難癖をつけるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 難癖をつけるの意味・解説 

難癖を付ける

読み方:なんくせをつける
別表記:難癖をつける

相手瑣末なミス欠点などを大袈裟取り上げ責め立てることを意味する語。類似の表現に、「文句を付ける」「いちゃもん付ける」「言い掛かり付ける」「クレーム付ける」「ケチを付ける」などがある。

難癖(なんくせ)を付・ける

ささいな欠点を見つけて大げさにとがめる。「製品に―・ける」


難癖をつける

出典:『Wiktionary』 (2018/04/15 13:38 UTC 版)

成句

難癖なんくせける

  1. 些細欠点見つけ悪くいう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「難癖をつける」の関連用語

難癖をつけるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



難癖をつけるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの難癖をつける (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS