高山伝右衛門とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 高山伝右衛門の意味・解説 

高山伝右衛門(麋塒)

たかやまでんえもん(びじ)

慶安2(1649)年6月20日享保3(1718)年2月7日享年70歳

甲州都留の人.秋元但馬守喬朝の国家老俳号麋塒<びじ>。 延宝8年江戸出府の折芭蕉入魂になった模様。その交際は、芭蕉最晩年まで続いた。天和2年12月28日芭蕉庵火事になったおり芭蕉伝右衛門甲州都留谷村屋敷疎開する。ここで 天和3年5月頃まで滞在したもよう。 『野ざらし紀行』では木曽海道から甲州街道経由江戸に入る前に都留で高山伝右衛門に会っている様子

高山伝右衛門
山梨県都留市建立された芭蕉流寓跡の記念碑
山梨県富士女性センター前)

高山伝右衛門
山梨県都留市円通寺に残る高山伝右衛門供養石塔など

  1. 高山伝衛門麋塒宛書簡天和2年5月15日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

高山伝右衛門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高山伝右衛門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS