クリスマス・イヴ クリスマス・イヴの概要

クリスマス・イヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 07:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスマス・イヴ』1904年 - 1905年、 スウェーデン人画家のカール・ラーション(1853年 - 1919年)による水彩画

日本では、誤って「クリスマス(12月25日)の前夜」と認識されることが多い。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることがある。

語源

「イヴ」(eve) は「evening(イブニング)(夜、晩)」と同義の古語even」の語末音が消失したものである。

クリスマス・イヴの日付

(以下の説明中の日付は特記しない限り常用時真夜中の0時から次の真夜中の0時までを1日とするもの)によるものである。)

教会暦における降誕祭の日付の概要。教会暦の一日は日没から始まり日没に終わるためクリスマスは24日の日没から25日の日没までとなる。カトリックの典礼暦は常用時と同様に午前0時に日付が変わるが、復活祭やクリスマスなどの祭日の典礼は前日の晩の祈りから始まる。

ユダヤ暦およびそれを継承する教会暦では、日没をもって日付の変り目とする[1][2]。したがって、この種の暦を採用する教会では、クリスマス・イヴの日没からクリスマスを起算するため「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれている。

つまり、「クリスマス・イヴ」とは「クリスマスの前夜」ではなく、その言葉の通り、正に「クリスマス当日の夜」なのである(日#1日の始まりも参照)[3][4][5]。ただし、キリスト教国(en:christendom)においても常用時の概念を用いて「クリスマスの前夜」と説明することがある[6]。転じて、俗に12月24日全体を指すこともある[7]

カトリックの典礼暦の一日も、日没に始まり日没に終わる[8]。クリスマスをはじめとする重要な祭日や主日(毎週日曜日)の典礼は(一般の暦の)前日の「晩の祈り」から始まる。この時点から(一般の暦で)日付がかわるまでが前夜(ラテン語: vigilia)と位置づけられている。24日の晩には前夜のための固有のミサが存在するが、日本などでは夜半ミサを前にずらして24日夜に行うことがほとんどで、前夜ミサが行われることは皆無に近い。またプロテスタント一部教派でも、25日に日付が変わったときをもってクリスマスの開始とする。

正教会では24日夜に翌日の聖体礼儀を準備する晩祷が行われる。ただし、ユリウス暦を現在も使用する教会(エルサレム総主教庁ロシア正教会など)では、クリスマス・イヴは1月6日の晩に祝われ(グレゴリオ暦とユリウス暦の間に現在13日のずれがあるため)、当該地域ではクリスマスも翌1月7日となる。

教会での祭

正教会ポーランド正教会)の降誕祭奉神礼の模様。中央にディキリとトリキリを持つ主教
ニューヨークにある聖公会の聖堂でのイヴ礼拝の模様

教会においては、クリスマス・イヴに多くの教派(正教会[9]聖公会[10]プロテスタント[11])で晩の礼拝が行われる。前述の通り日没を基準にしている教会暦では12月24日(ユリウス暦使用教会では1月6日に相当)の晩は、既にクリスマス当日に入っているため、クリスマスに入って直ぐに最初のクリスマス礼拝が行われていると位置づけられる。

カトリック教会[12]では12月24日は主の降誕の前日で、かつては断食をして備える日であった。夕刻以降に主の降誕の前夜のミサが行われる。ただし現代では25日の夜半のミサを繰り上げて行うことがある。特に日本の教会では24日に行われるミサのほとんどがこの「夜半のミサ」で、本来の前夜のミサが行われることはほとんどない。

正教会ではクリスマス・イヴには晩祷が行われ、聖体礼儀が翌日朝(ただし正教会暦上は日付は変わっていない)に行われる[9]




  1. ^ 1日の始まり 暦Wiki、国立天文台
  2. ^ 4教派 期節・祝日対照表(日本版)
  3. ^ クリスマス・イブって何?→クリスマス当日の夜。昔は夜から一日が始まったから。 チコちゃんに叱られる!、2018年12月29日
  4. ^ 12月24日の夜はクリスマス・イブ 雜賀信行、今日は何の日?、クリスチャン・プレス、2018年12月24日
  5. ^ 「クリスマス・イブってなに?」実は…… BIGLOBEニュース、2018年12月21日
  6. ^ The American Heritage Dictionary, Second College Edition,"Christmas Eve : The evening before Christmas",p.271,Houghton Mifflin,1982,ISBN 0-395-32943-4
  7. ^ The Random House Dictionary of the English Language, Second Edition Unabridged, p.368,"Christmas Eve: the evening or the day preceding Christmas(1350-1400), 1987, Random House, ISBN 0-394-50050-4
  8. ^ 行事予定 - カトリック宇部・小野田ブロック
  9. ^ a b 主神我が救世主イイススハリストスの降誕祭
  10. ^ クリスマスイブ礼拝:日本聖公会 浜田キリスト教会
  11. ^ 吉祥寺教会クリスマスイブ予定
  12. ^ 教会でのミサ
  13. ^ ドキュメンタリー「クリスマスの本当の話」(ヒストリーチャンネル
  14. ^ DIMSDRIVE『クリスマスの過ごし方』に関するアンケート
  15. ^ プランタン銀座2009年版クリスマスアンケート調査 2009年12月10日21:30閲覧
  16. ^ 「クリスマス、深く内省を」 ローマ法王、経済紙に寄稿 朝日新聞2012年12月24日 ローマ支局・石田博士記者(ウェブ魚拓)


「クリスマス・イヴ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クリスマス・イヴ」の関連用語

クリスマス・イヴのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クリスマス・イヴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリスマス・イヴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS