社会的手抜きとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 社会的手抜きの意味・解説 

社会的手抜き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 23:25 UTC 版)

社会的手抜き(しゃかいてきてぬき)は、集団で共同作業を行う時に一人当たりの生産性が人数の増加に伴って低下する現象。リンゲルマン効果フリーライダー(ただ乗り)現象社会的怠惰とも呼ばれる。


  1. ^ 釘原 2013, pp. 20-31.
  2. ^ 釘原 2013, pp. 14-15.
  3. ^ こういった考え方は認知バイアスにすぎないという研究者もいる。
  4. ^ a b 釘原 2013, pp. 37-59.


「社会的手抜き」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会的手抜き」の関連用語

社会的手抜きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会的手抜きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会的手抜き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS