磁気リコネクションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 磁気リコネクションの意味・解説 

じき‐リコネクション【磁気リコネクション】

読み方:じきりこねくしょん

磁力線のつなぎ換え現象太陽フレア地球磁気圏尾部などで、磁力線のつなぎ換えが起こると、磁場エネルギー開放されプラズマの熱や運動エネルギー変換される考えられている。磁力線再結合


磁気リコネクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 06:38 UTC 版)

磁気リコネクション(じきリコネクション、: Magnetic reconnection)(磁気再結合)は高い伝導性を持つプラズマ中で磁場のトポロジーが再配置され、磁場のエネルギーが運動エネルギー熱エネルギーに変換される物理過程である。 磁気リコネクションが起こる時間スケールは磁気拡散の時間とアルヴェーン波の伝搬時間の間である。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「磁気リコネクション」の関連用語

磁気リコネクションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



磁気リコネクションのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの磁気リコネクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS