鴨猟とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 鴨猟の意味・解説 

かも りょう -れふ [2] 【鴨猟】

狩猟すること。
宮内省(現在、宮内庁)で、10月中旬から翌年4月中旬にかけて随時行う狩る行事。囮(おとり)のを使って御猟場の堀に誘い入れたを、手に持った網ですくいとる。

鴨猟

作者アレクサンドル・ヴァムピーロフ

収載図書現代ロシア文学 2-4 長男・鴨猟
出版社群像社
刊行年月1989.12


鴨猟

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集13侏儒の言葉 湖南の扇
出版社岩波書店
刊行年月1996.11


鴨猟

読み方:カモリョウ(kamoryou)

作者 芥川竜之介

初出 大正15年

ジャンル 随筆


鴨猟

読み方:カモリョウ(kamoryou)

作者 葉山嘉樹

初出 昭和3年

ジャンル 小説



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鴨猟」の関連用語

鴨猟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鴨猟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS