詰むとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀剣用語 > 詰むの意味・解説 

つ・む [1] 【詰む】

( 動五[四] )
布地などの目が)密ですき間がなくなる。つまる。 「目の-・んだ編物
将棋で、王将が囲まれて逃げ場がなくなる。 「あと一手で-・む」
ゆきづまる窮する。 「理に-・む」
( 動下二
つめる


詰む(つむ)

地鉄の状態。よく鍛えられた地鉄鍛え肌が、特に細かいことをいう。刀工原材料吟味し、良質部分のみを選び出し入念折返し鍛錬をした結果、よく詰んだ地鉄完成する。このような地鉄は、一見無地風であるが拡大すると、綾織網代織(あじろおり)のように見事に詰んでいることがわかる。杢目小板目などの地肌とともに地鉄美しさ刀身品位決定する重要な要素である。

詰む

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 00:14 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. つむ」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詰む」の関連用語

詰むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



詰むのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2020 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの詰む (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS