国際海運会議所とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 国際海運会議所の意味・解説 

国際海運会議所

読み方こくさいかいうんかいぎしょ
【英】: international chamber of shipping
略語: ICS

国際海運会議所のことで、各国船主団体構成員となっている国際的船主団体機構1921 年設立され、1948 年現在の名称に改められている。本部ロンドンにあり、1984 年 9 月現在、日本船主協会を含め 33 カ国の船主団体加盟している。
その活動海運にかかわるあらゆる方面に及んでおり IMO国際海事機関)、政府機関、その他の団体に対し船主団体としての意見反映させている。
また、多数出版物刊行しており、特に OCIMF石油会社国際海事評議会)と共同刊行船舶による海洋汚染防止船舶運航の安全向上のための諸刊行物は、広く利用され高い評価得ている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際海運会議所」の関連用語

1
34% |||||

国際海運会議所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国際海運会議所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS