ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3Dの概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3Dの解説 > ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3Dの概要 

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 00:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲゲゲの鬼太郎 > ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第5シリーズ) > ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D

概要

女性向けのイメージの強いサンリオピューロランドの客層を拡大すべく当演目が導入された[1]。サンリオピューロランド向けにサンリオと東映アニメーションCGチーム共同で新たに制作された[3]、完全オリジナルストーリーによるCGアニメーションである。映像プログラムの製作にはサイクロンエンターテインメント[4]や、ダイナモアミューズメントも携わっている[5]。上映時間約20分[2]。プレショー(上映前の解説)にはキティちゃんが登場し、目玉おやじとの共演も見られた[6]。スポンサーはバンダイである。

上映期間は当初2年間を予定していたが[2]、サンリオピューロランドでは2011年12月7日[7]まで約3年5ヶ月間上映され、同アトラクションでは最長の怪獣プラネットゴジラの約4年3ヶ月間に次ぐ長さの上映期間であった。当演目の終了後は「ONE PIECE 3D 激走!トラップコースター」が上映された[6]。なお、ハーモニーランドでは当演目が「夢のタイムマシン」の最終演目となり、2011年5月8日までの約2年10カ月間上映された[8]

サンリオピューロランドにおける過去の上映作品(東映アニメーション製作)には、2000年『デジモンアドベンチャー3D デジモングランプリ』、2002年『ワンピース・グランドラインの冒険』、2006年『デジモンセイバーズ3D デジタルワールド危機イッパツ!』がある。

舞台装置

アトラクションの「夢のタイムマシン」は、2台のDLPプロジェクターを使用した偏光式立体映像に、画面にあわせて動くムービングシート、サラウンド音響や香りの演出がされた今日における4Dに準ずる体感シアターとなっている[9]。動くシートは4歳以上の年齢制限や110 cm以上の身長制限が設けられている[6]

キャスト

アルファロメオに似たクラシック・スポーツカーで参戦。スーパーチャージャーを装備しており、エンジンなど内部は近代的であることが分かる。結果は優勝。
お椀型の円盤に乗って、レース解説役を担当。
アメリカンバイクをベースにしたトライクで参戦。結果は準優勝。
  • ねずみ男(エントリーNO.23) - 高木渉
1960年代のフォーミュラカーを思わせるレーシングカーで参戦。前面に安定翼を広げて滑空が可能。結果は第3位。
  • 子泣きじじい & ぬりかべ(エントリーNO.8) - 龍田直樹
子泣きじじいとぬりかべのペアで三輪自動車で参戦。どちらが運転するかで揉め、ジャンプコースであっけなくリタイア。
アジア代表としてプロペラで推進する縦に長い水陸両用車で参戦。氷雪地帯コースで体が凍結し雪山に突っ込みリタイア。
  • 魔女ザンビア(エントリーNO.47) - 野中藍
ヨーロッパ代表として大型の四輪バギーで参戦。実はレースが目的ではなく、鬼太郎を倒しバックベアードに褒めてもらうためであった。
ザンビアに呼ばれ2人でトラックに乗りレースに乱入したが、鬼太郎の体内電気に倒される。
レース開始カウントダウン担当。
レース開始前に顔出し程度に少しだけ登場。
プレショー(本編の前の解説)のみに登場し、目玉おやじとのかけ合いをする[6]
「夢のタイムマシン」の専属パイロットのロボット。シアター最前列、スクリーン前に居てメインショー(本編)の冒頭でアトラクションについての解説を行なう(「夢のタイムマシン」の各歴代演目共通)。

映像製作スタッフ

  • 監督 - 中村健治[2]
  • 企画 - 永富大地、小原康平、櫻田博之
  • 美術監督 - 倉橋隆
  • ストーリー - 三条陸、木原大輔[2]
  • CG監督 - 森田信廣
  • CGプロデューサー - 氷見武士
  • CGラインプロデューサー - 横尾裕次
  • CGディレクター - 森田信廣
  • CGスタッフ - 米澤真一、佐藤直樹[要曖昧さ回避]
  • 編集 - 片瀬健太
  • 記録 - 橋口舞子



注釈

  1. ^ 担当声優は外部リンク「メディア芸術データベース」より確認可能。

出典

  1. ^ a b サンリオピューロランド 「鬼太郎」の3D体験型アトラクション登場”. 株式会社イード(アニメアニメ) (2008年7月11日). 2018年6月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e キミも体感!ゲゲゲでGO!!「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」 サンリオピューロランドに登場!”. 東映アニメーション (2008年7月11日). 2018年6月10日閲覧。
  3. ^ 夢のタイムマシン「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」”. サンリオピューロランド. 2011年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  4. ^ 開発実績 - サイクロン エンターテインメント、2018年6月10日閲覧。
  5. ^ ロケーションエンターテイメント事業 - ダイナモピクチャーズ(ダイナモアミューズメント)、2018年6月15日閲覧。
  6. ^ a b c d 夢のタイムマシンからのお知らせ”. サンリオピューロランド (2011年11月21日). 2012年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  7. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」2011年12月7日(水)まで、お見逃しなく!”. サンリオピューロランド (2011年). 2011年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月10日閲覧。
  8. ^ ハーモニーランドトップページ”. サンリオ(ハーモニーランド) (2011年). 2011年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月15日閲覧。
  9. ^ 夢のタイムマシンとは? - 東映アニメーション
  10. ^ 「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」オープン記念 サンリオピューロランド特別入場割引券情報!!”. 東映アニメーション (2008年7月11日). 2018年6月15日閲覧。
  11. ^ “3Dシアターがかつてないスケールでなしっこ館に帰ってきた!”. 日本海新聞 (新日本海新聞社). (2014年). http://www.nnn.co.jp/event/3dtheater/ 2018年6月10日閲覧。 
  12. ^ <タイトルなし> - 那須ハイランドパーク公式Facebook .(2016年1月1日)、2018年6月10日閲覧。
  13. ^ 実績紹介”. シーキューアメニック (2013年10月26日). 2018年6月15日閲覧。


「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D」の関連用語

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3Dのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3Dのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー3D (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS