費用に対する抵抗とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 費用に対する抵抗の意味・解説 

費用に対する抵抗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 15:48 UTC 版)

パルボシクリブ」の記事における「費用に対する抵抗」の解説

2017年2月英国国立医療技術評価機構NICE)は、イブランスの費用(約3700米ドル/28日)によって得られる追加健康上の利点が、費用見合うものではなかったとの声明発表した委員会は、イブランスが患者寿命を約10か月延長できることを認めたが、イブランスによって引き起こされる副作用のために、NICE承認するための費用対効果の高いではなかったと述べた当時パルボシクリブフルベストラントなどの薬物による1年間治療の価格は、106,105ドル79,650ポンドであった2017年11月NICEファイザーとの交渉後、価格割り引かれ、同使用推奨される発表した

※この「費用に対する抵抗」の解説は、「パルボシクリブ」の解説の一部です。
「費用に対する抵抗」を含む「パルボシクリブ」の記事については、「パルボシクリブ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「費用に対する抵抗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

費用に対する抵抗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



費用に対する抵抗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパルボシクリブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS