黄花の甘菜とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 黄花の甘菜の意味・解説 

き ばなの あまな [0] 【黄花の甘菜】

ユリ科多年草。春、高さ約20センチメートル花茎立て黄色の花を数個つける。線形基部一葉つく。北日本広く分布

きばなのあまな (黄花の甘菜)

Gagea lutea

Gagea lutea

わが国本州中部地方以北から北海道、それにユーラシア大陸北部分布しています。山野生え、高さは1520センチになります鱗茎卵形で、線形を1個だけだします4月から5月ごろ、花茎伸ばし散形花序をだし、6~10個の黄色い花を咲かせます。果実球形蒴果で、3室があります
ラン科キバナノアマナ属多年草で、学名Gagea lutea。英名は Yellow star-of-bethlehem
ランのほかの用語一覧
カトレア:  カトレア・フォルベシー  カトレア・マキシマ
ガンゼキラン:  鶴頂蘭
キバナノアマナ:  黄花の甘菜
キンラン:  銀蘭
クモキリソウ:  リパリス・ヌータンス  鈴虫草



黄花の甘菜と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄花の甘菜」の関連用語

黄花の甘菜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄花の甘菜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS