戴潮春の乱とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 戴潮春の乱の意味・解説 

戴潮春の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 01:49 UTC 版)

戴潮春の乱は、朱一貴の乱・林爽文の乱と並ぶ清朝統治時代の台湾の三大反乱の一つ。1862年に発生し、1864年に鎮圧された。事件は官府が天地会を弾圧したことから始まり、影響は北は大甲鎮、南は嘉義県に至る台湾中部全体に広がった。首謀者は戴潮春であるが、参加者には各地の土豪を含んでおり、中でも林日成・洪欉の勢力が最も強力であった。




「戴潮春の乱」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

戴潮春の乱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戴潮春の乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戴潮春の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS