成吉思汗鍋とは?

Weblio 辞書 > 方言 > 北海道方言 > 成吉思汗鍋の意味・解説 

ジンギスカンなべ

ンギスカンな成吉思汗鍋[名] 1. =ジンギスカン〈全〉 2. 1.に用いる鍋。

成吉思汗鍋

読み方:ジンギスカンナベ(jingisukannabe)

モンゴルから伝来した料理すき焼きふうに切った羊肉を、独特の鍋に一枚ずつのせて焼き、たれにつけて食べるもの

季節

分類 人事


ジンギスカン (料理)

(成吉思汗鍋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 02:32 UTC 版)

ジンギスカン(成吉思汗)は、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などの羊肉を用いた日本焼肉料理。鍋料理に分類されることもあるが調理方法は鉄板料理の調理方法である。


  1. ^ a b c d e f ジンギスカン”. 農山漁村の郷土料理百選. 財団法人農村開発企画委員会 (2007年). 2010年4月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 吉井理記 (2012年1月31日). “北海道:ジンギスカン離れ?道内輸入15年で4割超減”. 毎日.jp (毎日新聞社). オリジナルの2012年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120203031354/http://mainichi.jp/life/food/news/20120131mog00m040007000c.html 2012年1月31日閲覧。 
  3. ^ a b 調査報告その2 岩手と高知”. 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 北海道新聞社 (2003年1月8日). 2012年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月1日閲覧。
  4. ^ a b “[夏食探訪]ジンギスカン 音も匂いも 食欲刺激=長野”. 『読売新聞』 (東京): pp. 29. (2013年8月10日) 
  5. ^ a b c 【ぐるり逸品】ジンギスカン(北海道)屋外でもうめぇ~道産子の文化朝日新聞』夕刊2018年10月1日(4面)2019年1月10日閲覧。
  6. ^ a b “ジンギスかん‐りょうり【ジンギス汗料理】”, 大辞泉Yahoo!辞書, 小学館, ISBN ISBN 978-4095012124, http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E6%B1%97%E6%96%99%E7%90%86&enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&dname=0na 2010年4月18日閲覧。 .
  7. ^ a b c d e f g h 調査報告その3 ルーツを探る”. 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 北海道新聞社 (2003年1月9日). 2010年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月18日閲覧。
  8. ^ 日吉良一、「蝦夷便り 成吉斯汗料理の名付け親」『L'art Culinaire Moderne』昭和36年10月号、1961年、p29、東京、全日本司厨士協会
  9. ^ ジンギスカンの歴史 - 滝川市役所 公式ホームページ” (日本語). www.city.takikawa.hokkaido.jp. 2018年11月9日閲覧。
  10. ^ 農林省畜産局、『本邦内地ニ於ケル緬羊の飼育』pp23-26、1926年、東京、農林省。[1]
  11. ^ 山田喜平、『緬羊と其飼ひ方』、1935年、子安農園出版部。
  12. ^ 山田政平、『素人に出来る支那料理』p141、1926年、東京、婦人之友社 [2]
  13. ^ 満田百二、「羊肉料理」『糧友』昭和6年1月号(第6巻1号)p110、東京、糧友會
  14. ^ 【探訪・繁盛店】ひつじや(千葉県成田市)ジンギスカン「発祥」PR『日経MJ』街づくり面(2017年2月12日)
  15. ^ 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、447頁。
  16. ^ 蔵王温泉名物 = 元祖ジンギスカン・シロー Archived 2008年3月9日, at the Wayback Machine.(元祖ジンギスカン・シロー)
  17. ^ なんで「遠野名物」なの?(昭和30年創業の店 ジンギスカンのあんべ)
  18. ^ 信州新町観光協会
  19. ^ 日吉良一、「農村食事閑談 成吉思汗料理事始」『北海道農家の友』昭和36年12月号、1961年、札幌、北海道農業改良普及協会
  20. ^ ジンギスカン(北海道各地)”. 北海道遺産. 北海道遺産構想推進協議会. 2010年5月26日閲覧。
  21. ^ 北海道・東北の選定料理一覧”. 農山漁村の郷土料理百選. 財団法人農村開発企画委員会 (2007年). 2010年5月26日閲覧。
  22. ^ a b c 稲増龍夫 (2006年1月1日). “2005年の若者・流行語 スープカレー”. 朝日現代用語 知恵蔵2006. 朝日新聞社. p. 490. ISBN 4-02-390006-0. 
  23. ^ “ジンギスかん‐なべ【ジンギス汗鍋】”, 大辞泉Yahoo!辞書, 小学館, ISBN ISBN 978-4095012124, http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E6%B1%97%E9%8D%8B&enc=UTF-8&stype=1&dtype=0&dname=0na 2010年4月18日閲覧。 .
  24. ^ ベル食品(株)・50周年記念キャンペーンで50名に「電気式卓上ジンギスカン鍋」北海道経済産業新聞 2006年6月14日
  25. ^ ジンギスカン鍋151枚 岩見沢に博物館 五稜郭形も北海道新聞(2016年11月12日)2016年11月13日閲覧
  26. ^ 調査報告その1 味付きか?後付けか?”. 探偵団がたどる ジンギスカン物語. 北海道新聞社 (2003年1月7日). 2010年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年4月19日閲覧。
  27. ^ 永峰春樹、『緬羊の飼方』p103、1917年、旭村、子安農園。[3]
  28. ^ “羊肉が人気 都内でジンギスカン料理店倍増、家庭でも 牛の王座ピンチ?”. 読売新聞 夕刊 (東京): pp. 23. (2005年3月11日) 


「ジンギスカン (料理)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「成吉思汗鍋」の関連用語

成吉思汗鍋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



成吉思汗鍋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2019 by akaringo. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジンギスカン (料理) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS