国対とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 国対の意味・解説 

国会対策委員会

読み方:こっかいたいさくいいんかい
別名:国対

政党国会円滑運営などを目的として任意設置している委員会。他党との連絡窓口として機能し、法案内容国会進行などについて事前に折衝する役割を担う。衆議院常任委員会日程なども、各党の国会対策委員会幹部会合の場で大枠が決まる場合が多いとされる。

国会対策委員会の活動基本的に非公式根回しであり、不透明動きとして批判されることが多い。特に国会対策委員会のもとで様々な折衝行いお膳立てをするといった政治あり方は、特に「国対政治」と呼ばれることもある。

こく‐たい【国対】

国会対策委員会」の略。


国対

出典:『Wiktionary』 (2007/06/19 17:38 UTC 版)

名詞

こくたい

  1. 国会対策又は国会対策委員会 (wp)の略。
  2. 国家試験対策の略。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国対」の関連用語

国対のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国対のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS