逆粉飾とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 逆粉飾の意味・解説 

逆粉飾

読み方:ぎゃくふんしょく
別名:逆粉飾決算

うわべを内実よりも悪いように見せかけることで、不利を避けようとすること。特に、企業における「粉飾決算」で通常とは逆の形の粉飾を行うこと。

いわゆる粉飾決算」は、業績悪化しているこを秘匿隠蔽するために、決算報告書の数字改竄するなどの行いを指す。逆粉飾は業績がたいへん好調であることを隠すために行われる多く場合法人税抑えるためなどの目的行われる

逆粉飾

会社決算において利益実際より小さくみせること。
会社利益を出せなければ信用が損なわれかねません。このため会社決算において利益実際より大きくみせることがあります。これが一般に言われる粉飾」ですが、まれに利益実際より小さくみせるケースあります。これも粉飾一種ですが、通常の粉飾とは区別して「逆粉飾」と言うことが多いです。例えば、便乗値上げ保有遊休土地高値売却等で思わぬ利益が出た時などに、課税逃れたり儲け過ぎに対す社会的批判をかわすためにとる会計上の正手段です。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逆粉飾」の関連用語

逆粉飾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



逆粉飾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS