遠くの親類より近くの他人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 他人 > 遠くの親類より近くの他人の意味・解説 

遠(とお)くの親類(しんるい)より近(ちか)くの他人(たにん)

読み方:とおくのしんるいよりちかくのたにん

遠方にいる親類よりも近隣にいる他人の方頼りになるまた、疎遠な親類よりも親密な他人のほうが助けになる


遠くの親類より近くの他人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:46 UTC 版)

成句

とおくの親類シンルイよりちかくの他人タニン(ゆれ: 「親類」に替え親戚」等)

  1. 遠くに住んでいる親類縁者より、近くに住む隣人の方が、緊急を要するときには頼りになるものである、だから、日ごろ隣人とは良好な関係を築いておくべきであるということ遠くの一家より近くの隣

翻訳




遠くの親類より近くの他人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遠くの親類より近くの他人」の関連用語

遠くの親類より近くの他人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遠くの親類より近くの他人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遠くの親類より近くの他人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS