生きとし生けるものとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 生きとし生けるものの意味・解説 

生きとし生けるもの

原題:
製作国:日本
製作年:1955
配給:
スタッフ
監督:西河克己 ニシカワカツミ
製作:岩井金男 イワイカネオ
原作:山本有三 ヤマモトユウゾウ
脚色:橋本忍 ハシモトシノブ

西河克己 ニシカワカツミ
撮影:高村倉太郎 タカムラクラタロウ
音楽:高田信一 タカダシンイチ
美術:中村公彦 ナカムラキミヒコ
録音:橋本文雄 ハシモトフミオ
照明:大西美津男 オオニシミツオ
キャスト(役名
山村聡 ヤマムラソウ (曾根周作)
山内明 ヤマウチアキラ (曾根
東谷暎子 ヒガシタニエイコ (香取あき子)
轟夕起子 トドロキユキコ (南ゆき子)
三國連太郎 ミクニレンタロウ (伊佐早靖一郎
三島耕 ミシマコウ (伊佐早令二)
南寿美子 ミナミスミコ (菅沼民子)
村瀬幸子 ムラセサチコ (母さと)
北原三枝 キタハラミエ (八代恵美
笠智衆 リュウチシュウ (遠藤老人
田中筆子 タナカフデコ (下宿おばさん
多々良純 タタラジュン (会計課長
清水一郎 シミズイチロウ (営業課長
石黒達也 イシグロタツヤ (総務部長
清水将夫 シミズマサオ (業務部長
増田順二 マスダジュンジ (同僚初岡)
田島義文 タジマヨシブミ (同僚田辺
河上信夫 カワカミノブオ (会計課員吉田
小田切みき オダギリミキ (会計課員君子
宇野重吉 ウノジュウキチ (周作の父親
解説
山本有三原作を、「初姿丑松格子」の橋本忍現代版脚色したもので、日活入社第一回の西河克己潤色監督に、高村倉太郎撮影に当っている。出演者は、「からたちの花」の山村聡、「女人の館」の三國連太郎北原三枝、「地獄への復讐」の山内明のほか南寿美子三島耕東谷暎子轟夕起子清水一郎多々良純清水将夫など。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
曾根鉱業東京本社労務課に勤め伊佐早靖一郎は、ボーナス一万円多く入っていたので困っていた弟令二の月謝に払ってしまった。会計課の菅沼民子は、責任自分穴埋めをした。これを知った靖一郎は、返そうと思ったが返せなかった。それを機会に靖一郎と民子の間に、愛情生れ始めた。民子は社長の息子秘書になった。仕事熱心な夏は民子の働きぶりが気に入ってか、民子に求婚した。社長の周作は、仕事関係者令嬢香取あき子と夏結婚を望んでいた。靖一郎は民子に夏のことを聞くと、身を引く決心をした。令二は兄の貧しい故の卑屈気持に、いきどおりに似た気持感じた。令二は曾根鉱業就職し、北海道支社勤務になった。令二は積極的に労働組合参加し、炭鉱スト時にはその先頭に立った。周作と夏は民子を伴い駈けつけた。あき子は周作と懇意にしている南ゆき子の急死伝え為に、靖一郎は令二をなだめるために、後を追った。やがてスト終り、令二は兄に伴われ社長の泊っている遠藤老人の家へ行った。対立し合う令二と夏は、民子との結婚問題などについて激論した。遠藤はその令二の中に、かつて貧しい一鉱夫だった周作の面影見出した。一座の皆に向い遠藤は人は皆銘々の生命力と、太陽を持つと静かに諭した。靖一郎と民子は、強く生き抜くことを誓い合った。

生きとし生けるもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/01 09:46 UTC 版)

生きとし生けるもの(いきとしいけるもの)初出は不明。10世紀初頭の古今和歌集『仮名序』(紀貫之)の中で「花に鳴く鶯、水にすむ蛙の声を聞けば、生きとし生けるもの、いづれか歌を詠まざりける」と用いられている。「生きとし生けるもの」は「この世に生きているとされるもの全て」と訳される[1]




「生きとし生けるもの」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生きとし生けるもの」の関連用語

生きとし生けるもののお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生きとし生けるもののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生きとし生けるもの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS