth: Royal Commission on the Ancient and Historical Monuments of Wales. (1960). p. 74. https://books.google.co.uk/books?id=d0nwILR1UQEC&lpg=PP1&pg=PA74#v=onepage&q&f=false 
  12. ^ Jones, Geraint I. L. (2006年). “History of St Mary's Llanfairpwll”. The Church in Wales. 2020年2月25日閲覧。
  13. ^ Longley, David. Medieval settlement on Anglesey: an assessment of the potential for fieldwork. Bangor, Gwynedd: Gwynedd Archaeological Trust 
  14. ^ St Mary’s Church, Llanfairpwll”. History Points. 2018年11月23日閲覧。
  15. ^ Llanfairpwll - History of the village”. Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch.co.uk. 2018年5月16日閲覧。
  16. ^ Davies, Ellis (1959). Flintshire Place-names. Cardiff: University of Wales Press. p. 141  pwll - "pool, pond, pit"
  17. ^ Edwards (ed), J. Hugh (1912). Wales: a national magazine II (1). 
  18. ^ Pryce, Thomas (1900). “History of the Parish of Llandysilio”. Collections Historical & Archaeological relating to Montgomeryshire XXXI (12). 
  19. ^ a b Davies, James (1866). Bangor diocesan directory, for the year 1866. Tremadoc: R. I. Jones. p. 8 
  20. ^ Richards, Grafton Melville (1972). "Place Names". An Atlas of Anglesey. Llangefni: Anglesey Community Council.
  21. ^ Lunt, William E., ed (1926). The Valuation of Norwich. Oxford: Clarendon Press. p. 788 
  22. ^ Davies, John; Jenkins, Nigel; Baines, Menna, eds (2008). The Welsh Academy Encyclopedia of Wales. Cardiff: University of Wales Press. p. 487. ISBN 978-0-70831-953-6 
  23. ^ Barnes, David (21 March 2005). The Companion Guide to Wales. Companion Guides. ISBN 978-1-90063-943-9. https://books.google.co.uk/books?id=Np_H_j3hXUEC&pg=PA318 
  24. ^ Byrne, Eugene (2011年7月22日). “Pronounced how?”. History Extra. 2019年3月21日閲覧。
  25. ^ McDonald, Fred; Cresswell, Julia (1993). The Guinness Book of British Place Names. Enfield, Middlesex: Guinness Publications. p. 100. ISBN 978-0-85112-576-3 
  26. ^ Owen, Hywel Wyn (2015). The Place-Names of Wales (Revised and expanded ed.). Cardiff: University of Wales Press. p. 63. ISBN 978-1-78316-164-5 
  27. ^ Nicholson, George (1813). The Cambrian Traveller's Guide. London: Longman, Hurst, Rees, Orme & Brown. p. 75. https://archive.org/details/cambriantravelle01nich/page/n53/mode/1up 
  28. ^ Llanfairpwllgwyngyll”. Rove.me. 2019年4月10日閲覧。
  29. ^ Things to Do in Llanfairpwllgwyngyll”. TripAdvisor. 2019年4月10日閲覧。
  30. ^ Blog Archive » Guardian 25,102 / Rufus”. Fifteensquared.net (2010年8月30日). 2013年5月28日閲覧。
  31. ^ Suskin, Steven. Showtunes: the Songs, Shows, and Careers of Broadway's Major Composers (4th Revised and expanded ed.). p. 266. ISBN 0-19-531407-7 
  32. ^ Llanfair­pwll­gwyn­gyll­goger­y­chwyrn­drobwl­lan­tysilio­gogo­goch­yny­gofod (In Space) E.P.”. 45cat. 2019年10月14日閲覧。
  33. ^ Sid Meier's Civilization V: Global Achievements”. Steam. 2020年2月25日閲覧。
  34. ^ a b c Example climate estimate”. Met Office. 2020年2月25日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスランヴァイルプールグウィンギルゴゲリッヒルンドロブールスランティシリオゴゴゴッホ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS