インドネシア 国名

インドネシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 01:14 UTC 版)

国名

正式名称は Republik Indonesiaインドネシア語: レプブリク・インドネシア)、略称は RI(インドネシア語: エール・イー)。

公式の英語表記はRepublic of Indonesia、略称は Indonesia[ˌɪndoʊˈniːziə] または [ˌɪndəˈniːʒə])。

日本語表記はインドネシア共和国、略称はインドネシア漢字表記印度尼西亜、略称は

国名インドネシア(Indonesia)のネシアnesia)は諸島を意味する接尾辞ギリシャ語を意味するネソス (nesos) の複数形ネシオイ (nesioi) に由来する。オランダ領東インド時代の1920年代に定着した。

国旗

インドネシアの国旗は上部に赤、下部に白の2色で構成された長方形で、縦と横の比率が2:3である。モナコ公国国旗と類似しているが、こちらは縦横比が4:5と異なる。ポーランド国旗とも似ているが、赤と白の配置が上下逆である。

国章は、「ガルーダ・パンチャシラ」と呼ばれる。ガルーダインド神話に登場する伝説上の鳥で[6]ヴィシュヌ神の乗り物と言われる。のような図柄である。尾の付け根の羽毛は19枚、首の羽毛は45枚で、尾の羽毛は8枚、翼の羽毛は左右それぞれに17枚ずつあり、独立宣言をした1945年8月17日の数字を表している[7]

歴史

先史時代は、様々な出土品から石器時代金属器時代の2つに大きく分けることができる。

石器時代

人類が使用する色々の道具石器で作っていた時代である。なお当時は、石器のみではなく、からの利器や器具、道具が作られていた。この石器時代をさらに旧石器時代、中石器時代、新石器時代、巨大石器時代の4つに分けることができる[8]

王国時代

後にインドネシアとなる地域に住んでいたマレー系の人々は、紀元前1世紀頃から来航するインド商人の影響を受けてヒンドゥー教文化を取り入れ、5世紀頃から王国を建国していった。諸王国はインドと中国をつなぐ中継貿易の拠点として栄え、シュリーヴィジャヤ王国シャイレーンドラ朝古マタラム王国クディリ王国シンガサリ王国マジャパヒト王国などの大国が興亡した。12世紀以降はムスリム商人がもたらしたイスラム教が広まり、人々のイスラム化が進んだ。

オランダ統治開始

大航海時代16世紀になると、香辛料貿易の利を求めてヨーロッパポルトガルイギリスオランダが相次いで来航し、17世紀にはバタヴィアジャカルタ)を本拠地としたオランダ東インド会社による覇権が確立された。

東インド会社により搾取され続けていたインドネシアであったが、オランダはインドネシアの民衆が結束しないよう、320種以上あった種族語をまとめた共通語を作ることを禁じた[9]。また、一切の集会や路上で3人以上が立ち話することも禁止され、その禁止を破ると「反乱罪」で処罰された[9]。オランダは一部の現地人をキリスト教に改宗させ優遇することで彼らに間接統治させたり、搾取をする経済の流通は華僑にさせていた[9]

オランダ人は18世紀マタラム王国の分割支配によりジャワ島、19世紀アチェ戦争によりスマトラ島のほとんどを支配するようになる。この結果、1799年にオランダ東インド会社が解散され、1800年にはポルトガル領東ティモールを除く東インド諸島の全てがオランダ領東インドとなり、ほぼ現在のインドネシアの領域全体がオランダ本国政府の直接統治下に入った。

ただし、オランダ(ネーデルラント連邦共和国)は1795年にフランス革命戦争でフランス軍に占領されて滅亡。バタヴィア共和国(1795年-1806年)、ホラント王国(1806年-1810年)と政体を変遷した。インドネシアは、1811年から1815年のネーデルラント連合王国建国まで英国領であった。

1819年、イギリスのトーマス・ラッフルズシンガポール地政学上の重要性に着目し、ジョホール王国の内紛に乗じてイギリス東インド会社の勢力下に獲得したことにオランダが反発し、1824年、イギリス・オランダ両国が英蘭協約を締結。オランダ領東インドの領域が確定した。

日本は南進論の影響もあり、1925年には田邊宗英らの発起の三ツ引商事などがスラバヤへ進出した[10]

独立運動

オランダによる過酷な植民地支配下で、20世紀初頭には東インド諸島の住民による民族意識が芽生えた。ジャワ島では、1908年5月20日ブディ・ウトモが結成され、植民地政府と協調しつつ、原住民の地位向上を図る活動に取り組んだ。設立日である5月20日は「民族覚醒の日」と定められている。

1910年代にはイスラームを紐帯とするサレカット・イスラームが東インドで大規模な大衆動員に成功し、1920年代にはインドネシア共産党が労働運動を通じて植民地政府と鋭く対立した。この地の民族主義運動が最高潮を迎えるのは、1927年スカルノによるインドネシア国民党の結成と、1928年の「青年の誓い」である。

インドネシア国民党の運動は民族の独立(ムルデカ)を掲げ、「青年の誓い」では唯一の祖国・インドネシア、唯一の民族・インドネシア民族、唯一の言語・インドネシア語が高らかに宣言された。しかし、インドネシア共産党1927年末から1928年にかけて反乱を起こしたことで政府により弾圧され、スカルノやハッタが主導する民族主義運動も、オランダの植民地政府によって非合法化された。スカルノらの民族主義運動家はオランダにより逮捕され、拷問を受けた末に長く流刑生活を送ることになり、以後の民族主義運動は冬の時代を迎えることになった。

日本軍政

ジャワ島へ上陸する日本軍

1939年、ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発。翌年、オランダ本国はナチス・ドイツに占領された(オランダにおける戦い (1940年))。アジアでは、日中戦争激化に伴い英米は日本に対して厳しい態度で臨むようになり、オランダ植民地政府もいわゆる対日「ABCD包囲網」に加わった。1941年2月初め、日本は東南アジア地域を占領地とした場合を想定して、軍政を研究し始めた[11]陸軍参謀本部第一部の中に研究班が設けられ、南方占領地行政に関する研究が行われた[11]。3月末、「南方作戦に於ける占領地統治要綱案」を始めとする一連の軍政要綱案が作成され、この研究をもとに同年11月20日付けの大本営政府連絡会議で、「南方占領地行政実施要綱」が策定された[12]。この「実施要綱」の基本は、「占領地に対しては差し当たり軍政を実施し、治安の恢復、重要国防資源の急速獲得及び作戦軍の自活確保に資す」ことに置かれていた。そして、「国防資源取得と占領軍の現地自活の為、民生に及ぼさざる得ざる重圧は之を忍ばしめ、宣撫上の要求は右目的に反せざる限度に止(とど)むるものとす」とされていた[12]。したがって独立運動に対しては「皇軍に対する信倚(しんい)観念を助長せしむる如く指導し、其の独立運動は過早に誘発せしむることを避くるものとす」とした[12]。これが「東亜の解放」「英米の支配からの解放」をスローガンに、「大東亜共栄圏」の実現を主張した日本の本心でもあった。続く11月26日には、東南アジア占領地域についての陸海軍の担当地域の取り決めである「占領地軍政実施に関する陸海軍中央協定」が定められ、蘭印地域のうち、スマトラ・ジャワ地域は陸軍担当、それ以外の地域については海軍担当とされた[12]

日本時間の1941年12月8日午前2時15分(真珠湾攻撃の約1時間前)、日本軍は英領マレー半島コタバルに上陸し(マレー作戦)、太平洋戦争が開戦した[13]。緒戦の南方作戦は日本軍の圧勝であり、翌1942年1月11日には今村均陸軍中将司令官とする、日本陸軍第16軍の隷下部隊がタラカン島へ上陸し、蘭印作戦(H作戦)を開始。続く2月14日にはスマトラ島パレンバン日本陸軍空挺部隊降下して同地の油田地帯・製油所と飛行場を制圧。上述の「重要国防資源」たる南方大油田を掌握し、太平洋戦争の開戦目的を達成した。3月1日にはジャワ島に上陸、同月9 - 10日には蘭印の中枢であるバタビア(現:ジャカルタ)を占領し作戦は終了した[14]。オランダ側を降伏させ上陸した日本軍をジャワ島の人々はジュンポール(万歳、一番よい)と最大限の歓迎で迎えた[9]

インドネシアにおける日本の軍政については、ジャワ島を3つに分ける省制度を廃止したほかは基本的にオランダ時代の統治機構を踏襲した[15]。州長官に日本人を配置し、オランダ時代の王侯領には自治を認め、ジャカルタは特別市として州なみの扱いとした[16]。軍政の実務は日本人の行政官が担い、州以下のレベルには地方行政はインドネシア人が担当した[16]。同時に日本海軍はボルネオの油田を、日本陸軍はスマトラの油田を保有した[17]。そして日本の統治は、オランダ植民地政府により軟禁され、流刑地にあったスカルノを救出して日本に協力させ、この国民的指導者を前面に立て実施された[18]。スカルノは日本に対して懐疑心を抱いていなかったわけではなかったが、開戦前に受けたインドネシア独立に対するオランダの強硬な態度に鑑み、オランダの善意に期待できない以上、日本に賭けて見ようと考えたのであった[18]

教育制度に関して日本は、オランダが長年行ってきた愚民化政策を取りやめ、現地の人々に高等教育を施し、官吏養成学校、師範学校、農林学校、商業学校、工業学校、医科大学、商船学校などを次々開設して、短期間に10万人以上の現地人エリートを養成した[9]

1943年中盤以降、日本はアジア・太平洋地域における戦局悪化の趨勢を受けてジャワ、スマトラ、バリの現地住民の武装化を決定し、募集したインドネシア人青年層に高度の軍事教練を施した[19]。それらの青年層を中心に、ジャワでは司令官以下の全将兵がインドネシア人からなる郷土防衛義勇軍(ペタ、PETA)が発足した。郷土防衛義勇軍は義勇軍と士官学校を合併したような機関で、38,000名の将校が養成され、兵補と警察隊も編成された[9]。このような日本軍政期に軍事教練を経験した青年層の多数は、後の独立戦争期に結成される正規、非正規の軍事組織で、中心的な役割を果たすことになった[19]

インパール作戦の失敗によって、ビルマ方面の戦況が悪化すると、日本は1944年9月3日には将来の独立を認容する「小磯声明」を発表。さらに1945年3月に東インドに独立準備調査会を発足させ、スカルノやハッタらに独立後の憲法を審議させた。同年8月7日スカルノを主席とする独立準備委員会が設立され、その第1回会議が18日に開催されるはずであったが、8月15日に日本が降伏したことによって[20]、この軍政当局の主導による独立準備は中止されることとなった。

独立戦争

インドネシア人により使用された旧日本軍の軽戦車(アメリカ製,オランダ軍よりの鹵獲品)

しかし、1945年8月15日に日本がオランダを含む連合国軍に降伏し、念願の独立が反故になることを恐れたスカルノら民族主義者は同17日、ジャカルタのプガンサアン・ティムール通り56番地で独立を宣言した(独立宣言文の日付は皇紀を用いている)。しかし、これを認めず再植民地化に乗り出したオランダと独立戦争を戦うことを余儀なくされた。インドネシア人の側は、外交交渉を通じて独立を獲得しようとする外交派と、オランダとの武力闘争によって独立を勝ち取ろうとする闘争派との主導権争いにより、必ずしも足並みは揃っていなかったが、戦前の峻烈な搾取を排除し独立を目指す人々の戦意は高かった。

独立宣言後に発足した正規軍だけでなく、各地でインドネシア人の各勢力が独自の非正規の軍事組織を結成し、日本の連合国軍への降伏後に多数の経験豊かな日本の有志将校がインドネシアの独立戦争に参加して武装化した[9]。彼らは連合国軍に対する降伏を潔しとしない日本軍人の一部で、インドネシア側に武器や弾薬を提供した[9]。これらの銃器の他にも、刀剣竹槍棍棒毒矢などを調達し、農村まで撤退してのゲリラ戦や、都市部での治安を悪化させるなど様々な抵抗戦によって反撃した。この独立戦争には、スカルノやハッタら民族独立主義者の理念に共感し、軍籍を離脱した一部の日本人3,000人(軍人軍属)も加わって最前列に立ってオランダと戦い(残留日本兵)、その結果1,000人が命を落とした。しかしながら、インドネシアに数百年来住む華僑(中国人)の大部分はオランダ側に加担しインドネシア軍に銃を向けた[9]

他方で政府は第三国(イギリスやオーストラリア、アメリカ合衆国)などに外交使節団を派遣して独立を国際的にアピールし、また、発足したばかりの国際連合にも仲介団の派遣を依頼して、外交的な勝利に向けても尽力した。結果として、1947年8月1日に国際連合安全保障理事会で停戦および平和的手段による紛争解決が提示された。

独立戦争は4年間続き、オランダに対する国際的な非難は高まっていった。最終的に、共産化を警戒するアメリカの圧力によって、オランダは独立を認めざるを得なくなった。

独立承認

こうした武力闘争外交努力の結果、1949年12月のオランダ-インドネシア円卓会議英語版通称、ハーグ円卓会議)で、オランダから無条件で独立承認を得ることに成功し、オランダ統治時代の資産を継承した。これによって国際法上、正式に独立が承認された。

しかし、この資産には60億ギルダーという膨大な対外債務(うちオランダ向け債務20億ギルダーについては、オランダが債務免除に同意した)も含まれており、財政的な苦境に立たされることとなる。その解決のために円卓会議の取り決めを一方的に破棄、外国資産の強制収容を行うなど強攻策をとり、さらには国連から脱退するなどスカルノ政権崩壊まで国際的な孤立を深めていくこととなる。

現在でも8月17日を独立記念日としており、ジャカルタを中心に街中に国旗を掲揚して様々なイベントを開催し、祝賀ムードに包まれることが恒例となっている。

スカルノ時代

インドネシア初代大統領スカルノ

オランダからの独立後、憲法(1950年憲法)を制定し、議会制民主主義の導入を試みた。1955年に初の議会総選挙を実施、1956年3月20日、第2次アリ・サストロアミジョヨ内閣が成立した。国民党マシュミNUの3政党連立内閣であって、インドネシア社会党(PSI)、インドネシア共産党は入閣していない。この内閣は5カ年計画を立てた。その長期計画は、西イリアン帰属闘争、地方自治体設置、地方国民議会議員選挙実施、労働者に対する労働環境改善、国家予算の収支バランスの調整、植民地経済から国民の利益に基づく国民経済への移行により、国家財政の健全化を図ることなどである。[21]

しかし、民族的にも宗教的にもイデオロギー的にも多様で、各派の利害を調整することは難しく、議会制は機能しなかった。また、1950年代後半に地方で中央政府に公然と反旗を翻す大規模な反乱が発生し(ダルル・イスラム運動英語版セカルマジ・マリジャン・カルトスウィルヨの反乱、カハル・ムザカル英語版の反乱、プルメスタの反乱英語版)、国家の分裂の危機に直面した。

この時期、1950年憲法の下で権限を制約されていたスカルノ大統領は、国家の危機を克服するため、1959年7月5日、大統領布告によって1950年憲法を停止し、大統領に大きな権限を与えた1945年憲法に復帰することを宣言した。ほぼ同時期に国会を解散して、以後の議員を任命制とし、政党の活動も大きく制限した。スカルノによる「指導される民主主義」体制の発足である。この構想は激しい抵抗を受け、中部・北・南スマトラ、南カリマンタン・北スラウェシのように国内は分裂した。ついに、スカルノは全土に対し、戒厳令を出した[22]

スカルノは、政治勢力として台頭しつつあった国軍を牽制するためにインドネシア共産党に接近し、国軍との反目を利用しながら、国政における自身の主導権を維持しようとした。この時期、盛んにスカルノが喧伝した「ナサコム(NASAKOM)」は、「ナショナリズム(Nasionalisme)、宗教(Agama)、共産主義Komunisme)」の各勢力が一致団結して国難に対処しようというスローガンだった。1961年12月、オランダ植民地のイリアンジャヤに「西イリアン解放作戦」を決行して占領。1963年5月にインドネシアに併合されると、反政府勢力(自由パプア運動en:National Committee for West Papua)によるパプア紛争1963年–現在)が勃発した。

スカルノの「指導される民主主義」は、1965年9月30日事件によって終わりを告げた。インドネシア国軍と共産党の権力闘争が引き金となって発生したこの事件は、スカルノからスハルトへの権力委譲と、インドネシア共産党の崩壊という帰結を招いた(これ以後、インドネシアでは今日に至るまで、共産党は非合法化されている)。

スハルト時代

1968年3月に正式に大統領に就任したスハルトは、スカルノの急進的なナショナリズム路線を修正し、西側諸国との関係を修復。スカルノ時代と対比させ、自身の政権を「新体制 (Orde Baru)」と呼んだ。スハルトはスカルノと同様に、あるいはそれ以上に独裁的な権力を行使して国家建設を進め、以後30年に及ぶ長期政権を担った。

その間の強引な開発政策は開発独裁と批判されつつも、インフラストラクチャーの充実や工業化などにより一定の経済発展を達成することに成功した。

その一方で、東ティモールアチェイリアンジャヤなどの独立運動に対しては厳しい弾圧を加えた。

1997年アジア通貨危機に端を発するインドネシア経済混乱のなか、1998年5月にジャカルタ暴動英語版が勃発し、スハルト政権は崩壊した。

スハルト以後

ハビビ政権

スハルト政権末期の副大統領だったユスフ・ハビビが大統領に就任し、民主化を要求する急進派の機先を制する形で、民主化・分権化の諸案を実行した。スハルト時代に政権を支えたゴルカル、スハルト体制下で存続を許された2つの野党(インドネシア民主党開発統一党英語版)以外の政党の結成も自由化され、1999年6月、総選挙が実施され、民主化の時代を迎えた。

ワヒド政権

その結果、同年10月、最大のイスラーム系団体ナフダトゥル・ウラマーの元議長、アブドゥルラフマン・ワヒド(国民覚醒党)が新大統領(第4代)に就任した。メガワティ・スカルノプトリは副大統領に選ばれた。しかし、2001年7月、ワヒド政権は議会の信任を失って解任された。

メガワティ政権・ユドヨノ政権

代わって、闘争民主党メガワティ政権が発足した。

その後2004年4月に同国初の直接選挙で選ばれた第6代スシロ・バンバン・ユドヨノ2009年に60%の得票を得て再選され、2014年までの大統領の任にあった。

ウィドド政権

2014年7月の選挙で当選した闘争民主党ジョコ・ウィドドが第7代大統領に就任した。 (歴代の大統領については、インドネシアの大統領一覧を参照)。 2019年8月16日の議会演説で首都を現在のジャカルタから、インドネシアのほぼ中央に位置するカリマンタン島の東カリマンタン州「北プナジャム・パスール県」「クタイ・カルタネガラ県」に遷都する考えを表明した。[23][24][25]。遷都は2024年に開始される予定。

政治

国是

多民族国家であり、種族、言語、宗教は多様性に満ちている。そのことを端的に示すのは「多様性の中の統一 Bhinneka Tunggal Ika」というスローガンである。この多民族国家に国家的統一をもたらすためのイデオロギーは、20世紀初頭から始まった民族主義運動の歴史の中で、様々な民族主義者たちによって鍛え上げられてきた[26]

そうしたものの一つが、日本軍政末期にスカルノが発表したパンチャシラである[27]1945年6月1日の演説でスカルノが発表したパンチャシラ(サンスクリット語で「5つの徳の実践」を意味する)は今日のそれと順序と語句が異なっているが、スハルト体制期以降も重要な国是となり、学校教育や職場研修などでの主要教科とされてきた[28]。また、スハルト退陣後の国内主要政党の多くが、今もなお、このパンチャシラを党是として掲げている。

現在のパンチャシラは以下の順序で数えられる。

  1. 唯一神への信仰(イスラーム以外でもよいが無宗教は認容されない)
  2. 人道主義
  3. インドネシアの統一
  4. 民主主義
  5. インドネシア全国民への社会正義

行政府

国家元首たる大統領は、行政府の長を兼ねる。その下に副大統領が置かれる。首相職はなく、各閣僚は大統領が指名する。特徴的なのが「調整大臣府」と呼ばれる組織で、大統領と各省の間で複数の省庁を管掌しており[29]、2014年発足のジョコ・ウィドド政権では政治・治安担当調整大臣府インドネシア語版英語版経済担当調整大臣府インドネシア語版英語版海事担当調整大臣府インドネシア語版英語版人間開発・文化担当調整大臣府インドネシア語版英語版が置かれている[30]

第五代までの大統領と副大統領は、国民協議会(後述)の決議により選出されていたが、第六代大統領からは国民からの直接選挙で選ばれている。任期は5年で再選は1度のみ(最大10年)。憲法改正によって大統領の法律制定権は廃止された。各種人事権については、議会との協議を必要とするなど、単独での権限行使は大幅に制限された。また議会議員の任命権も廃止され、議員は直接選挙によって選出されることになった。

立法府

国民議会

立法府たる議会は、(1) 国民議会インドネシア語: Dewan Perwakilan Rakyat (DPR), 英語: Peoples Representative Council, 定数560)、(2) 地方代表議会インドネシア語: Dewan Perwakilan Daerah (DPD), 英語: Regional Representatives Council, 定数132)、そして (3) この二院からなる国民協議会インドネシア語: Majelis Permusyawaratan Rakyat (MPR), 英語: People's Consultative Assembly)がある。

まず、(3) の国民協議会は、2001年2002年の憲法改正以前は、一院制の国民議会の所属議員と、各州議会から選出される代表議員195人によって構成されていた。国民協議会は、国民議会とは別の会議体とされ、国家意思の最高決定機関と位置づけられていた。国民協議会に与えられた権限は、5年ごとに大統領と副大統領を選出し、大統領が提示する国の施策方針を承認すること、1年に1度、憲法と重要な法律の改正を検討すること、そして場合により大統領を罷免すること、であった。このような強大な権限を国民協議会に与えていることが憲政の危機をもたらしたとして、その位置づけを見直す契機となったのは、国民協議会によるワヒド大統領罷免であった。

3年余りの任期を残していた大統領を罷免した国民協議会の地位を改めるため、メガワティ政権下の2001年2002年に行われた憲法改正により、国民協議会は国権の最高機関としての地位を失った。立法権は後述の国民議会に移されることになり、国民協議会は憲法制定権と大統領罷免決議権を保持するが、大統領選任権を国民に譲渡し、大統領と副大統領は直接選挙によって選出されることになった。

これらの措置により、国民協議会は国民議会と地方代表議会の合同機関としての位置づけが与えられ、また、国民議会と地方代表議会のいずれも民選議員によってのみ構成されているため、国民協議会の議員も全て、直接選挙で選ばれる民選議員となった。

(1) の国民議会は、2000年の第2次憲法改正によって、立法、予算審議、行政府の監督の3つの機能が与えられることになった。具体的には立法権に加えて、質問権、国政調査権、意見表明権が国民議会に与えられ、また、議員には法案上程権、質問提出権、提案権、意見表明権、免責特権が与えられることが明記された。比例代表制により選出される。

(2) の地方代表議会は、2001年から2002年にかけて行われた第3次、第4次憲法改正によって新たに設置が決まった代議機関であり、地方自治や地方財政に関する立法権が与えられている。先述の通り、総選挙で各州から選出された議員によって構成されている。

司法府

スハルト政権期には政府・司法省が分有していた司法権が廃止され、各級裁判所は、司法府の最上位にある最高裁判所によって統括されることになり、司法権の独立が確保された[注釈 1]。最高裁判所は法律よりも下位の規範(政令等)が法律に違反しているか否かを審査する権限を有する。他に憲法に明記される司法機関としては司法委員会と憲法裁判所がある。司法委員会は最高裁判所判事候補者を審査し国会に提示する権限及び裁判官の非行を調査し最高裁判所に罷免を勧告する権限を有する。憲法裁判所は法律が憲法に違反しているか否かを審査する権限を有する。憲法改正以前には大統領に属していた政党に対する監督権・解散権が憲法裁判所[注釈 2]に移された。これにより、大統領・政府による政党への介入が排除されることになった。

政党

現存する政党

以下、主なもの。

かつて存在した政党




  1. ^ 但し税務裁判所の人事と予算は引き続き財務省管轄化にある。税務裁判所の裁判に対する不服申立ては最高裁判所に対して行われる。
  2. ^ インドネシア共和国憲法第24C条第1項後段。
  3. ^ スハルトがゴルカルを支持母体として政権運営していたのは有名であるが、スハルトはゴルカルの党員でも党首でもない「ただの人」であった。その「ただの人」をゴルカルをはじめとするグループが大統領として推挙するという形式をとっていた。
  4. ^ 民主党はユドヨノ大統領の支持母体である。
  5. ^ ユドヨノは民主党最高諮問会議議長として党の最高権力を保持していたが、相次ぐ民主党不祥事によりアナスの党首続投が不可能な情勢となったため2013年3月31日の臨時党大会において党首に就任し自ら党運営を行うこととなった。
  6. ^ 2001年にメガワティと組んで副大統領に就任。2004年大統領選挙において大統領候補。
  7. ^ 最高諮問会議議長はプラボゥオ・スビヤント。
  8. ^ 大統領候補としてウィラントを支持している。
  9. ^ イスラム宗教団体ナフダトゥル・ウラマーを母体としている。アブドゥルラフマン・ワヒド大統領を出したことで有名。
  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database,October 2019” (英語). IMF (2019年10月). 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c “おおらかすぎ? 数え直したら4千余の島消え インドネシア”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2013年11月12日). オリジナルの2013年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131112010148/http://sankei.jp.msn.com/world/news/131112/asi13111209000004-n1.htm 2020年3月19日閲覧。 
  3. ^ “世界一ムスリムが多いインドネシアで開かれた「豚まつり」 その狙いは”. 朝日新聞GLOBE+. (2019年12月18日). https://globe.asahi.com/article/12968024 2020年3月19日閲覧。 
  4. ^ そもそもASEANとは? 発足のきっかけと日本との関係を簡単に説明します!”. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ G20とは何ですか?G7とは何ですか?日本銀行、2019年6月20日閲覧。
  6. ^ ガルーダとは”. 国際ガルーダ学会. 2020年9月5日閲覧。
  7. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 24ページ
  8. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 7-15ページ
  9. ^ a b c d e f g h i 水間 2013, pp. 49-68
  10. ^ #現代業界人物集
  11. ^ a b 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、81ページ
  12. ^ a b c d 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、82ページ
  13. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、72ページ
  14. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、76ページ
  15. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、88ページ
  16. ^ a b 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、89ページ
  17. ^ 池端雪補ほか『岩波講座 東南アジア史8』p34、岩波書店
  18. ^ a b 『岩波講座アジア・太平洋戦争1 なぜ、いまアジア・太平洋戦争か』(2005年)所収、倉沢愛子著「20世紀のアジアの戦争-帝国と脱植民地化」226ページ
  19. ^ a b 倉沢愛子 『日本占領下のジャワ農村の変容』、草思社、1992年
  20. ^ 8月14日に日本降伏は予告されていない。アフマッド・スバルジョ著、奥源造編訳『インドネシアの独立と革命』(1973年)93頁、95頁他。
  21. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 335ページ
  22. ^ イ・ワヤン・バドリカ著、2008年 337ページ
  23. ^ [1]。2019年8月17日閲覧
  24. ^ インドネシア首都、カリマンタン島に移転へ「災害リスク最小」
  25. ^ インドネシアのジョコ大統領、首都移転先にカリマンタン島の「北プナジャム・パスール県」「クタイ・カルタネガラ県」を選定
  26. ^ 独立前の民族主義運動期から独立後の過程において、様々な論者が国家的統一、あるべき国家像について、発言している。それらを概観するものとして、Herbert Feith and Lance Castle ed., Indonesian Political Thinking 1945-1965, Ithaca and London, Cornell University Press, 1970.
  27. ^ スカルノのパンチャシラ演説の日本語訳は、日本国際問題研究所インドネシア部会編 『インドネシア資料集 上 1945-1959年』、同研究所、1972年、1-17頁。
  28. ^ 高橋宗生 「国民統合とパンチャシラ」、安中章夫・三平則夫編『現代インドネシアの政治と経済 - スハルト政権の30年 -』、アジア経済研究所1995年、第2章、を参照。
  29. ^ [2](諸外国の行政制度等に関する調査研究活動の一環として - 総務省)P61およびP63の組織図参照
  30. ^ インドネシアの行政機関
  31. ^ インドネシア基礎データ - 外務省
  32. ^ 動画:インドネシア、南シナ海付近に軍艦と戦闘機配備 中国漁船の違法操業受け”. AFP (2020年1月10日). 2020年1月9日閲覧。
  33. ^ 2018年4月20日の「日本インドネシア国交樹立60周年記念シンポジウム」(東京)における、日本経済団体連合会日本・インドネシア経済委員長の大八木成男の講演録「1800社超が経済貢献」。『日本経済新聞』朝刊2018年5月21日・インドネシア特集。
  34. ^ a b Angela Dewan (2013年9月5日). “インドネシアで日本ブーム、背景に日本企業の攻勢”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/article/economy/2965797/11274893 2013年9月6日閲覧。 
  35. ^ “インドネシア煙害、近隣国巻き添えで非難の応酬”. 日本経済新聞. (2013年6月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV20001_Q3A620C1000000/ 2013年6月20日閲覧。 
  36. ^ 2000の島が消える?=正確な数把握へ調査-インドネシア 時事通信 2009年8月28日
  37. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』刀水書房 2012年 120ページ
  38. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』刀水書房 2012年 123ページ
  39. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 38ページ
  40. ^ シンガポールとインドネシア 海上国境条約に調印「平和解決の例証」しんぶん赤旗』2014年9月8日(2019年7月4日閲覧)。
  41. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 316ページ
  42. ^ PovcalNet Select economies or aggregations, 世界銀行, (2018-09), http://iresearch.worldbank.org/PovcalNet/povOnDemand.aspx 2019年11月25日閲覧。 
  43. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 271-272ページ
  44. ^ 植物油の道 10.資料集”. 日本植物油協会. 2019年3月12日閲覧。
  45. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 321ページ
  46. ^ 議論されるパーム油の是非”. NHK (2018年7月23日). 2019年3月12日閲覧。
  47. ^ 「FTI JAPAN、インドネシア産生鮮マグロのブランド化に挑戦」JETROビジネス短信(2019年2月21日)2019年7月27日閲覧。
  48. ^ 藤林泰「アルミニューム」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 27ページ
  49. ^ 村井吉敬「ニッケル」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 31-35ページ
  50. ^ 「インドネシアのニッケル政策変更、関連企業の株価に影響」日本経済新聞ニュースサイト(2017年1月31日)2019年7月4日閲覧。
  51. ^ 「効率より政策優先 国営企業、雇用など重視」『日本経済新聞』朝刊2019年7月12日(アジアBiz面)、「国営製鉄 大規模リストラ」解説記事。2019年7月27日閲覧。
  52. ^ 「インドネシア最低賃金 不満ふつふつ/急激上昇続き計算式を導入 年8%増ペース」朝日新聞』朝刊2019年6月17日(生活面)2019年6月20日閲覧。
  53. ^ 長野綾子 (2014年5月12日). “インドネシア・イスラム教徒たちの人生最大のイベント「メッカ巡礼」”. ダイヤモンド社. http://diamond.jp/articles/-/50068 2014年6月1日閲覧。 
  54. ^ インドネシア:通貨安の背景”. 内閣府 (2014年1月20日). 2014年10月4日閲覧。
  55. ^ “問題噴出のインドネシア経済 政治リスクで遠のく成長回復”. ダイヤモンド社. (2013年11月20日). http://diamond.jp/articles/-/44603 2014年10月4日閲覧。 
  56. ^ 「NHKスペシャル 灼熱アジア」
  57. ^ http://www.doingbusiness.org/reports/doing-business/doing-business-2011
  58. ^ ジャカルタ・ジャパン・クラブ「黄金の5年間に向けて-ビジネス環境の改善に向けた日本企業の提言-
  59. ^ 草野厚『ODAの現場で考えたこと』日本放送出版協会 (2010/04)
  60. ^ http://www.jica.go.jp/publication/j-world/1005/pdf/tokushu_06.pdf
  61. ^ インドネシア法整備支援日本国法務省
  62. ^ 「インドネシア合弁会社ブミの株主総会、ロスチャイルド氏の敗北に」ウォール・ストリート・ジャーナル』2013年2月22日
  63. ^ “インドの轍を踏むインドネシア 経済的成功に甘んじて何もしなかったツケ”. 日本ビジネスプレス (『フィナンシャル・タイムズ』). (2013年9月5日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38634 2013年9月6日閲覧。 
  64. ^ “(透視図)BOPビジネス―脱貧困へ 支援の視点も”. 朝日新聞. (2014年9月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C4DP4G9CPLFA001.html 2014年9月20日閲覧。 
  65. ^ 「契約が違う」「求人不足」実習制度の日本側説明会 送り出し団体が対策要望じゃかるた新聞(2019年7月25日)2019年7月27日閲覧。
  66. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 289ページ
  67. ^ 世界の人口ランキング - 世界経済のネタ帳” (日本語). ecodb.net. 2018年6月11日閲覧。
  68. ^ 「インドネシア、首都移転へ ジャワ島外が候補」日本経済新聞ニュースサイト(2019年4月29日)2019年7月4日閲覧。
  69. ^ Joko Widodo氏のツイート(2019年8月8日)”. 2019年8月10日閲覧。
  70. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 14-15ページ
  71. ^ 都道府県別在日インドネシア人”. 都道府県別とランキングとみる県民性 (2019年12月3日). 2020年8月9日閲覧。
  72. ^ 2010 Population Census - Population by Region and Religion - Indonesia”. Sensus Penduduk 2010. Jakarta, Indonesia: Badan Pusat Statistik (2010年5月15日). 2016年12月22日閲覧。 “Religion is belief in Almighty God that must be possessed by every human being. Religion can be divided into Muslim, Christian, Catholic, Hindu, Buddhist, Hu Khong Chu, and Other Religion.” Muslim 207176162 (87.18%), Christian 16528513 (6.96), Catholic 6907873 (2.91), Hindu 4012116 (1.69), Buddhist 1703254 (0.72), Confucianism 117091 (0.05), Other 299617 (0.13), Not Stated 139582 (0.06), Not Asked 757118 (0.32), Total 237641326
  73. ^ 公開むち打ち刑、酒類販売したキリスト教徒に執行 インドネシアAFP, 2018年1月21日
  74. ^ 「インドネシアでイスラム強硬派が台頭」産経ニュース(2017年7月29日)2019年6月21日閲覧。
  75. ^ (世界発2019)テロリストの子、「穏健化」学校/インドネシア、元テロリストの挑戦『朝日新聞』朝刊2019年7月2日(国際面)2019年7月4日閲覧。
  76. ^ 「ほら穴に監禁15年、強姦され続けた女性を救出 インドネシア」CNN(2018.08.08)2019年6月21日閲覧。
  77. ^ 【中小企業 海外展開のツボ】インドネシア/従業員の「お化け話」にも共感を『日経産業新聞』2019年4月1日(グローバル面)。
  78. ^ “フェイスブックで逮捕された無神論者”. ニューズウィーク. (2012年3月14日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/03/post-2471.php 
  79. ^ Indonesian Culture, Cultural Atlas.
  80. ^ 西野節男「ムスリムはどう教育されるか - インドネシア」、片倉もとこ編 『イスラーム教徒の社会と生活』、栄光教育文化研究所<講座イスラーム世界1>、1994年、93-96頁。
  81. ^ a b CIA World Factbook "Indonesia"2013年8月24日閲覧。
  82. ^ 【60秒解説】洗濯板付二槽式が大ヒットしたワケ - 経済産業省2020年9月5日閲覧
  83. ^ 【ASIAトレンド】インドネシア 伝統薬に再注目/健康志向追い風、カフェも『日本経済新聞』朝刊2019年3月13日(アジアBiz面)2019年4月7日閲覧。
  84. ^ 早瀬晋三・深見純生「近代植民地の展開と日本の占領」、池端雪浦編 『東南アジア史II 島嶼部』、山川出版社<新版 世界各国史6>、1999年、309-311頁、を参照。
  85. ^ 土屋健治「文学と芸術」、綾部・石井編、弘文堂1995年、162頁。
  86. ^ 早瀬・深見、同上、291頁、を参照。なお、戦後も含めたインドネシア文学の歩みについては、松尾大「近代インドネシア文学の歩み」、アイプ・ロシディ編、松尾大・柴田紀男訳『現代インドネシア文学への招待』、めこん1993年、に詳しい。
  87. ^ 押川典昭「インドネシア」『激動の文学――アジア・アフリカ・ラテンアメリカの世界』 信濃毎日新聞社、長野市、1995年3月15日、初版、67-70頁。





インドネシアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「インドネシア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インドネシア」の関連用語

インドネシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インドネシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドネシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS