Chardとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Chardの意味・解説 

ふだんそう (普段草)

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

Beta vulgaris ssp. cicla var. cicla

地中海東部から中央アジア原産です。同じ種の系統として「さとうだいこん」があります。「ビーツ」または「スイスチャード」とも呼ばれ、葉柄根茎赤色をしています。ロシア料理ボルシチの赤い色は、この「ビーツ」の色です。野菜糖原料、それに観賞用としても栽培されます。
アカザ科フダンソウ属二年草で、学名Beta vulgaris ssp. cicla var.cicla。英名は Chard, Spinach beet, Swiss chard
アカザのほかの用語一覧
アカザ:  裏白藜
アリタソウ:  有田草
オカヒジキ:  陸鹿尾菜
ハマアカザ:  アトリプレックス・カネスケンス
フダンソウ:  普段草
ホウキギ:  箒木
ホウレンソウ:  菠薐草

Chard

名前 チャード

フダンソウ

(Chard から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 09:22 UTC 版)

フダンソウ不断草恭菜[1]フダンナ唐萵苣[2]スイスチャード Beta vulgaris var. cicla (L.) K.Koch)は、アカザ科フダンソウ属一年草-二年草。葉菜として改良されたビートの一系統(リーフビート)。甜菜テーブルビートとは同種。


  1. ^ 木村修次・黒澤弘光『大修館現代漢和辞典』大修館出版、1996年12月10日発行(441ページ)
  2. ^ 広辞苑第5版
  3. ^ 『旬の食材 春・夏の野菜』講談社 ISBN 4-06-270135-9


「フダンソウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Chard」の関連用語

Chardのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Chardのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフダンソウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS