海嘯罹災地建築取締規則とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 海嘯罹災地建築取締規則の意味・解説 

海嘯罹災地建築取締規則

読み方:かいしょうりさいちけんちくとりしまりきそく

宮城県1933年公布した、地震による大津波被害に遭う地域海嘯罹災地)への住居などの建築規制する条例

海嘯罹災地建築取締規則は昭和三陸地震教訓として県が発令した条例である。津波被害に遭う恐れの高い地域住宅建てることを原則として禁止する厳し内容だった。

三陸沖では1896年明治29年)にも明治三陸沖地震津波発生しており、たびたび強烈津波被害に遭っている。2011年3月発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の被害を受けて、その内容見直されつつある。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海嘯罹災地建築取締規則」の関連用語

海嘯罹災地建築取締規則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海嘯罹災地建築取締規則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS