鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 礼記 > 鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずの意味・解説 

鸚鵡よく言えども飛鳥ひちようを離れず

礼記 曲礼
鸚鵡は人の言葉をまねて達者に話すが、やはりしかない言葉だけで実行伴わないことの意にもいう。
» 鸚鵡

鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず

出典:『Wiktionary』 (2006/12/02 11:53 UTC 版)

ことわざ

鸚鵡よくえども飛鳥れず(おうむ よく-いえ-ども ひちょう-を-はなれず

  1. オウムは、いかに言葉を喋ろうとも、鳥類範囲脱することはできない。口だけは人まねで立派なことを言うが、行動伴わないことの例え礼記より)



鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鸚鵡よく言えども飛鳥を離れずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS