大規模一般社団法人とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 大規模一般社団法人の意味・解説 

大規模一般社団法人

読み方:だいきぼいっぱんしゃだんほうじん

公益法人制度改革により施行された『一般社団法人及び一般財団法人に関する法律』に基づいて設立された社団法人のうち、最終事業年度係る貸借対照表負債の部計上した額の合計額が200億円以上の一般社団法人のこと。

大規模一般社団法人の主な設立要件は、一般社団法人同じく社員が2名以上であること、定款作成して公証人認証を受けること、法務局設立登記申請行い認可されることなどが挙げられる。

大規模一般社団法人では、社員総会理事会計監査人などの機関を置くことが法律により規定されている。

関連リンク:
一般社団法人及び一般財団法人に関する法律


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大規模一般社団法人」の関連用語

大規模一般社団法人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大規模一般社団法人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS