潤みとは? わかりやすく解説

うるみ【潤み】

湿りけ帯びること。また、その湿りけ。「—をたたえた黒い目

しっとりとした趣。うるおい

幾つも並んだ窓から—もない明りが射していた」〈近松秋江青草

濁ったり、色が不鮮明になったりすること。

「田のも—が多くなってねえ」〈藤村千曲川のスケッチ

酒の醸造過程で、泡が透明にならず、濁っていること。また、その酒。

潤み色」の略。

潤み朱」の略。


潤み

読み方:うるみ

マ行五段活用動詞潤む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「潤み」の関連用語

潤みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



潤みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS