最小全域木とは?

Weblio 辞書 > 学問 > OR事典 > 最小全域木の意味・解説 

最小全域木

読み方さいしょうぜんいきぎ
【英】:minimum spanning tree

連結グラフの辺に長さが定義されているとき, すべての頂点を含む木で辺の長さの和が最小のものを, そのグラフの最小全域木という. 特に頂点平面(または一般次元空間)に固定され, 辺の長さ両端頂点ユークリッド距離与えられた完全グラフの最小全域木はユークリッド距離最小全域木と呼ばれる. これはドロネーグラフの部分グラフである.

「OR事典」の他の用語
計算幾何:  最遠点対  最近点対  最近傍グラフ  最小全域木  最小包含円  最大空円  三角形分割


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「最小全域木」の関連用語

最小全域木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



最小全域木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2018 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.

©2018 Weblio RSS