松樹図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 松樹図鐔の意味・解説 

松樹図鐔

江戸時代末期
磨地隅入木瓜形鋤出彫
金銀象嵌色絵打返耳片
縦;60.6ミリ横;58ミリ
重要刀装具
この鐔は、夏雄には比較多くみられる障泥(あおり)ごころのある木瓜形で、表裏の肩側に楚々と立つ赤松鋤出彫と、僅かな金象嵌仕上げたものである卓抜した写生による赤松は、確かな鏨の冴え端々にまで見せているが、何よりも画面余白空間把握が見事な作であり、静かさという風韻を夏雄ならではの透徹した眼で抒情的表現している。
松樹図鐔

松樹図鐔



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松樹図鐔」の関連用語

松樹図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松樹図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2020 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2020 Weblio RSS