インドネシア 交通

インドネシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/21 01:14 UTC 版)

交通

鉄道

経済

水牛を用いて稲田を耕している様子。インドネシアは伝統的に農業国である。

IMFによると、2018年GDPは1兆225億ドルであり、世界第16位である。一方、一人当たりのGDPは3,871ドルであり、世界平均の約34%である[1]世界銀行が公表した資料によると、2017年に1日1.9ドル未満(2011年基準の米ドル購買平価ベース)で暮らす貧困層は全人口の約5.71%(都市部:約5.61% 農村部:約5.82%)であり、約1500万人いる。また3.2ドル未満の場合は約27.25%(都市部:約25.29% 農村部:約29.61%)であり、5.5ドル未満の場合は約58.66%(都市部:約53.21% 農村部:約65.24%)であった[42]

産業

農林水産業

基本的に農業国である。1960年代に稲作の生産力増強に力が入れられ、植民地期からの品種改良事業も強化された。改良品種IR8のような高収量品種は他にもつくられ、農村に普及し栽培された。このような「緑の改革」の結果、1984年にはコメの自給が達成された。しかし、1980年代後半には「緑の改革」熱も冷めてゆき、同年代の末にはコメの輸入が増加するに至った[43]。 農林業ではカカオキャッサバキャベツココナッツコーヒー豆サツマイモ大豆タバコ天然ゴムトウモロコシパイナップルバナナ落花生の生産量が多い。特にココナッツの生産量は2003年時点で世界一である。オイルパーム(アブラヤシ)から精製されるパームオイル(パーム油、ヤシ油)は、植物油の原料の一つで、1990年代後半日本国内では菜種油・大豆油に次いで第3位で、食用・洗剤・シャンプー・化粧品の原料として需要の増大が見込まれている。インドネシアにおけるパームオイルの生産量は1990年代以降急激に増加しており、2006年にマレーシアを抜き生産量首位に、2018年現在はマレーシアの二倍弱の3,830万トンを生産している[44]。アブラヤシの栽培面積は2000年にはココヤシと並び、2005年には548万ヘクタールとなっている(インドネシア中央統計庁(BPS)による。)[45]。この2000年代以降のエステート作物面積の急激な拡大によって、森林破壊泥炭湿地の埋立及びこれに伴う火災の発生などの環境破壊が進んでいることが指摘されている[46]

海に囲まれた群島国家であるため水産資源も豊富だが、漁業や水産加工の技術向上、物流整備が課題となっている。プリカナン・ヌサンタラ(Perikanan Nusantara,Perinus)という国営水産会社が存在する[47]

鉱工業、サービス・金融業

鉱業資源にも恵まれ、スズ石油石炭天然ガスニッケルの採掘量が多い。1982年、1984年、日本からの政府開発援助(ODA)でスマトラ島北部のトバ湖から流れ出るアサハン川の水でアサハン・ダム(最大出力51.3万キロワット)とマラッカ海峡に面したクアラタンジュンにアサハン・アルミ精錬工場が建設された[48]。ニッケル鉱山は、南東スラウェシ州コラカ沖のパダマラン島のポマラと南スラウェシ州ソロアコ(サロアコ)にある。生産の80%が日本に輸出されている。ニッケルはカナダの多国籍企業インコ社が支配している。多国籍企業の進出はスハルト体制発足後の1967年外資法制定以降であり、採掘・伐採権を確保している。また、日本企業6社が出資している。鉱山採掘に伴い森林伐採で付近住民と土地問題で争いが起こる[49]。国内産業を育成するため、未加工ニッケル鉱石の輸出を2014年に禁止したが、2017年に規制を緩和している[50]

日本はLNG(液化天然ガス)をインドネシアから輸入している。2004年以降は原油の輸入量が輸出量を上回る状態であるため、OPEC(石油輸出国機構)を2009年1月に脱退した。

工業では軽工業、食品工業、織物石油精製が盛ん。コプラパーム油のほか、化学繊維パルプ窒素肥料などの工業が確立している。 パナソニックオムロンブリヂストンをはじめとした日系企業が現地に子会社・あるいは合弁などの形態で、多数進出している。

ジャカルタはインドネシア経済の中枢であり、東南アジア屈指の世界都市でもある。

独立後、政府は主要産業を国有化し、保護政策の下で工業を発展させてきた。1989年には、戦略的対応が必要な産業として製鉄航空機製造、銃器製造などを指定し、戦略産業を手掛ける行政組織として戦略産業管理庁(Badan Pengelora Industri Strategis)を発足させている。

2019年時点、インドネシアには115の国営企業があり、クラカタウ・スチール(製鉄)、マンディリ銀行など17社がインドネシア証券取引所株式を上場している。分野ごとに持ち株会社を設けるなど効率化を図っているが、一方で雇用維持など政府の意向が優先されることも多い[51]

かつてはに、華人系企業との癒着や、スハルト大統領ら政府高官の親族によるファミリービジネス等が社会問題化し、1996年には国民車「ティモール」の販売を巡ってWTOを舞台とする国際問題にまで発展した。しかし、1997年アジア通貨危機の発生により、経済は混乱状態に陥り、スハルト大統領は退陣に至った。その後、政府はIMFとの合意によって国営企業の民営化など一連の経済改革を実施したが、失業者の増大や貧富の差の拡大が社会問題となっている。

雇用・賃金と個人消費

労働者の生活水準を向上させるため、月額式の最低賃金制度が施行されており、2015年からはインフレ率経済成長率に基づく計算式が導入され、年8%程度上がり、タイ王国を超える水準となっている。これに対して、労働組合側は賃上げが不十分、日系を含む企業側は人件費の上昇が国際競争力を低下させると主張し、労使双方に不満がある[52]

なお、イスラム教徒が多数を占める国であるため、従業員からメッカ巡礼の希望が出た場合、企業はメッカ巡礼休暇として、最長3カ月の休暇を出すことが法で規定されている[53]

ただ、改革と好調な個人消費により、GDP成長率は、2003年から2007年まで、4%〜6%前後で推移した。2008年には、欧米の経済危機による輸出の伸び悩みや国際的な金融危機の影響等があったものの、6.1%を維持。さらに2009年は、政府の金融安定化策・景気刺激策や堅調な国内消費から、世界的にも比較的安定した成長を維持し、4.5%の成長を達成。名目GDP(国内総生産)は2001年の約1,600億ドルから、2009年には3.3倍の約5393億ドルまで急拡大した。今ではG20の一角をなすまでになっており、同じASEAN諸国のベトナムフィリピンと同様にNEXT11の一角を占め、更にベトナムと共にVISTAの一角を担うなど経済の期待は非常に大きい。

ただし、2011年より経常収支が赤字となる状況が続いており、従来から続く財政赤字とともに双子の赤字の状態にある[54][55]

日本との経済関係

このような中、日系企業の進出は拡大している[56]が、投資環境の面で抱える問題は少なくない。世界銀行の「Doing Business 2011」でも、ビジネス環境は183国中121位に順位づけられており、これはASEANの中でもとくに悪いランキングである[57]。具体的には、道路、鉄道、通信などのハードインフラの整備が遅れていることのほか、ソフトインフラとも言うべき法律面での問題が挙げられる。裁判所や行政機関の判断については、予測可能性が低く、透明性も欠如しており、これがビジネスの大きな阻害要因になっていると繰り返し指摘されている[58]。 これに対し、日本のODAは、ハード・インフラ整備の支援に加え、近年は統治能力支援(ガバナンス支援)などソフト・インフラ整備の支援も行っている。警察に対する市民警察活動促進プロジェクトは、日本の交番システムなどを導入しようというものであり、日本の技術支援のヒットとされている[59]。また、投資環境整備に直結する支援としては、知的財産権総局を対象とした知的財産に関する法整備支援も継続されている[60]。一方、法的なエンフォースメントの最後を担うことになる裁判所を対象とした法整備支援は、2009年まで行われていた[61]

2013年時点では、東南アジア全体でも有数の好景気に沸いており、日本からの投資も2010年には7億1260万ドル(約712億6000万円)であったのが、2012年には25億ドル(約2500億円)へと急増している[34]。しかしナショナリズムが色濃く、2013年2月には当地を中心に石炭採掘を行っている英投資会社ブミPLCの株主総会が、同社の大半の取締役や経営陣を追放するというロスチャイルドによる提案の大部分を拒否した[62]。これと関連して、国の経常赤字と資本流入への依存、貧弱なインフラや腐敗した政治や実業界など、いくつかの問題点も指摘されている[63]。2014年の国際協力銀行が日本企業を対象に行ったアンケート調査では、「海外進出したい国」として、中国を抜いて1位となった[64]

技能実習制度などで、日本へ渡航して働くインドネシア人も多いが、人権保護や賃金支払いなどでトラブルも起きている[65]

国民

人口

2010年の総人口は2億3,764万1326人(男性1億1963万913人、女性1億1801万413人)で、中国、インド、アメリカに次ぐ世界第4位[66]。2017年は2億6199万人[67]。今後も人口ボーナスにより人口は着実に増加してゆく傾向にあり、2050年の推計人口は約3億人。全国民の半分以上がジャワ島に集中しているため、比較的人口の希薄なスマトラ島カリマンタン島スラウェシ島に住民を移住させるトランスミグラシと呼ばれる人口移住政策を行ってきた。2019年4月29日には、ジョコ政権がジャワ島外への首都を移転する方針を閣議決定した[68]ジョコ・ウィドド大統領は同年8月、自身のTwitterで首都の移転先をボルネオ島と発表した。[69]

  • 人口増加率:1.03%(2010年)

民族

インドネシアの民族
ダヤク人

大多数がマレー系で、彼らが直系の祖先であり、原マレー人と新マレー人の2種類に分けられる。原マレー人は、紀元前1500年頃に渡来した。原マレー人は先住民よりも高度な文化を持っていた。原マレー人は後から来た新マレー人によって追われていくが、ダヤク人、トラジャ人、バタック人として子孫が生存している。新マレー人は、マレー人、ブギス人、ミナンカバウ人の祖先であり、紀元前500年頃に渡来した。渡来時には青銅器製作の技術を獲得しており、数百年後には鉄器を使用し始める。彼らの使用した鉄器がベトナム北部のドンソン地方で大量に発見されていることから「ドンソン文化」と呼ばれる[70]

ほかに約300の民族がおり、住民の内、ジャワ人が45%、スンダ人が14%、マドゥラ人が7.5%、沿岸マレー人が7.5%、その他が26%、中国系が約5%となっている。

父系母系を共に親族とみなす「双系社会」であり、がない人もいる(スカルノ、スハルトなど)。

なお、法務省の統計では、2014年末では30,000人超、2018年では55,000人超のインドネシア人が日本に在住している[71]

言語

公用語インドネシア語であり、国語となっている。会話言語ではそれぞれの地域で語彙も文法規則も異なる583以上の言葉が日常生活で使われている。インドネシア語が国語と言っても、日常で話す人は多くて3,000万人程度である。国の人口比にすると意外と少ないが、国語になっているため第2言語として話せる人の数はかなり多い。また、首都ジャカルタへ出稼ぎに向かう人も多い為、地方の人でもインドネシア語は必須であり、話せないと出稼ぎにも影響が出てくる。

  • インドネシア語識字率:88.5%(2003年)

インドネシア語、ジャワ語バリ語などを含むオーストロネシア語族の他に、パプア諸語が使用される地域もある。

宗教

インドネシアの宗教[72]
宗教 割合(%)
イスラム教
  
87.2%
プロテスタント
  
7%
カトリック
  
2.9%
ヒンドゥー教
  
1.6%
仏教
  
0.72%
儒教
  
0.05%
その他
  
0.5%

憲法29条で信教の自由を保障している。パンチャシラでは唯一神への信仰を第一原則としているものの、これはイスラム教国教として保護しているという意味ではない。

多民族国家であるため、言語と同様、宗教にも地理的な分布が存在する。バリ島ではヒンドゥー教が、スラウェシ島北部ではキリスト教カトリック)が、東部諸島およびニューギニア島西部ではキリスト教(プロテスタント、その他)が優位にある。アチェ州では98%がイスラム教徒で、シャリーアイスラム法)が法律として適用されている[73]

2010年の政府統計によると、イスラム教が87.2%、プロテスタントが7%、カトリックが2.9%、ヒンドゥー教が1.6%、仏教が0.72%、儒教が0.05%、その他が0.5%となっている。

イスラム教徒の人口は、1億7000万人を超え、世界最大のイスラム教徒(ムスリム)人口を抱える国家となっている(インドネシアは政府としては世俗主義を標榜しており、シャリーアによる統治を受け入れるイスラム国家ではない)。ただし、ムスリムにはイスラム原理主義者や保守派もおり[74]ジェマ・イスラミア(JI)のようにテロも辞さないイスラム過激派組織もある。治安当局による摘発のほか、穏健派による啓発活動も行われている[75]

また、イスラム教はジャワ島やスマトラ島など人口集中地域に信者が多いため、国全体でのイスラム教徒比率は高いが、非イスラム教徒の民族や地域も実際には多い。カリマンタン島やスラウェシ島ではちょうど、イスラム教徒と非イスラム教徒の割合が半々ほど。東ヌサトゥンガラから東のマルク諸島、ニューギニア島などではイスラム教徒比率は一割程度である(それもジャワ島などからの移民の信者が大半である)。またイスラム教徒多数派地域であっても、都市部や、スンダ人、アチェ人地域のように比較的、厳格な信仰を持つものもあれば、ジャワ人地域のように、基層にヒンドゥー文化を強く残しているものもある。また書面上はイスラム教徒となっていても、実際にはシャーマニズムを信仰している民族も有る。

魔術師呪術医と、精霊を含めた超自然的な力を信じる人[76]や、「お化け」の存在を肯定するインドネシア人は多い[77]

なお、信仰の自由はあるといっても完全なものではなく、特に無神論は違法であり、公言をすると逮捕される可能性もある[78]

以下の項目も参照。

婚姻

夫婦別姓が基本。ただし通称として夫の姓を名乗ることも多い。男性側が改姓することも可能である[79]

教育

教育体系は、教育文化省が管轄する一般の学校(スコラ sekolah)と、宗教省が管轄するイスラーム系のマドラサ (madrasah) の二本立てとなっている。いずれの場合も小学校中学校高校の6・3・3制であり、このうち小中学校の9年間については、1994年義務教育にすると宣言された。スコラでもマドラサでも、一般科目と宗教科目を履修するが、力点の置き方は異なる[80]

大学をはじめとする高等教育機関も一般校とイスラーム専門校に分かれており、前者については1954年に各州に国立大学を設置することが決定された。以下は代表的な大学のリストである。

2011年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は92.8%(男性:95.6%、女性:90.1%)である[81]。2010年の教育支出はGDPの3%だった[81]

独立運動など

民族・宗教などの多様性や、過去のオランダやポルトガル、イギリスなどの分割統治の影響でいくつかの独立運動を抱えている。紛争に発展したアチェ独立運動などもあった。東ティモールは独立運動の末、国連の暫定統治を経て2002年に独立したが、パプア州(旧イリアン・ジャヤ州)において独立運動が展開されており、カリマンタン島では民族対立が、マルク諸島ではキリスト教徒とイスラム教徒の宗教対立が存在する。アチェ独立運動は2004年のスマトラ島沖地震の後、2005年12月27日に終結した。




  1. ^ 但し税務裁判所の人事と予算は引き続き財務省管轄化にある。税務裁判所の裁判に対する不服申立ては最高裁判所に対して行われる。
  2. ^ インドネシア共和国憲法第24C条第1項後段。
  3. ^ スハルトがゴルカルを支持母体として政権運営していたのは有名であるが、スハルトはゴルカルの党員でも党首でもない「ただの人」であった。その「ただの人」をゴルカルをはじめとするグループが大統領として推挙するという形式をとっていた。
  4. ^ 民主党はユドヨノ大統領の支持母体である。
  5. ^ ユドヨノは民主党最高諮問会議議長として党の最高権力を保持していたが、相次ぐ民主党不祥事によりアナスの党首続投が不可能な情勢となったため2013年3月31日の臨時党大会において党首に就任し自ら党運営を行うこととなった。
  6. ^ 2001年にメガワティと組んで副大統領に就任。2004年大統領選挙において大統領候補。
  7. ^ 最高諮問会議議長はプラボゥオ・スビヤント。
  8. ^ 大統領候補としてウィラントを支持している。
  9. ^ イスラム宗教団体ナフダトゥル・ウラマーを母体としている。アブドゥルラフマン・ワヒド大統領を出したことで有名。
  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database,October 2019” (英語). IMF (2019年10月). 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c “おおらかすぎ? 数え直したら4千余の島消え インドネシア”. MSN産経ニュース. 共同通信. (2013年11月12日). オリジナルの2013年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131112010148/http://sankei.jp.msn.com/world/news/131112/asi13111209000004-n1.htm 2020年3月19日閲覧。 
  3. ^ “世界一ムスリムが多いインドネシアで開かれた「豚まつり」 その狙いは”. 朝日新聞GLOBE+. (2019年12月18日). https://globe.asahi.com/article/12968024 2020年3月19日閲覧。 
  4. ^ そもそもASEANとは? 発足のきっかけと日本との関係を簡単に説明します!”. 2020年10月18日閲覧。
  5. ^ G20とは何ですか?G7とは何ですか?日本銀行、2019年6月20日閲覧。
  6. ^ ガルーダとは”. 国際ガルーダ学会. 2020年9月5日閲覧。
  7. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 24ページ
  8. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 7-15ページ
  9. ^ a b c d e f g h i 水間 2013, pp. 49-68
  10. ^ #現代業界人物集
  11. ^ a b 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、81ページ
  12. ^ a b c d 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、82ページ
  13. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、72ページ
  14. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、76ページ
  15. ^ 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、88ページ
  16. ^ a b 小林英夫著『日本軍政下のアジア』(1993年)岩波新書、89ページ
  17. ^ 池端雪補ほか『岩波講座 東南アジア史8』p34、岩波書店
  18. ^ a b 『岩波講座アジア・太平洋戦争1 なぜ、いまアジア・太平洋戦争か』(2005年)所収、倉沢愛子著「20世紀のアジアの戦争-帝国と脱植民地化」226ページ
  19. ^ a b 倉沢愛子 『日本占領下のジャワ農村の変容』、草思社、1992年
  20. ^ 8月14日に日本降伏は予告されていない。アフマッド・スバルジョ著、奥源造編訳『インドネシアの独立と革命』(1973年)93頁、95頁他。
  21. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 335ページ
  22. ^ イ・ワヤン・バドリカ著、2008年 337ページ
  23. ^ [1]。2019年8月17日閲覧
  24. ^ インドネシア首都、カリマンタン島に移転へ「災害リスク最小」
  25. ^ インドネシアのジョコ大統領、首都移転先にカリマンタン島の「北プナジャム・パスール県」「クタイ・カルタネガラ県」を選定
  26. ^ 独立前の民族主義運動期から独立後の過程において、様々な論者が国家的統一、あるべき国家像について、発言している。それらを概観するものとして、Herbert Feith and Lance Castle ed., Indonesian Political Thinking 1945-1965, Ithaca and London, Cornell University Press, 1970.
  27. ^ スカルノのパンチャシラ演説の日本語訳は、日本国際問題研究所インドネシア部会編 『インドネシア資料集 上 1945-1959年』、同研究所、1972年、1-17頁。
  28. ^ 高橋宗生 「国民統合とパンチャシラ」、安中章夫・三平則夫編『現代インドネシアの政治と経済 - スハルト政権の30年 -』、アジア経済研究所1995年、第2章、を参照。
  29. ^ [2](諸外国の行政制度等に関する調査研究活動の一環として - 総務省)P61およびP63の組織図参照
  30. ^ インドネシアの行政機関
  31. ^ インドネシア基礎データ - 外務省
  32. ^ 動画:インドネシア、南シナ海付近に軍艦と戦闘機配備 中国漁船の違法操業受け”. AFP (2020年1月10日). 2020年1月9日閲覧。
  33. ^ 2018年4月20日の「日本インドネシア国交樹立60周年記念シンポジウム」(東京)における、日本経済団体連合会日本・インドネシア経済委員長の大八木成男の講演録「1800社超が経済貢献」。『日本経済新聞』朝刊2018年5月21日・インドネシア特集。
  34. ^ a b Angela Dewan (2013年9月5日). “インドネシアで日本ブーム、背景に日本企業の攻勢”. AFPBB News. http://www.afpbb.com/article/economy/2965797/11274893 2013年9月6日閲覧。 
  35. ^ “インドネシア煙害、近隣国巻き添えで非難の応酬”. 日本経済新聞. (2013年6月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV20001_Q3A620C1000000/ 2013年6月20日閲覧。 
  36. ^ 2000の島が消える?=正確な数把握へ調査-インドネシア 時事通信 2009年8月28日
  37. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』刀水書房 2012年 120ページ
  38. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』刀水書房 2012年 123ページ
  39. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 38ページ
  40. ^ シンガポールとインドネシア 海上国境条約に調印「平和解決の例証」しんぶん赤旗』2014年9月8日(2019年7月4日閲覧)。
  41. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 316ページ
  42. ^ PovcalNet Select economies or aggregations, 世界銀行, (2018-09), http://iresearch.worldbank.org/PovcalNet/povOnDemand.aspx 2019年11月25日閲覧。 
  43. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 271-272ページ
  44. ^ 植物油の道 10.資料集”. 日本植物油協会. 2019年3月12日閲覧。
  45. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』 明石書店 2013年 321ページ
  46. ^ 議論されるパーム油の是非”. NHK (2018年7月23日). 2019年3月12日閲覧。
  47. ^ 「FTI JAPAN、インドネシア産生鮮マグロのブランド化に挑戦」JETROビジネス短信(2019年2月21日)2019年7月27日閲覧。
  48. ^ 藤林泰「アルミニューム」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 27ページ
  49. ^ 村井吉敬「ニッケル」/村井吉敬・佐伯奈津子編著『インドネシアを知るための50章』明石書店 2004年 31-35ページ
  50. ^ 「インドネシアのニッケル政策変更、関連企業の株価に影響」日本経済新聞ニュースサイト(2017年1月31日)2019年7月4日閲覧。
  51. ^ 「効率より政策優先 国営企業、雇用など重視」『日本経済新聞』朝刊2019年7月12日(アジアBiz面)、「国営製鉄 大規模リストラ」解説記事。2019年7月27日閲覧。
  52. ^ 「インドネシア最低賃金 不満ふつふつ/急激上昇続き計算式を導入 年8%増ペース」朝日新聞』朝刊2019年6月17日(生活面)2019年6月20日閲覧。
  53. ^ 長野綾子 (2014年5月12日). “インドネシア・イスラム教徒たちの人生最大のイベント「メッカ巡礼」”. ダイヤモンド社. http://diamond.jp/articles/-/50068 2014年6月1日閲覧。 
  54. ^ インドネシア:通貨安の背景”. 内閣府 (2014年1月20日). 2014年10月4日閲覧。
  55. ^ “問題噴出のインドネシア経済 政治リスクで遠のく成長回復”. ダイヤモンド社. (2013年11月20日). http://diamond.jp/articles/-/44603 2014年10月4日閲覧。 
  56. ^ 「NHKスペシャル 灼熱アジア」
  57. ^ http://www.doingbusiness.org/reports/doing-business/doing-business-2011
  58. ^ ジャカルタ・ジャパン・クラブ「黄金の5年間に向けて-ビジネス環境の改善に向けた日本企業の提言-
  59. ^ 草野厚『ODAの現場で考えたこと』日本放送出版協会 (2010/04)
  60. ^ http://www.jica.go.jp/publication/j-world/1005/pdf/tokushu_06.pdf
  61. ^ インドネシア法整備支援日本国法務省
  62. ^ 「インドネシア合弁会社ブミの株主総会、ロスチャイルド氏の敗北に」ウォール・ストリート・ジャーナル』2013年2月22日
  63. ^ “インドの轍を踏むインドネシア 経済的成功に甘んじて何もしなかったツケ”. 日本ビジネスプレス (『フィナンシャル・タイムズ』). (2013年9月5日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38634 2013年9月6日閲覧。 
  64. ^ “(透視図)BOPビジネス―脱貧困へ 支援の視点も”. 朝日新聞. (2014年9月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG9C4DP4G9CPLFA001.html 2014年9月20日閲覧。 
  65. ^ 「契約が違う」「求人不足」実習制度の日本側説明会 送り出し団体が対策要望じゃかるた新聞(2019年7月25日)2019年7月27日閲覧。
  66. ^ 村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子著『エリア・スタディーズ113 現代インドネシアを知るための60章』明石書店 2013年 289ページ
  67. ^ 世界の人口ランキング - 世界経済のネタ帳” (日本語). ecodb.net. 2018年6月11日閲覧。
  68. ^ 「インドネシア、首都移転へ ジャワ島外が候補」日本経済新聞ニュースサイト(2019年4月29日)2019年7月4日閲覧。
  69. ^ Joko Widodo氏のツイート(2019年8月8日)”. 2019年8月10日閲覧。
  70. ^ イ・ワヤン・バドリカ著 2008年 14-15ページ
  71. ^ 都道府県別在日インドネシア人”. 都道府県別とランキングとみる県民性 (2019年12月3日). 2020年8月9日閲覧。
  72. ^ 2010 Population Census - Population by Region and Religion - Indonesia”. Sensus Penduduk 2010. Jakarta, Indonesia: Badan Pusat Statistik (2010年5月15日). 2016年12月22日閲覧。 “Religion is belief in Almighty God that must be possessed by every human being. Religion can be divided into Muslim, Christian, Catholic, Hindu, Buddhist, Hu Khong Chu, and Other Religion.” Muslim 207176162 (87.18%), Christian 16528513 (6.96), Catholic 6907873 (2.91), Hindu 4012116 (1.69), Buddhist 1703254 (0.72), Confucianism 117091 (0.05), Other 299617 (0.13), Not Stated 139582 (0.06), Not Asked 757118 (0.32), Total 237641326
  73. ^ 公開むち打ち刑、酒類販売したキリスト教徒に執行 インドネシアAFP, 2018年1月21日
  74. ^ 「インドネシアでイスラム強硬派が台頭」産経ニュース(2017年7月29日)2019年6月21日閲覧。
  75. ^ (世界発2019)テロリストの子、「穏健化」学校/インドネシア、元テロリストの挑戦『朝日新聞』朝刊2019年7月2日(国際面)2019年7月4日閲覧。
  76. ^ 「ほら穴に監禁15年、強姦され続けた女性を救出 インドネシア」CNN(2018.08.08)2019年6月21日閲覧。
  77. ^ 【中小企業 海外展開のツボ】インドネシア/従業員の「お化け話」にも共感を『日経産業新聞』2019年4月1日(グローバル面)。
  78. ^ “フェイスブックで逮捕された無神論者”. ニューズウィーク. (2012年3月14日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/03/post-2471.php 
  79. ^ Indonesian Culture, Cultural Atlas.
  80. ^ 西野節男「ムスリムはどう教育されるか - インドネシア」、片倉もとこ編 『イスラーム教徒の社会と生活』、栄光教育文化研究所<講座イスラーム世界1>、1994年、93-96頁。
  81. ^ a b CIA World Factbook "Indonesia"2013年8月24日閲覧。
  82. ^ 【60秒解説】洗濯板付二槽式が大ヒットしたワケ - 経済産業省2020年9月5日閲覧
  83. ^ 【ASIAトレンド】インドネシア 伝統薬に再注目/健康志向追い風、カフェも『日本経済新聞』朝刊2019年3月13日(アジアBiz面)2019年4月7日閲覧。
  84. ^ 早瀬晋三・深見純生「近代植民地の展開と日本の占領」、池端雪浦編 『東南アジア史II 島嶼部』、山川出版社<新版 世界各国史6>、1999年、309-311頁、を参照。
  85. ^ 土屋健治「文学と芸術」、綾部・石井編、弘文堂1995年、162頁。
  86. ^ 早瀬・深見、同上、291頁、を参照。なお、戦後も含めたインドネシア文学の歩みについては、松尾大「近代インドネシア文学の歩み」、アイプ・ロシディ編、松尾大・柴田紀男訳『現代インドネシア文学への招待』、めこん1993年、に詳しい。
  87. ^ 押川典昭「インドネシア」『激動の文学――アジア・アフリカ・ラテンアメリカの世界』 信濃毎日新聞社、長野市、1995年3月15日、初版、67-70頁。





インドネシアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「インドネシア」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

  • CFDのコーヒー相場の見方

    飲用として流通しているコーヒーの木には、「アラビカ種」と「ロブスタ種」の2つの品種があります。アラビカ種は世界のコーヒー生産量のおよそ80%を占めています。一方、ロブスタ種は世界のコーヒー生産量のおよ...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インドネシア」の関連用語

インドネシアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インドネシアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインドネシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS