LRU方式とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > LRU方式の意味・解説 

LRU

フルスペル:Least Recently Used
別名:LRU方式

LRUとは、キャッシュアルゴリズムなどで用いられる、置換対象データ定め方式のうち、参照されていない時間が最も長いデータ置換対象にする方式のことである。

例えば、仮想記憶管理におけるページング方式では、主記憶装置メインメモリ上で補助記憶装置退避させるデータ単位ページ)を選ぶ方式としてLFUを用いることがある主記憶装置で扱うことのできる容量には限度があるため、主記憶装置記憶容量超えるデータを扱う場合は、データ一部補助記憶装置へと置換することで空き容量確保する。このとき、LRUでは、それぞれのデータが参照された時間に基づきその時間が最も古い(least recently)データ置換対象とする。

LRUに対してLFULeast Frequently Used)と呼ばれる方式では、データ使用された頻度(frequently)に関する情報に基づき、最も頻度少なかった情報置換する。

情報処理のほかの用語一覧
アルゴリズム:  降順  後方一致  LFU  LRU  Levy曲線  モード  モンテカルロ法


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「LRU方式」の関連用語

LRU方式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



LRU方式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLRUの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS