追加型とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 追加 > 追加型の意味・解説 

追加型〈追加型投資信託〉

運用期間にほとんど定めがなく、信託金の追加が可能な投資信託
単位型投資信託異なりファンド設定後いつでも購入換金ができる投資信託で、「オープン型投資信託)」とも呼ばれます。当初から信託期間無期限とするものと、当初10年などと償還期限決めておき、償還時期が近づいた時に必要と判断すれば、期間を更新していくものがあります設定時以外は、毎日の1口当たり時価、つまり基準価額をもとに、いつでも売買できるのが特徴です。MMF中期国債ファンドオープンファンドです。また、オープン型株式投資信託では、株価指数連動した値動きをするインデックス・ファンドや、成長株中心に運用するファンド店頭株など中小中心に運用するファンド情報通信シルバー・健康など、あるテーマに沿った銘柄運用するファンドなど、さまざまなファンドがあり、株式売買と同様、売り買いタイミング値上がり益を狙うことができます

追加型

いつでも購入換金ができ、信託期間満期)が定められていない定めれていても一般的に10年以上などの長期投資信託



追加型と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「追加型」の関連用語

追加型のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



追加型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2019 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS